ハイスクールD×D BorN 第1話(前) 感想 開幕0秒の奇跡 | アニメとゲームな日常

ハイスクールD×D BorN 第1話(前) 感想 開幕0秒の奇跡

hdd3-1 (1)
一誠「おっぱい……!」

2期では5秒もかかったのに…。4期どうなるんだ…(滝汗)

hdd3-1 (2)
リアス『さぁ~遠慮なく、触っていいのよ♪』

リアス・グレモリー
・主人公こと兵頭一誠の主にして魔王サーゼクス・ルシファーの妹な悪魔。このアニメのメインヒロインである。

hdd3-1 (3)
朱乃『あ~らあら~♪私の胸を自由にしてくれて構いませんわ♪』

姫島朱乃
・一誠と同じくリアスを主にもつ悪魔な眷属の一人でヒロイン。2期のとある事件をきっかけにガチで一誠のことを狙うようになったため、リアスの悩みの種となっている。

hdd3-1 (4)
アーシア『わ、わたし!目を瞑って我慢します!お、お願いします!』

アーシア・アルジェント
・元シスターさんで現悪魔なヒロイン。口では我慢とか言っているが、内心メチャクチャにされたがっているに違いない。ちなみにド天然。

hdd3-1 (5)
小猫『………すこしなら、いいです』

塔城小猫
・上記ヒロインと同じくリアスの眷属にしてヒロインにして貴重なちっぱい要素。CMとかPVとか見るかぎり、たぶん3期のメインはこの子に違いない。今はまだ一誠にデレていないが、たぶん今期でデレる。

hdd3-1 (6)
ゼノヴィア『さあ!張り切って子作りしよう!(臨戦態勢)』

ゼノヴィア・クァルタ
・元神を崇める敬虔な信徒にして聖剣使い。そしてやっぱり現悪魔。今の主であるリアスに「悪魔は欲を持ち、欲を叶え、欲を与え、欲を望むモノ。好きに生きてみなさい」と諭されたため、強い子を産みたいという欲望に向かって全力で突っ走っている。

hdd3-1 (7)
一誠「いっやぁ~まいったなはは~ん♪」デレデレ

兵藤一誠
・このアニメの主人公にしてリアスの眷属な悪魔(※元人間)。実の父から『性欲の権化』と揶揄されているが、まだまだ上には上がいるということを痛感している。もちろんエロい意味で。ドラグ・ソボールという漫画が大好きで、その主人公である『空孫悟(そらまごさとる)』が世界最強と信じて疑わない彼だが、“自分が一番強いと感じる何か”をイメージした結果、彼が体現させた最強の力はスクライドのシェルブリットであった。

hdd3-1 (8)
???『私と付き合ってください!』
一誠「っ!?何だ今の声…」ドクン

hdd3-1 (9)
???『ひどい…忘れちゃったの?一緒にデートしたのに…』
一誠「………まさか…」

hdd3-1 (10)
一誠「夕麻ちゃん…?」
夕麻『夕麻…そう、あなたを夕暮れに殺そうと思ったから、その名前にしたの』
hdd3-1 (11)
レイナーレ『死んでくれないかな?』
hdd3-1 (12)
一誠「っ!??」

……あー、なんかトラウマっぽくなってるなぁ(´Д`;)

hdd3-1 (13)
一誠「…ちっくしょう、なんで今頃…」グスッ
hdd3-1 (14)
朱乃「とうちゃ~く♪」
一誠「あ、朱乃さん…!?」

hdd3-1 (15)
朱乃「ねぇ~ん一誠くん♪」ペロッ
一誠「うひっ!!」

hdd3-1 (16)
朱乃「私の身体、気持ち良いかしら?」
一誠「は、はい…!最高です…!」

hdd3-1 (17)
朱乃「うれしい!私も…もっと一誠君を知りたいわ♪」

“もっと 知りたいわ”

hdd3-1 (18)

そんな……そんな甘い…

美しい日本語があったのか…!!

お前いつも感動してんな!

hdd3-1 (19)
???「……朱乃」
hdd3-1 (20)
リアス「いつの間に部屋に入ったのかしら?」
一誠「部長ぉぉぉ…!?」ヤベェ!!

hdd3-1 (21)
朱乃「うふふ♪私の可愛い一誠君と朝のスキンシップですわ♪」ツツー
一誠「うひっ!?///」ビクン

えーこのように、主人公をめぐるヒロイン勢の美しくも醜い争いが絶えないアニメとなっております。いまのところは。

hdd3-1 (22)
リアス「私の?あなたいつから一誠の主になったのかしら?」
朱乃「主でなくても先輩ですわ。後輩を可愛がるのも務めでしょ♪」

hdd3-1 (23)
リアス「先輩……そう。そう来るわけね?」
朱乃「うっふふふふ…」
一誠「え、え~っと…(汗)」

hdd3-1 (24)
アーシア「んんっ…もうあさですか……?」ゴシゴシ
一誠「アーシアー、まだ、寝てていいからなー(汗)」

hdd3-1 (25)
アーシア「じゃあおことばにあまえて、一誠さんにだっこしてねむりまs……」

そして一番おいしいところを持っていく元シスター!天然怖い!

hdd3-1 (26)
\ボフゥ/
リアス「すぐに私の大事なものに触れようとして!」
hdd3-1 (27)
朱乃「ちょっとくらいいいじゃないの~」
hdd3-1 (28)
朱乃「リアスはケチだわ!」
hdd3-1 (29)
\ボッフゥ/
hdd3-1 (30)
リアス「この家だって“改築したばかり”だし、朱乃の好きにはさせないわ!!」

え?

hdd3-1 (31)
hdd3-1 (32)
ふかふかまくら「ぐわー!??」
朱乃「あ~らあら♪うっふふふふ…」
一誠「ああ、お、お二人ともぉ!落ち着いて!……って、改築?」

hdd3-1 (33)
一誠「なっ……!?」
hdd3-1 (34)
\なんじゃコリャぁぁああ!??/

ddnew2 (26)
参考:旧兵頭ハウス

hdd3-1 (35)
父「いや~おどろいたよ~。我が家がいきなり地上6階・地下3階になるとはね~。リアスさんのお父さんが建築関係のお仕事もされているらしくてね~。モデルハウスとしてリフォームしてくださったんだ」
母「まさか寝てる間に工事が済んじゃうなんて思わなかったわ~♪」


そっかー。建築関係の仕事してたらそうなるかー(棒)

hdd3-1 (36)
アーシア「お家がすっかり賑やかになりましたね~♪」
一誠(賑やかねー。ま、女の子が多いのは良いことだよな!うん!)
hdd3-1 (37)
一誠(っ……なんで、今頃…)
hdd3-1 (39)
アーシア「一誠さん…?」
一誠「へへ、なんでもない!」

hdd3-1 (40)
一誠「………」
hdd3-1 (41)
一誠「アーシア!!」ガシッ
アーシア「ひゃあ!?」

hdd3-1 (42)
一誠「アーシア…、俺さ、アーシアのこと絶対!何があっても守るからな!」ギュッ
アーシア「…はい、ありがとうございます一誠さん…///」ドキドキ

朱乃「あらあら、一誠君朝からお元気ですわね♪」

何があったかは1期をチェックだ!

hdd3-1 (44)
一誠「いいい、いえ、ちょっと変なこと思い出しちゃったというか…」アセアセ
ゼノヴィア「変なこと!?子作りか!!(直感)」

やめなさい!!

hdd3-1 (45)
リアス「こんなところで通行の邪魔になっちゃうでしょ?一誠のアーシアへの想いをアピールするのは他所のところでね」
一誠「もちろんアーシアだけじゃなく!部長のためなら俺!命だって差し出します!!」
hdd3-1 (46)
リアス「……ありがとう。嬉しいわ、一誠」

…ん?

hdd3-1 (47)

……そう、朱乃は“朱乃”。アーシアは“アーシア”

hdd3-1 (48)

でも……私は…“部長”なのよね……

あぁ……(察し)

hdd3-1 (49)
松田「いよいよ明日から夏休みィ!!」
一誠「おう!紳士の夏!日本の夏だァ!!」
元浜「夏といえば海にプールにナンパァッ!!」

hdd3-1 (50)
元浜「俺のスカウターも磨きがかかるぜェ!!」キラーン☆
hdd3-1 (51)
藍華「変態トリオが虚しい夏の計画~?w」
元浜「なにィ!?」
一誠「だァれが変態トリオだァ!!」
松田「消えろォ!桐生藍華ァ!メガネ属性は元浜で間に合ってるんだァ!」


3人の中の一人は虚しいサマーバケーションにはならないけどな!

hdd3-1 (52)
藍華「フン!その変態メガネと一緒にしないでくれる?属性が穢れる」
変態メガネ「なにおぅ!?」
一誠「元浜のメガネはなァ!女子の身体のサイズを瞬時に数値化出来るんだぞォ!!」
hdd3-1 (53)
変態メガネ「フン、貴様は80.5ってところか…」ピピ…
藍華「……ふん」

hdd3-1 (54)
藍華「その能力がアンタだけのモノだとでもぉ?」キラーン☆
松田「ま、まさかぁ!?」
元浜「貴様もスカウターを!?」

ツフル人は泣いていい。

hdd3-1 (55)
藍華「ふ~んふ~んなるほどなるほどぉ~?」
一誠「くっ……よせ!」ガクガク
藍華「兵頭!」
一誠「なんだよ!?」ガクガク

hdd3-1 (56)
藍華「長さは……幅……臨戦態勢では推定でぇ……」ヒソヒソ
hdd3-1 (57)
一誠「元浜以上の詳細なデータぁ!??」
松田「なぬぅ!??」
元浜「おぉ!おのれェ!!」

hdd3-1 (58)
元浜「ならば貴様の輪の直径をォォ!!」
藍華「やれるもんならやってみな~♪」タプン

外野「これは…!」ガクガク
外野「能力者バトル…!」ガクガク

……たぶん、コイツ等今回も出番少ないんだろうなぁ…。

hdd3-1 (59)
藍華「よかったわねアーシア~!兵頭一誠はそこそこあるわよ」
アーシア「はい……?」
ゼノヴィア「そこそこ?そこそことは、いったい何がそこそこなんだ?」
hdd3-1 (60)
藍華「だからナニよ」
片瀬・村山「「や~ん」」

【朗報】我等が一誠、そこそこあった!

hdd3-1 (61)
一誠「バカァ!!よけいな事吹き込むなァ!!」
松田「見ぃてろ桐生!今年の夏こそ小粋な彼女を作ってェ!!」
元浜「貴様をギャフンと言わせてやるゥ!!」
hdd3-1 (62)
一誠「彼女かぁ…。居たには居たけど、元カノに殺されたしな…」
hdd3-1 (63)
一誠(嫌なこと思い出しちまったなぁ…。今朝の夢のせいか…)
hdd3-1 (64)
ギャスパー「どうしたんですか?一誠先輩…?」
一誠「ああ、別に…」

ギャスパー・ヴラディ
・嬉しいかな、悲しいかな、男の娘である。彼もまたリアスの眷属にして元人間とヴァンパイアのハーフ。対人恐怖症でひきこもりだが、一誠には色んな意味で懐いている。特技:ザ・ワールドが使える。

hdd3-1 (65)
一誠「木場ぁ、お前夏休みの予定とか決めてんのか?」
祐斗「そっか。一誠君は初めてだったね」

木場祐斗
・リアスに仕えるイケメン悪魔。リアスの眷属はなんやかんやでダークな過去を持っているが、コイツのはハンパないので触れてはいけない。特技は無限の剣製と中二病が望んでやまない聖魔融合。なお、後者が使えるようになった経緯についても触れてはいけない。

hdd3-1 (67)
一誠「冥界へ帰る!?」
リアス「夏休みだし故郷に帰るの。毎年のことなのよ?」
hdd3-1 (68)
リアス「って、どうしたの一誠?」
一誠「部長が突然帰るって言い出すから…俺を置いて帰っちゃうのかと思いましてぇ…」ウルウル
hdd3-1 (69)
リアス「そんなわけないでしょ。あなたと私は、これから100年1000年単位で付き合うのだから安心しなさい。あなたを置いてなんか行かないわ♪」スッ
一誠「っ……はい、部長///
hdd3-1 (71)
リアス「そういうわけで、明日からみんなで冥界に行くわ。長期旅行の準備をしてちょうだい」
アーシア「生きているのに冥界に行くなんて緊張しますぅ!死んだ気で行きたいと思います!」


おう!やっぱズレてんなー!

hdd3-1 (72)
アザゼル「俺も冥界に行くぜ~♪」
一誠「アザゼル先生!?」
リアス「あなたいつの間に!?」

アザゼル
・元々は悪魔と敵対関係にあった堕天使のお偉いさん。いちおう現状は和平を結んでいるのでケンカはしない。というか一誠達の力の源である『神器』の研究が大好きなので、元々戦争などには興味がない模様。今は一誠の“色んな意味”での先生である。

hdd3-1 (73)
アザゼル「俺の気配を感じられないようじゃ、やっぱり修行が足りないようだな」
リアス「くっ……!」

一誠「松田と元浜には、夏休み中、部長と合宿に行くとでも言っとくかー」

おーい、お前も修行不足の一人だぞー主人公さーん。

hdd3-1 (74)
魔列車「ということで冥界へレッツゴー!」

あーこれ絶対墜ちるやつだ(汗)

第1話(前)感想:開幕は予想してた。だけど予想以上だった。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。