ハイスクールD×D BorN 第3話(後) 感想 乳で至る禁手、そして | アニメとゲームな日常

ハイスクールD×D BorN 第3話(後) 感想 乳で至る禁手、そして

gurenn2.png
\今か~ぜ~の~な~か~♪/

タンニーン「担任でも焼き殺すレベル」
ドライグ『やめておけ。昨今でその発言はヤバい』

目標をセンターに入れてスイッチ(意味深)

hdd3-3 (120)
\し~ん/
一誠「……アレ!?お、おい?!」
タンニーン「やはりか!」
一誠「どういうこったよおっさん!?」

hdd3-3 (121)
ドライグ『タンニーンとの修業の成果だ、相棒。パワーアップか禁手化(バランス・ブレイク)するか、次の分岐点に立ったのだ』
一誠「禁手(バランス・ブレイカー)に至る可能性もあるってことか!?」
ドライグ『だが、禁手化には劇的な変化が生まれなければ至れない』
hdd3-3 (122)
一誠「劇的な……」
ドライグ『後はお前しだいだ』

担任のおっさん有能杉ィ!!

hdd3-3 (123)
黒歌「♪」シュンシュン
一誠「くっ…いきなりそんなこと言われても、何をどうすれば…」

hdd3-3 (124)
黒歌「あらら~?赤龍帝ちゃんは神器も動かずじまい~?でも私は撃っちゃうにゃん♪」ボゥ
hdd3-3 (125)
\ズボォォォオン/
一誠「ぐわあッ!!」
リアス「一誠!!」
hdd3-3 (127)
一誠「ダメですよ部長!動くと毒が回ります!」フラフラ
hdd3-3 (128)
\ズドドドドッ/
一誠「うわあああああ!??」

小猫「一誠先輩…お願いです…もう、やめて…」
hdd3-3 (129)
黒歌「よっわ!これがヴァーリのライバルぅ~?ホントにヴァーリを退けたの~?」
一誠(くっそ…俺はいつもそうだ…。アーシアを助けた?部長を救った?みんなが褒めてくれるけど……)フラフラ
hdd3-3 (130)

そうじゃない!そうじゃないんだッ!!

hdd3-3 (131)

一度アーシアを死なせた!

hdd3-3 (132)

一度部長を泣かせた!

hdd3-3 (133)

一度目で救えないで、何が伝説のドラゴンだよ!

hdd3-3 (135)
リアス「一誠!!」

誰かが一度は傷つかないと生み出されない…そんな力……

hdd3-3 (136)

何の意味のねーじゃねえかッ!!

hdd3-3 (138)
一誠「アンタが、小猫ちゃんのお姉さんでも!」
hdd3-3 (139)
一誠「俺は…小猫ちゃんを泣かす奴だけは許さない!!」
黒歌「白音も大変ね~。こんな泥塗れの血まみれで言っても、女の子は引くだけにゃん」
hdd3-3 (140)
黒歌「キモいキモ~い(笑)」
hdd3-3(999).jpg
小猫「一誠先輩……」

喜べ一誠!言われてる割には好感度鰻上り中だぞ!

hdd3-3 (142)
一誠「小猫ちゃん…、俺は伝説のドラゴンが身に宿ってんのにさ…何も出来ないんだ…。俺は、才能の無いダメ悪魔なんだよ…」ギリッ
小猫「歴代の赤龍帝は、絶大な力に溺れた者が多かったと聞いています…。私の姉様も同じです…」
hdd3-3 (143)
小猫「力があっても、優しさが無ければ必ず暴走してしまう…。一誠先輩は、きっと歴代の中でも初めての優しい赤龍帝です。だから、ちょっと力が足りなくても…」
hdd3-3 (144)
小猫「優しい赤い龍(ウェルシュ・ドラゴン)になってください…!」
一誠「小猫ちゃん…俺は……!」

…惚れたな(確信)

hdd3-3 (145)

禁手化は劇的な変化が生まれなければ至れない

hdd3-3 (146)

そうか!そういうことだったのかッ!!

hdd3-3 (147)
タンニーン「ようやく気づいたか」フフ
一誠「部長!俺、自分に何が足りないのか分かった気がします!」

hdd3-3 (148)
一誠「俺が禁手に至るには、おそらく!部長の力が必要です!」

ついに答えを見つけたか!!

hdd3-3 (149)
リアス「私でよければ、どんなことでも力を貸すわ!」
hdd3-3 (150)
一誠「おっぱいを突かせてくださいッ!!(懇願)」

は?

hdd3-3 (151)
リアス「……分かったわ!それであなたの想いが成就出来るのなら…!(承諾)」

え?

hdd3-3 (152)
一誠「本当ですか!?突くんですよ!俺が部長の乳首を押しちゃうんですよ!」ワキワキ
hdd3-3 (153)
一誠「いいんですか!?」
hdd3-3(1000).jpg
\たぷんっ
リアス「っ……早くなさい…!」
hdd3-3 (154)
リアス「恥ずかしいのだから…///」

注)戦闘の真っ只中です。

hdd3-3 (156)
タンニーン「戦闘の最中何をしている!?」←ド正論
一誠「おっさん!俺が部長の乳を突く間、もってくれよ!!(真剣)」
タンニーン「乳を突く!?乳を突くだとッ!??」ズガーン

あまりの異常っぷりに聞きなおしたぞwww

hdd3-3 (158)
タンニーン「お前は戦場のど真ん中で、何をしようとしているのだ!?」
一誠「決まってンだろッ!禁手に至るためだッ!!」
hdd3-3 (159)
タンニーン「俺との修業は無駄か!?」
hdd3-3 (160)
タンニーン「お前がそこまでバカだったとは……!!」
一誠「っ……」ゴクリ

hdd3-3 (161)
一誠「……」ススッ
リアス「…あぁ……///」ドキドキ

hdd3-3 (164)
黒歌「ね~美猴?アレは何か作戦かしら?リアス・グレモリーが乳房を曝け出して赤龍帝と何かするつもりだわ~?」
美猴「俺っちに聞くな!」


敵さんも混乱していらっしゃるwww

hdd3-3 (165)
一誠「はっ!?おっさん!大変だァ!!」
hdd3-3 (166)
タンニーン「どうした!何かあったのか!?」
一誠「右のおっぱいと左のおっぱい!どっちを突いたら良い!?」
hdd3-3 (168)
タンニーン「バカヤロウッ!!右も左も同じだァ!!さっさと乳を突いて至れェッ!!(ブチ切れ)」
一誠「フッザけんなァ!!右と左が同じなわきゃねーだろォ!!(逆切れ)」
hdd3-3 (169)
一誠「大切なんだよ!!俺のファーストブザーなんだぞォ!!人生かかってんだ!!真面目に答えろォォ!!」

名言、ファーストブザーがここに爆誕ッ!!

hdd3-3 (170)
一誠「部長!オススメは!?」キリッ
hdd3-3 (171)
リアス「もう!バカ!それなら同時に突けばいいでしょ…///」
hdd3-3 (172)
一誠「同時に!??」
hdd3-3 (173)

な、なんて革新的なご意見だ……!!

hdd3-3 (174)
一誠「いきますっ!」パァ
hdd3-3 (175)
一誠「部長!」サッ

担任のおっさんより腹筋がもたないwww

hdd3-3 (176)

押すと鳴るんだよ

hdd3-3 (177)
一誠(押すと……鳴る……!!)ドキドキ
hdd3-3 (178)
一誠「っ……」ドキドキ
hdd3-3 (179)
リアス「っ……///」ドキドキ
hdd3-3 (180)
\ポチっ/
hdd3-3 (181)
リアス「っ~~~///」
hdd3-3 (183)
\ズムッ♥/
hdd3-3 (184)
リアス「っ~~イヤン♥」
hdd3-3 (185)
一誠「鳴ったァ!!」
hdd3-3 (186)
ドライグ『至ったァ!!』
hdd3-3 (187)
一誠「うおおおアアアアア!!!」
ドライグ『本当に至りやがったぞッ!!』
hdd3-3 (188)
\Welsh Dragon Balance Breaker/
hdd3-3 (189)
小猫「サイテーです。“ヤラシい”赤龍帝だなんて…///

フラグが一気に崩壊したーΣ( ̄□ ̄;)!!

hdd3-3 (190)
一誠「ウオオオオアアアアア!!!」
hdd3-3 (191)
一誠「アアアアアアアアア!!!」
hdd3-3 (192)
一誠「アアアアアアアアア!!!」ググッ
hdd3-3 (193)
\バッサァァァッッ/
hdd3-3 (195)
一誠「禁手・赤龍帝の鎧(ブーステッド・ギア・スケイルメイル)!!主のおっぱい突いて、此処に降臨ッ!!」

サイテーだあああああΣ( ̄□ ̄;)!!

hdd3-3 (196)
ドライグ『相棒!おめでとう!』
hdd3-3 (197)
ドライグ『しかし酷い。俺は本格的に泣くぞそろそろ…』
hdd3-3 (198)
タンニ-ン「なにはともあれ、ついに至ったか!たいした力の波動だッ!!」

このおっさん聖人君子かwww

hdd3-3 (199)
黒歌「くふっ!面白いじゃないの!」
hdd3-3 (200)
黒歌「なら妖術仙術ミックスの一発!お見舞いしようかしら!」
hdd3-3 (201)
\ズドォォオオオンッ/
hdd3-3 (202)
黒歌「なっ!?」
一誠「こんなモンかァ?」

hdd3-3 (204)
一誠「ッ!!」ギュンッ!!
hdd3-3 (205)
黒歌「調子に乗らないでよッ!!」
hdd3-3 (206)
\ズバキャキャキャァァアアンッ/

なんかスパロボにこんなのあったな…(現実逃避)

hdd3-3 (207)
hdd3-3 (208)
一誠「ッ!!!」ググッ
hdd3-3 (209)
\ピタッッ/
hdd3-3 (210)
hdd3-3 (211)
\ズボォォォォオオンッ/

ひぇぇ……(((゚Д゚;)))ガタガタ

hdd3-3 (212)
\シュウウゥゥゥ…/
黒歌「……っ…」ガクガク
hdd3-3 (213)
一誠「俺の可愛い後輩、泣かすンじゃねェよ」ゴゴゴ…
hdd3-3 (214)
黒歌「………」
hdd3-3 (215)
黒歌「……くっ…!」ギリッ
hdd3-3 (216)
一誠「次に小猫ちゃんを狙ったら、アンタが女だろうが、小猫ちゃんの姉さんだろうがァ!」ゴゴゴ…
hdd3-3 (217)
一誠「俺の敵だッ!!」

ヒュ~♪かぁっこいい~♪それまでがサイテーだけど!

hdd3-3 (218)
黒歌「クソガキがァ!!」
hdd3-3 (219)
黒歌「何すんのよ!?まだ終わってn」
美猴「熱くなり過ぎて気づかねーのか?」

hdd3-3 (221)
黒歌「っ!ロキの気配が…どうして…?」
美猴「知るかい。とにかく遊んでる場合じゃねーってこった」

hdd3-3 (222)

敵さんがログアウトされました。いや~やっぱり禁手は強いですね~。

hdd3-3 (223)
サーゼクス「…そうか。禍の団の協力者とは…」
リアス「美猴と…黒歌です」

hdd3-3 (224)
サーゼクス「彼女は、大丈夫なのか?」
リアス「ショックはあるようですが、あの子はもう大丈夫です。なにしろ私の眷属ですもの」
サーゼクス「預けて正解だったようだ。リアスは眷属の主として立派に成長したな」


あーこれ惚れてますね。もう絶対惚れてますねこれ。

hdd3-3 (226)
ゼノヴィア「大変な一日になってしまったね。こうしてゆっくり出来ているのが嘘のようだ」
hdd3-3 (227)
アーシア「イリナさん元気そうでしたね~」
hdd3-3 (229)
朱乃「…悲しいですね。お姉様が敵に回るなんて…」
小猫「血の繋がりは消せませんから…」
朱乃「そうですね……」

hdd3-3 (230)
小猫「……だから」
朱乃「?」

hdd3-3 (231)
小猫「拘らないことにしました。そして、もっと強くなります」
朱乃「あ~らあら!それは心強いですわ♪」

hdd3-3 (232)
朱乃「………」

……お前もな!

hdd3-3 (234)
リアス「あら一誠、どうしたの?」
一誠「ああ部長、いや~お風呂に行こうとして木場達とはぐれちゃって…」
リアス「私も行くところだから一緒に行きましょう」
hdd3-3 (235)
一誠「あの部長、一つ聞いていいですか?」
リアス「なあに?」
一誠「俺が小猫ちゃんを追っかけた時、よく分かりましたね」

hdd3-3 (236)
リアス「当然よ。私は常に“あなたのこと”を見ているんだから」
一誠「やっぱり部長は凄いや!」

hdd3-3 (237)
一誠「どんな時でも、“俺達のこと”を見ててくれてるんだもんな!」
hdd3-3 (238)
リアス「………」

……リアスさん( ノДT)グスッ

hdd3-3 (239)
アザゼル「とりあえず一難は凌いだが…」
サーゼクス「アジュカは、ロキとフェンリルを彼方に空間転移させたが、これは一時的な措置にすぎない」
hdd3-3 (240)
ミカエル「ええ。また襲ってくると見て間違いないでしょうね」
オーディン「全ては北欧の主神たる儂の責任じゃ」

んー、今期のラスボスはロキって奴かな~?

第3話(後)感想:ついに禁手と至った一誠!おめでとう!本当におめでとう!

おめでとう
ドライグの中の人「おめでとう」パチパチ

乳に、ありがとう

姉に、さようなら

そして、全ての禁手に


おめでとう


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。