ハイスクールD×D BorN 第7話(前) 感想 余裕綽々の決戦前夜 | アニメとゲームな日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハイスクールD×D BorN 第7話(前) 感想 余裕綽々の決戦前夜

hdd3-7 (135)
黒歌「ニャンニャンするにゃん♪」
白音「ダメです!」

まぁ無駄に緊張するよりは良いと思いますけど?

hdd3-7 (2)
グラボラ家の戦士「ぐぁぁああ!!」ズドーン!!
ゼファードル「っ……」
hdd3-7 (3)
ゼファードル「くぅぅ!!サシで勝負だァサイラオーグゥ!!」
サイラオーグ「いつでもいいぞ?」ニヤッ
hdd3-7 (4)
ゼファードル「ンなろォ!!」
hdd3-7 (5)
ゼファードル「おぉりゃああアア!!」ズドドド!!

あれは尺稼ぎの代名詞、グミ撃ち!!

hdd3-7 (6)
サイラオーグ「っ!!」ズバババ!!
ゼファードル「なんだとォ!?」
hdd3-7 (8)
サイラオーグ「こちらの番だな!」バシュンッ
hdd3-7 (9)
ゼファードル「ぐっ!!」パパパパ…
hdd3-7 (11)
hdd3-7 (12)
サイダオーグ「ぬぅぅぅうんッ!!」パキャキャキャ…!!
hdd3-7 (13)
ゼファードル「ゴォ…ゥ…!?」ズンッ!!
hdd3-7 (14)
hdd3-7 (15)
\ズドォォォオオンッ/
hdd3-7 (16)
一誠「す、スッゲェ……(汗)」
祐斗「これが、若手悪魔一位の力か…」
リアス「相手のゼファードルも代理とはいえ、けっして弱いワケではないのだけど…」
一誠「代理?」
リアス「次期当主が事故死したのよ」


サイラオーグさんはロック・リーみたいなガチ体術戦法なのかな?

hdd3-7 (17)
\パァァァ…/
ギャスパー「魔方陣?」
リアス「……アスタロト」

hdd3-7 (20)
ディオドラ「御機嫌よう、皆さん。ディオドラ・アスタロトです」

このタイミングでご登場とは、な~んかありそうですねぇ…。

hdd3-7 (21)
一誠「っ……」ググッ
アーシア「あっ……!」

hdd3-7 (22)
アーシア「……!」
一誠「……」コクリ
ディオドラ「……」ジー

hdd3-7 (23)
ディオドラ「単刀直入に言います。僧侶(ビショップ)のトレードをお願いしたいのです」
オカルト研のみんな「!!」
hdd3-7 (24)
ギャスパー「いやぁ!僕のことですかぁ…?!」イヤンイヤン
hdd3-7 (25)
一誠「な、ワケないだろ」コンッ

シリアスな空気を吹き飛ばしてくれる天然ギャスパーwww

hdd3-7 (27)
リアス「お望みはアーシアでしょう?」
アーシア「っ!?」ビクッ

hdd3-7 (28)
ディオドラ「フフ…、さすがに話が早い。悪い取引ではありませんよ?なにしろこちらが用意するのh」
リアス「悪いけど!その気は無いわ。アーシアは私の大事な眷属悪魔、そして彼女を妹のように思っているわ」
hdd3-7 (29)
アーシア「部長さん……!」ジーン
hdd3-7 (999)
リアス「求婚した女性をトレードで手に入れようとするなんて、あなた求婚の意味を理解しているのかしら?」ボゥ…
一誠(部長がキレかかってる…。そりゃそうだ、俺だって……!)


これだから世間知らずのお坊ちゃんは困るんだよなぁ。

hdd3-7 (31)
リアス「………」
hdd3-7 (33)
ディオドラ「………」

あ、これダメな奴の眼だわ(´Д`;)

hdd3-7 (34)
ディオドラ「分かりました。今日はこれで帰ります。けれど僕は諦めません」
hdd3-7 (35)
一誠「なっ!?」
ディオドラ「僕達の出会いと再会は運命だ。この世の全てが僕達の間を否定しても、僕はそれを乗り越えてみせる。愛しているよ、アーシア」
アーシア「えぇ!?」
hdd3-7 (36)
一誠「アーシアに何しやがる!!」ガシッ
hdd3-7 (37)
hdd3-7 (38)
\パシィィイン/
hdd3-7 (39)
ディオドラ「離してくれないか?」
hdd3-7 (40)
ディオドラ「薄汚いドラゴン君に触れられるのは、ちょっとね…」
一誠「て、テメェッ!!」
hdd3-7 (42)
\ぱしぃいんっ/
hdd3-7 (43)
アーシア「っ…一誠さんにそんなこと、言わないでください!」フルフル
ディオドラ「……なるほど、分かったよ」
hdd3-7 (45)
ディオドラ「赤龍帝兵藤一誠!次のゲームで僕は君を倒すよ!そうしたら、アーシアは僕の愛に応えて欲しい」
hdd3-7 (46)
一誠「負けるワケねーだろ、ディオドラ・アスタロト!お前が薄汚いって言ったドラゴンの力!存分に見せてやるさァ!」

これは絶対に負けられないな!入念に準備しないと!

hdd3-7 (48)
アーシア「一誠さんと小猫ちゃんは、まだ悪魔のお仕事ですか?」
朱乃「ええ。急に入ってしまって」
ロスヴァイセ「悪魔も大変なんですね~」

hdd3-7 (49)
イリナ「リアスさんも?」
朱乃「部長は自室でレーティングゲームの作戦を練ってる最中ですわ」
アーシア「っ……」
ゼノヴィア「アーシア、心配要らないよ。一誠が必ず君を守ってくれるさ」
hdd3-7 (50)
朱乃「ええ。私達には一誠君がおりますもの♪」
アーシア「は、はい!そうですよね!」

というか最大戦力の一誠が敵わないようじゃ多分だれも勝てないだろうし(汗)

hdd3-7 (51)
イリナ「へ~!一誠君って随分信頼されてるのね~」
ゼノヴィア「今の私達は一誠あってのものと言ってもいいくらいだ」

hdd3-7 (52)
朱乃「ええ。何のお返しも出来ないのが申し訳ないくらいで…」
イリナ「じゃあ!お返しすればいいじゃない!」

その言葉が、彼女達の心に火をつけた。

hdd3-7 (53)
一誠「お邪魔しました~!」

森沢さん
・一期の頃からわりと付き合いのある悪魔稼業のお得意さま。一誠とは熱いドラグ・ソボール談義を交わす間柄。なお、彼はゼルがドラグ・ソボールの中で最強だと思っているが、この数年で映画化や新アニメ発表など色々あったため、今もなおゼルが最強の座に居座っているかは謎。

hdd3-7 (54)
一誠「森沢さん急に俺たち二人を指名してくるんだもんな~」
小猫「一誠先輩との悪魔漫才、楽しかったです」

やったの!?小猫ちゃん漫才しちゃったの!??

hdd3-7 (55)
一誠「ごめんな小猫ちゃん。あーもう魔方陣でジャンプ出来るんだけどー俺、チャリで来る悪魔ってキャラが定着してるからさ(苦笑)」
小猫「いえ、こんなのも楽しいですから」
hdd3-7 (56)
小猫「っ!一誠先輩!」
hdd3-7 (57)
\シュバッ/
hdd3-7 (58)
小猫「この気は……!」
hdd3-7 (60)
黒歌「お久にゃ~ん♪」
小猫「っ!黒歌姉様…!」

またお前か(´Д`;)

hdd3-7 (61)
一誠「お前!また小猫ちゃんを!」
黒歌「……?」

hdd3-7 (63)
黒歌「へぇ~!最初に会った頃よりお顔が凛々しくなってるにゃん!禁手に至ったから?」
hdd3-7 (64)
黒歌「それとも女の子を知った?」
一誠「な、何言ってんだ!?」

hdd3-7 (65)
黒歌「♪」ペロッ
一誠「うぇっ?!」

hdd3-7 (66)
黒歌「ん~?この味はまだ、子供の味かにゃ?」
一誠「悪かったなァ!!」プンスカ

なお小猫ちゃんは安堵した模様。

hdd3-7 (68)
黒歌「ね!ねね!私と子供作ってみな~い?」ワクワク
一誠「………へ?」
hdd3-7 (69)
黒歌「私ね、ドラゴンの子が欲しいの♪」グイ
hdd3-7 (71)
hdd3-7 (72)
黒歌「ん?」
小猫「姉様に先輩の……!」

hdd3-7 (73)
小猫「っ……ゴニョゴニョ…は、渡しません///

HAHAHA!ハッキリ言っちゃえよ小猫ちゃん!HAHAHA!

hdd3-7 (74)
一誠「そういうのはヴァーリに頼めばいいだろ!」←少し残念気味
hdd3-7 (75)
ヴァーリ「俺が断ったんだ」
一誠「ヴァーリ!!」
hdd3-7 (76)
B・G『Boost!』パァ!!
ヴァーリ「フッ、随分と好戦的じゃないか?」
一誠「ロキを焚きつけておいて何言ってやがる!」
hdd3-7 (78)
黒歌「あれはロキが勝手にしたことよ?ウチらは冥界に案内しただけ」
ヴァーリ「むしろ感謝してほしいくらいだ。フェンリルから救ってやったんだからな」

一誠「テメェぬけぬけと!!」
hdd3-7 (81)
ヴァーリ「…レーティングゲームをするそうだな」
一誠「お?」
ヴァーリ「相手はアスタロト家の次期当主。奴には気をつけろ?」
一誠「何……?」

hdd3-7 (82)
ヴァーリ「俺の助言など、リアス・グレモリ-は聞く耳持たないだろうから、とりあえず君に伝えておこうと思っただけだ」

案の定ヤバそうな相手!これはさらに念入りな準備が必要だ!

hdd3-7 (83)
\たゆゆ~ん
hdd3-7 (84)
朱乃(スケスケ)「あ~らあら一誠君!おかえりなさい♪」
hdd3-7 (85)
一誠「あ、朱乃さん!その格好ォォ!!」ムッハー!!
小猫「……」ジトー
hdd3-7 (86)
朱乃(スケスケ)「お気に召しません~?」
hdd3-7 (87)
朱乃(スケスケ)「うっふふふ♪」
一誠「い、いえ!最高ですッ!!」
hdd3-7 (88)
アーシア(スケスケ)「あ!おかえりなさい、一誠さん!」
hdd3-7 (89)
ゼノヴィア(スケスケ)「おかえり、一誠!」
hdd3-7 (90)
一誠「な、何事!?」

新しい国が生まれた…!!

hdd3-7 (91)
イリナ「私のアイデアなの…。一誠君にお礼がしたいって言うから…」
一誠「お前……」
イリナ「私も、まさかここまで過激だとは…」
hdd3-7 (93)
朱乃(スケスケ)「うふふ♪鑑賞会にすればいいのかしら?それとも、おさわり有りにした方がいい~?」

おお、おさわりッ!?

hdd3-7 (95)

透けてる!!透けてるよォ!!

hdd3-7 (96)
イリナ「結局喜んでるじゃない」

うっひょおおおアアアア!!

おっぱいが!!おっぱいがああアア!!

これ以上は歓喜のあまり精神崩壊するぞwww

hdd3-7 (97)
リアス「みんな何騒いでるの~?」

あっ…。

hdd3-7 (98)
朱乃(スケスケ)「あらリアス♪今一誠君に悦んでもらおうとしているのですわ♪」
リアス「っ!!」
hdd3-7 (99)
  \バタンッ/
一誠「ぶ、部長……?」
イリナ「仲間外れにしちゃって怒ってる?」
一誠「ちょっと俺、行ってくる!」

hdd3-7 (100)
一誠「なっ!?ぶ、部長…?!」
リアス(サキュバス)「♪」

怒るどころか対抗してきたーΣ( ̄□ ̄;)!!

hdd3-7 (101)
リアス(サキュバス)「ほ~ら一誠~?私の方が似合っているでしょ~?」
一誠「はい!似合ってます!」
リアス(サキュバス)「一誠の好みの格好くらい把握しているわ♪」
朱乃「っ……!」
hdd3-7 (102)
hdd3-7 (103)
朱乃(ギリギリ)「あ~らあらうふふ!ま~だまだですわ♪」
リアス(サキュバス)「なっ!?」

あえて隠していくスタイル!

hdd3-7 (104)
朱乃(ギリギリ)「一誠く~ん?こんな感じの露出の多い服装が一番ですわよね♪」
一誠「」ウンウンウン!!
hdd3-7 (105)
朱乃(ギリギリ)「じゃ、指をさして?」
一誠「こ、こうですか?」

hdd3-7 (106)
朱乃(ギリギリ)「うっふふふ♪」スッ
hdd3-7 (107)
\ズムッ♥/
hdd3-7 (108)
一誠「ヌアアアアア!!こ、これはあああアアア!!!」
hdd3-7 (109)
朱乃(ギリギリ)「ああんす、すごいわぁ~
一誠「や、やわらけぇぇぇ…!!」
リアス(サキュバス)「っ~~~!!」プクー
hdd3-7 (110)
一誠「え?」グイ
hdd3-7 (111)
一誠「……え、ええええええ!??」
hdd3-7 (112)
リアス(サキュバス)「んん~♥やっぱり!一誠の手に触れられると胸が熱くなるわね~♥」
hdd3-7 (113)
リアス(サキュバス)「朱乃には負けないわ!」
朱乃(ギリギリ)「私だって!」
hdd3-7 (114)
朱乃(ギリギリ)「リアスよりも私の方が一誠君好みのプロポーションよ!」
hdd3-7 (115)
リアス(サキュバス)「いいえ!一誠は私の方が魅力的だって思ってるわ!」
hdd3-7 (116)
朱乃(ギリギリ)「そんなことないわ!リアスのばか!」ズドーン
リアス(サキュバス)「朱乃のおたんこなす!」ドガーン
アーシア(スケスケ)「……ケンカ始めちゃいました…」
ゼノヴィア(スケスケ)「あの二人のケンカは、誰も止められないな…」


※アーシアの命運がかかった決戦前夜です。

hdd3-7 (117)
リアス(サキュバス)「朱乃のぉ!すっとこどっこ~い!」ババーン
朱乃(ギリギリ)「リアスのぉ!おたんち~ん!」ズガーン
小猫「……一誠先輩」クイクイ
一誠「お?」

hdd3-7 (118)
小猫(猫巫女)「っ……///」モジモジ
hdd3-7 (119)
小猫(猫巫女)「……似合いますか?///
hdd3-7 (120)
一誠「こ!これはなんという!!み、未知の破壊力ッッ!!!」クワッ!!
hdd3-7 (121)
小猫(猫巫女)「にゃん♪」

※決戦前夜です。

hdd3-7 (122)
リアス「まったく朱乃ったら……」
一誠「あのぅ、なんか俺のせいで……」
リアス「いいのよ。お互い良いストレス発散になるし」
一誠「あははは……」

hdd3-7 (123)
リアス「それよりヴァーリのことよ。まったく、私のテリトリーで勝手なマネを…!」
一誠「でも…騒ぎを起こす感じじゃありませんでした」
リアス「一応アザゼルとお兄様には報告するわ。ヴァーリの言葉を鵜呑みにするわけではないけれど、ディオドラのあの余裕ある態度も妙に気になるし」
一誠「アイツがどんなに強くったって、アーシアのために…俺、絶対に……!」


ヴァーリの予想ドンピシャやね。

hdd3-7 (125)
リアス「っ……」スッ
一誠「っ!?部長……?」ムギュ

hdd3-7 (126)
リアス「アーシアをこちらの道に引き込んだこと、自分のせいだとまだ思ってる?」
hdd3-7 (127)
一誠「っ……はい。でもアーシアは、今の生活に満足していると答えてくれました。俺もそれでいいんだと思ってます…」グスッ
hdd3-7 (129)
一誠「でもっ…それでも俺は……」グスッ
リアス「私と一誠、そして眷属の皆であの子を幸せにしましょう。でも、あなたや他の皆も幸せにならないとダメよ?」
一誠「部長……」
リアス「じゃないと、私が悲しいわ…」


ええはなしやで( ノДT) グスッ

hdd3-7 (132)
リアス「あ~そうそう!あなたに冥界のテレビ番組から出演依頼が着てたわ」
一誠「テレビ出演?なんで俺に??」
hdd3-7 (133)
リアス「さあ?レーティングゲームが終わってからになると思うけど、とにかく今は勝つことだけを考えましょう!」
一誠「はいっ!部長!」


第7話(前)感想:あの、こんなんでもアーシア大丈夫ですよね?(不安MAX)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
>サイラオーグさんはロック・リーみたいなガチ体術戦法なのかな?
魔力を持つことなく生まれたため母親共々不遇の扱いを受けていましたが、体を凄まじく鍛えて腹違いの弟を倒し次期当主の座を得ました

>これ以上は歓喜のあまり精神崩壊するぞwww
前回の倉庫の件含めて何度か禁手に至りそうになっております
Re: No title
アヤトさんコメントありがとうヽ(´▽`)/

> >サイラオーグさんはロック・リーみたいなガチ体術戦法なのかな?
> 魔力を持つことなく生まれたため母親共々不遇の扱いを受けていましたが、体を凄まじく鍛えて腹違いの弟を倒し次期当主の座
>を得ました
お~!ガチでロック・リーさんですな!こりゃ対戦が楽しみです!

>
> >これ以上は歓喜のあまり精神崩壊するぞwww
> 前回の倉庫の件含めて何度か禁手に至りそうになっております
バランス・ブレイクする前にテクノブレイクしそう…(滝汗)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。