カノン、覚醒 | アニメとゲームな日常

カノン、覚醒

2014-06-08-004840.jpg

悪魔ほむら『た、たたっ大変よみんな!!』

杏子『ぬお!?なんだいきなり!ビックリするじゃねーか!』

マミ『ちょっと暁美さん!寝入ってたなぎさちゃんを起こしちゃったじゃない!』

悪魔ほむら『ごめんなさい!でも、それだけ大変なことなのよ!』

2014-06-08-014827.jpg

さやか『なんだってのよぉ…。もう…』

悪魔ほむら『落ち着いて聞いてちょうだい。今しがた、アペンドストーリーの最終ミッションの攻略が完了したの』

マミ『あら、もうそこまでいってしまったの?早いわね』

杏子『おいちょっと待て!それまさかネタバレか!?ネタバレだろ!アタシは聞きたくないから切るぞ!』ブツン

さやか『あたしはそういうのあんまり拘らないタイプだから聞いとく。で、何があったのよ?』

2014-06-08-015024.jpg

悪魔ほむら『…………それが…』

さやか『な~にもったいぶってんのよ。さっさと言いなさいよ、こっちは眠いんだから』

マミ『そうね。私もそろそろ寝ようとしていたところなの。出来れば用件は手短にお願いしたいわ』

2014-06-08-015105.jpg

悪魔ほむら『っ……、カノンが…』

さやか『あの誤射女王が?』

悪魔ほむら『…………誤射しなかったのよ…(滝汗)』

マミ『っ!?………暁美さん、夜分遅く申し訳ないけど、お邪魔させてもらうわ!』

2014-06-08-230400.jpg

さやか「何これ……どういうことよ!?」ガクガク

マミ「決意の……カノン…!?」ガクガク

悪魔ほむら「違和感は感じていたの…。ミッション中だというのに、彼女の口調が全然変わらないし…」

マミ「武器や服装はどうなの!?」

悪魔ほむら「それは変化ないわ。変わったのはあくまで彼女自身よ」

さやか「……なんかバトルアニメとかでよくあるパターンだよね、これ…」

マミ「そうね!自分の中の闇を受け入れるとか!歯車が完全に噛み合うとか!スケェェエエエイス!!とか!」ワクワク

悪魔ほむら「射撃タイプとしてトップクラスのゴッドイーターになってくれた。それはとても嬉しいことよ。……嬉しいことの、ハズなのに……」グスッ

さやか「そっか…。あの荒々しかったカノンはもう居ないんだもんね…」

悪魔ほむら「いや、上2つが荒々しい方のカノンなんだけどね?」

さやか「もう!空気読みなさいよこのカボチャ!!」


えぇぇ…。AI超絶改善って誰得なのよ…。誤射女王は誤射女王だからこそ価値があるんじゃないの…?

あ、そうそう。隠しオペレーターはリンドウさんのお姉さん『雨宮ツバキ』さんだったわ。こっちは地味に嬉しかった。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。