2011年10月時系列順 | アニメとゲームな日常 (-55-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

真剣で私に恋しなさい!! 第4話 喋る喋る裸で喋る!

mazi4-22a.png
京「…あぁ大和~」クンカクンカ
お風呂タイムな大和の脱衣所に京が登場。前話といい京の変態っぷりがどんどんエスカレートしているのだが(汗

mazi4-6a.jpg
京「スイッチを押せば動くよ。ここの♪」
mazi4-36a.jpg
京「ここにもう1つあるが、こっちは私が暴走すると言わざるを得ない」
毎回これだけやってるのになんの反応もない大和。まさかEDなんじゃないか…

mazi4-7a.jpg
大和「お願いだから僕のパンツを返してください」
京「これのこと?」
大和「oh...」
なぜ服の上からクッキーモザイクがかかっているんだ?くそっ真相を知りたければBlu-ray・DVDを買えというのかorz

mazi408a.jpg
京「代わりに私の脱ぎたてパンツを入れておいた」
大和「どないせぃっちゅうんじゃ!」
京「大和も私のパンツを履いていいよ。でも、どちらかと言うと被って欲しい…私をこうさせたのはや・ま・と
京無双はまだ続きます。

mazi4-34a.jpg
大和「人聞き悪いことを言うな!早くそれを脱げ!!」
京「ほんとぉ?」
おぉ…ギリギリで見えん!

mazi4-9a.jpg
大和「そうじゃねえ。パンツだパンツ!」
京「じゃあ強引に取り戻して♪」
あぁ…こういう愛情表現を毎日受け続けたら耐性が出来てしまうかもしれんな(汗

mazi4-15a.jpg
クリス「勧善懲悪な武士道!義を重んじる日本人の心!!父様が憧れ、自分を日本に留学させた意味がよくわかる!!!」
やっとAパート突入。義を重んじる心か…今の日本の惨状を見たらクリス父切腹するかもしれんな(汗

mazi4-28a.jpg
クリス「日本に来てよかった…本当に」
クリスの好物はお稲荷さんか。ふむ、お稲荷さんか…

mazi4-11a.jpg
クリス「自分ももっと義の心を理解し、武士の魂を学ばなければな」
クリスは真面目ちゃんだなぁ。一番の常識人かもしれん。

mazi4-29a.jpg
大和「はぁ~ったく京の奴どういう神k」
クリス「Σ( ̄□ ̄;)!!」
大和「うわ~えっち~><」
逆だろ普通!

mazi4-30a.jpg
クリス「見るな!動くな大和、寄らば斬る!!」
まぁ寄ってきたのはクリスなんだけどな(´・ω・`)

以下、大和の言い訳をご堪能ください。
mazi4-3.jpgmazi4-2a.jpgmazi4-2.jpgmazi4-31a.jpg
mazi4-5.jpgmazi4-21a.jpgmazi4-4.jpgmazi4-17a.jpg

待てクリス、お前は誤解している。日本では裸を見られるのは恥ではないのだー。でまかせではない。その昔、日本では男女混浴!夏の暑い日は女性も裸で外を歩いていたのだ!!だから恥ずかしがる必要はない。それは悲しいことに、今の日本は西洋の考えに毒され、義を重んじる心を忘れてしまい、テレビ番組の表現も西洋風に改変されてしまった結果なんだぁ。かつて義を重んじる日本は、家に鍵をかけずに外出できる平和な世界だったのを知っているか?その昔日本は、村社会で、村は1つの家族だったのだ。みんな家族だから欲しいものは融通しあう。みんな家族だから泥棒もいないし、お互い傷つけあうこともない。みんな家族だから平和で仲良く暮らしていた。そしてみんな家族だから裸を見られても恥ずかしくなかったのだぁ!ラストサムライという映画を見たか?先住民を野蛮だと言ったアメリカ人が日本に文化を教え、その結果、日本人は仲間の侘びを切り落とすような野蛮な行為を始めたんだぁ!同じように、日本の義を重んじる心が、西洋の裸を見られると恥ずかしいという野蛮な考えに蝕まれてしまったのだぁ!かつて日本の文化風俗は、世界に誇る素晴らしい生き方で、江戸時代は300年も戦争をしなかった、世界にも稀な平和国家だったのだ。しかし、西洋に開国を迫られ、文明を押し付けられ、次第に人々は毒されていったのだ。にわかには信じられないのも無理はない。しかしかつては、裸で入っていた混浴の温泉が、水着着用となっていく愚かしい現象をなんと見る!!裸は、人が生まれたままの自然な姿だ。それを悪しき物と偏位する西洋の考えは性悪説に通ずるものがある。それは、性善説の人は生まれながらに義の心を有する考えを否定していることに他ならない!人はその存在が悪なのか?隠さねばならない悪しき存在なのか?クリス!!人は義の心を持って生まれるのではないのか!?悪くないものをなぜ覆い隠す?劣情??それが卑しい心だと…愚かな!正直に言おう。俺は女性の裸を見るのは好きだ!!クリスは好きという思いが劣っているというのか?好きになるのは卑しいことなのか??クリス!お前に好きな人はいるのか?その人を好きだと思う心は醜いものなのか??それをクリスは劣情と言った!そうだクリス、好きになるというのは、とても素晴らしいことなのだよ。んぅ?なんだ?えぇ…もし仮にその人が振られたらどうなる?義に反しなくなるのか?偽りのない、同じ気持ちが状況によって善になったり悪になったりするのか??そんなのあり得ないだろう。たとえどんな理由があろうと、大切な思いを他人が否定すべきじゃない。そして俺は、女性の裸が好きだ!そして今は、クリスの裸が見たい。この好きという思いを否定するのは義の心では決してない。異なる考えを否定してはいけない。これは、日本人の魂を学ぶ上で、とても大切なことなんだ。だから、裸を恥ずかしがってはいけない!いきなりは難しいだろう。恥ずかしくてもいい。まずは、見られても怒らないところから始めてはどうだろう?わかってくれたかクリス!見られても怒らないか?そうかぁ!ならば、俺にお前の裸を見せてくれェ!!

神谷さんおつかれさまです。(´・ω・`)しかし当然のことながら、これで解決とはなりやせん。

mazi4-23a.png
大和「ま、待てクリス。これを見ろォ!!」
クリス「ん?」
大和「お前の好きなお稲荷さ~ん♪」
  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

意味が分からんw説明に疲れて壊れたか大和ww

mazi4-7.jpg
クリス「ったく、なんで大和はああも理屈をこねて策を講じようとする…」
京の乱入もあり、なんとか解決できた模様。先の件でクリスはイライラ…とそこへ大和から「キゲンなおせ」と差し入れが。
mazi4-27a.jpg
大和「おまえの好きなお稲荷さ~ん♪」
クリス「ふんっなにがお稲荷さんだ…!!ば~~~~~か(怒」

mazi4-35a.jpg
Bパートは一子話か。

mazi4-8.jpg
一子「どうしたの?大和ぉ」
大和「お~ワンコ、面白いもんが始まるぞぉ」
あれは犬笛だろうか…正に犬のような一子。

mazi4-24a.png
挑戦者「世はメム23世。コブラ真拳の伝承者だ!川神流伝承者川神百代、手合わせ願いたい!!」キリッ

mazi4-25a.png
百代「あ!しまったぁ…あまりのうれしさに手加減を忘れてしまった!」オキナイヨナオエモンタスケテー
一・撃・粉・砕!

mazi4-9.jpg
一子「あ、あんなところに美少女が~」
百代「なに!?」ボキッ
大和(あっ折れた…)
戦いで満足できなかったからリビドーのはけ口になれ…そんなんなら付き合っちゃえよw

mazi4-14a.jpg
一子「私ね、大和とお姉さんが結婚すればって思ってたの」
大和「いきなりなんてこと言うんだよ!」
一子「だって二人が結婚したら、大和も私の家族になるじゃない?」
家族という言葉に執着する一子。その理由は両親に捨てられた不幸と、川神家が自分を拾ってくれた幸せからくるものであった。なにげに一番きつい境遇じゃないかワンコ…

mazi4-6.jpg
大和「でもワンコ、家族を増やすんなら俺と姉さんじゃなくても、俺とワンコが結婚してもおんなじだぞ?」
一子「ふぇ///」
こういうことをサラっと言っちゃうからどんどんフラグが立つんですよ大和さん…いや、密かにハーレム狙ってるのかこいつ?

mazi4-33a.jpg
mazi4-26a.png
百代「よしよし、ワンコはいい子だ」
一子「お姉さまだ~い好き♪」
さて、以前大和が百代にプレゼントした指輪をはめているのを見てしまった一子。一瞬戸惑うが、それでもまだ異性との恋愛より家族と過ごすほうがうれしいようだ。今後どうなることやら。

第4話感想:神は更なる高みへ!
mazi4-18a.jpg
mazi4-4a.jpgmazi4-5a.jpg
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。