ハイスクールD×D BorN 第7話(後) 感想 アイツ、死んだな…… | アニメとゲームな日常

ハイスクールD×D BorN 第7話(後) 感想 アイツ、死んだな……

hdd3-7 (136)
???「ロキを利用してサーゼクスやオーディンを一気に始末しようと思ったが、所詮は異境の神か…」

あーあーもう無駄にフラグ建てまくっちゃってまぁ…(汗)

hdd3-7 (137)
???「しかし奴等も北欧の神々の一柱、ただ封印されたまま終わったとも思えないが…」

何故男のB地区は隠してしまうのか。

hdd3-7 (141)
一誠「ん?」
ゼノヴィア「ハァァァァッ!!」ブンッ!!
hdd3-7 (142)
ゼノヴィア「はぁ……はぁ…」
hdd3-7 (143)
ゼノヴィア「ん?一誠か……」
一誠「明かりが付いてたもんだからさ」
ゼノヴィア「ゲームも近いからね」
一誠「日が落ちる前も相当練習してたろ」

hdd3-7 (145)
ゼノヴィア「私は、……木場よりも弱いからな…。悔しいが、才能という点では明らかに木場の方が上だ…」
hdd3-7 (147)
一誠「俺からしてみればお前も木場もスゲーよ」
ゼノヴィア「っ!」

hdd3-7 (148)
ゼノヴィア「……ありがとう」

まさかゼノヴィアまで一誠に堕ちるのか…(´Д`;)?

hdd3-7 (150)
一誠「よっしゃ!アスカロン!」
B・G『Blade!』ニョキーン

hdd3-7 (151)
\ススス……/
hdd3-7 (152)
ゼノヴィア「??」
hdd3-7 (153)
ゼノヴィア「えっ!?」
一誠「使えよ」
ゼノヴィア「しかし…」

hdd3-7 (154)
一誠「デュランダルには及ばないかもしれないけど、木刀よりマシだろ?」
ゼノヴィア「……いいのか?」
一誠「ああ!必要ならいつでも言ってくれ!俺達仲間だからな!」
ゼノヴィア「仲間……」


素でこんな発言出来るんだからやっぱり一誠さんイケメンですわ。

hdd3-7 (155)
ゼノヴィア「なあ、一誠は将来、部長の下から独立するのだろう?上を目指すために」
一誠「え?ああ、いつか……」
hdd3-7 (156)
一誠(部長に一人の男として認めてもらうためにもな…!)

もう認めるどころか虜なんですがねぇ…。

hdd3-7 (158)
ゼノヴィア「アーシアはお前に付いて行くと言っていた」
一誠「ああ!ずっと一緒に居るって約束したんだ!」
ゼノヴィア「……私も共に連れて行ってくれ!」
一誠「お前も?」

hdd3-7 (159)
ゼノヴィア「一誠と一緒に居ると面白い!」
hdd3-7 (160)
一誠「面白い、ね…。了解!考えておきますよ!」タハハ
hdd3-7 (162)
ゼノヴィア「君と話していたら、張り詰めていたものが良い感じにほぐれた気がするよ」
hdd3-7 (163)
ゼノヴィア「♪」チュッ
一誠「っ!?」
hdd3-7 (164)
一誠「うぇぇっ!??」
ゼノヴィア「お礼だ。口の方が良かったかな?」

素でこんな発言出来るんだからやっぱりゼノヴィアさんもイケ女ですわ。

hdd3-7 (167)
一誠「うぇへへへ…♪」
hdd3-7 (169)
アーシア「あ!一誠さん!」
一誠「ビクゥッ!?アーシア、小猫ちゃん…?」
アーシア「ベッドで待っていたですが…」
一誠「ゼノヴィアと話してたんだ。アイツもー頑張ってんなーって」

なお、話すだけでは済まなかった模様。

hdd3-7 (170)
アーシア「一誠さん…もし、ゲームに負けたら、私……」ウルウル
小猫「勝手に言ってるだけです。アーシア先輩は誰にも渡しません!」
アーシア「小猫ちゃん…!」ウルウル
hdd3-7 (172)
一誠「アーシア、負けることなんか考えんな!俺達は絶対に勝つんだからさ!」
小猫「そうです!」
hdd3-7 (173)
一誠「レーティングゲームに勝ち抜いて、ついでに体育祭の二人三脚も勝ってやろうぜ!」
アーシア「っ……はい!」グスッ


この後、滅茶苦茶ぐっすり寝た!

hdd3-7 (174)
アザゼル「通信で悪いなサーゼクス。例のグラシャラボラス家次期当主の不審死と、ディオドラ・アスタロトの魔力増大についてだが…」
サーゼクス『やはり繋がったか…』
hdd3-7 (175)
アザゼル「おそらく…」
サーゼクス『となると、リアスの報告にあったヴァーリからの忠告も単なる戯言ではなさそうだ』


アザゼル先生が本気そうな顔してる…。ヤバいのか((゚Д゚;))ガクブル

hdd3-7 (176)
アザゼル「奴等も一枚岩じゃないしな」
サーゼクス『そちらの案を実行に移すしかない、ということか…』
アザゼル「ミカエルとオーディンの爺さんは承諾してくれたよ」

hdd3-7 (177)
アザゼル「アイツ等には、悪いことをしちまうがな…」

あ、これ完全に囮にさせられるパターンや。

hdd3-7 (178)
\パァァァ…/
ロスヴァイセ「いってらっしゃい!」
イリナ「頑張ってね!」

hdd3-7 (180)
アザゼル「さって、俺達も行くか!」
イリナ「ミカエル様からあなたと冥界に行くように命じられたんですけど…」
ロスヴァイセ「どうして皆に秘密なんですか?」
hdd3-7 (181)
アザゼル「何も起こらなかったら、サプライズで応援に来たと言やいい」
hdd3-7 (182)
アザゼル「起こった時は、ま!俺が恨まれるだけだ♪」

こんな大人に私もなりたい。

hdd3-7 (183)
一誠「……着いたのか?」
祐斗「……ここが本陣ということでしょうか?」

hdd3-7 (185)
リアス「……妙ね。審判のアナウンスも無いなんて…」
hdd3-7 (186)
ギャスパー「な、なにか問題でもあったんでしょうか?」

あ、そういえばギャスパー君、初参戦やんけ。それにしてもなんだこの角度www

hdd3-7 (188)
アーシア「っ!?魔方陣……?」
hdd3-7 (189)
リアス「アスタロトの紋章じゃない…。気をつけて!」
hdd3-7 (190)
一誠「ブーステッド・ギアッ!!」
hdd3-7 (191)
B・G『Boost!』パァ
hdd3-7 (192)
hdd3-7 (193)
ゼノヴィア「「っ!!」」祐斗
hdd3-7 (195)
小猫「にゃ」

ここだけ見るとめっちゃくちゃ不安なんですが(笑)

hdd3-7 (196)
朱乃「はぁぁぁ…!」バチバチィ!!
hdd3-7 (197)
リアス「…この紋章、記憶が確かなら……」ゴゴゴ…
hdd3-7 (198)
リアス「禍の団の旧魔王派に傾倒した者達よ!」
hdd3-7 (200)
ゼノヴィア「テロリストということか!?」

だからケツゥ!

hdd3-7 (201)
テロリストさん「忌々しき偽りの魔王一族、グレモリー!ここで散ってもらおう!」
一誠「いったいどうなってんだよ!?」

アーシア「きゃあ!?」
hdd3-7 (203)
一誠「っ!!アーシア!!」
hdd3-7 (204)
リアス「ディオドラ!」
一誠「テメェッ!!」
hdd3-7 (205)
ディオドラ「やぁ!アーシア・アルジェントはいただくよ!」ガシッ
一誠「アーシアになんてことすんだァ!!」
リアス「これはどういうこと!!」
hdd3-7 (206)
ディオドラ「君達はここで、禍の団達に殺されるんだよ(ゲス顔)」
朱乃「やはり禍の団と…!」

あー悪い顔ですわー(棒)

hdd3-7 (207)
リアス「最低だわ!しかもゲームまで穢すなんて万死に値する!なによりも…私の可愛いアーシアをッ!!」ゴゴゴ…
ディオドラ「まぁ、この数を相手に最後のあがきをしてくれたまえ」


おうおう!殺してしまえ!

hdd3-7 (209)
ディオドラ「僕はその間にあの神殿でアーシアと契る」
hdd3-7 (211)
ディオドラ「意味は分かるかな?赤龍帝!!」
一誠「っ……!!」ブチッ
hdd3-7 (212)
ディオドラ「♪」ユビパッチン☆
hdd3-7 (213)
\ズドドドド…/
hdd3-7 (214)
ゼノヴィア「一誠!アスカロンを!」
一誠「ああ!」

早速か!

hdd3-7 (215)
一誠「アスカロン!!(射出)」バシューン!!

哀れアスカロン、未だ持ち主から本来の使い方をほとんどされていない。

hdd3-7 (216)
ゼノヴィア「っ!!」ガシッ
hdd3-7 (217)
ゼノヴィア「アーシアは私の友達だ!」
hdd3-7 (219)
ゼノヴィア「お前の好きにはさせんっ!!」
hdd3-7 (220)
ディオドラ「ふん!(身代わり盾)」
ゼノヴィア「なっ!?」

アーシアさん、身体柔らかいなー(粉みかん)

hdd3-7 (221)
ゼノヴィア「くっ、卑怯な…!」
hdd3-7 (222)
ディオドラ「フッフフフ……フハハハハ…!!」パァァ…
一誠「アーシアぁぁああああ!!」
hdd3-7 (223)
一誠「クッッソォォ!!何がアーシアを守るだ!また俺は……俺はッ!!」ガンッ!!
hdd3-7 (224)
祐斗「一誠君!今は目の前の敵が先だ!その後アーシアさんを助けに行こう!」
一誠「ッ!!……ああ!そうだ!そうだよな!!」
hdd3-7 (226)
リアス「この数、私と朱乃の障壁で防ぎきれるかどうか…」
朱乃「ひゃあっ!?」
hdd3-7 (227)
オーディン「ん~!良い尻じゃな!」
hdd3-7 (229)
朱乃「ああん!?///
オーディン「なによりも若さ故の張りがたまらんわい!」
一誠「爺さん!?」
リアス「オーディン様、いつの間に…!?」

あ、勝ったなこの戦。

hdd3-7 (230)
オーディン「うっほほほほ…♪ディオドラ・アスタロトが裏で不貞の輩と手を組んでおったのが分かってな」
hdd3-7 (231)
オーディン「ほぉれい!儂ぁ北欧の主神じゃぞ!討ち取れば名が上がるぞい!」
hdd3-7 (232)
テロリストさん「えーどうするー?」
テロリストさん「でもー超つよそーっていうかー」

hdd3-7 (233)
\ウオオオオオオ!!/

おバカ……(´Д`;)

hdd3-7 (234)
オーディン「ふっふふふふ…」キラーン☆
hdd3-7 (235)
\カンッ/
hdd3-7 (236)
オーディン「で、この機会に一網打尽にしたいからと――」ズォァッ!!
hdd3-7 (238)
オーディン「アザゼルの小僧に頼まれたんじゃ」
テロリストさん達「うわあああああ!??(消滅)」

このアニメではわりと貴重なモブ勢が(汗)

hdd3-7 (239)
朱乃「ではこのゲームは……」
リアス「私達は囮に使われたというワケね」

hdd3-7 (240)
オーディン「と~っとと行かぬかぁ!ジジイが最前線で援護すると言っておるのじゃ!めっけもんだと思え!」
一誠「でも爺さん一人で……」
hdd3-7 (241)
一誠「ぐっ!?」ゴチン☆
hdd3-7 (242)
オーディン「生まれて十数年の赤ん坊がぁ!儂を心配するなぞ千年早いわ!」
一誠「っ~~(泣)」


こういうバトルものの強キャラ爺さんって好きだわ~。

hdd3-7 (243)
テロリストさん達「うおーー!!」
hdd3-7 (244)
オーディン「グングニル!!」
hdd3-7 (245)
\ズズズズ……/
hdd3-7 (246)
\ガシッ!!/
hdd3-7 (247)
\ゴゴゴゴ……/
hdd3-7 (248)
\パァァァァ…!!/
テロリストさん達「うわああああああ!!?」
一誠「す、スッゲェ……!!」
オーディン「ふっふふふふ…♪」

hdd3-7 (249)
リアス「オーディン様、ではお言葉に甘えさせていただきます!」
オーディン「な~に!ジジイもたまには運動せんと、身体が鈍るでな」コキコキ
hdd3-7 (250)
リアス「神殿まで走るわよ!!」
下僕達「はい!部長!!」
hdd3-7 (251)
アザゼル『無事か!?』
一誠「アザゼル先生!」
アザゼル『言いたいこともあるだろうがとにかく聞け!』

hdd3-7 (252)
アザゼル『そのフィールドだけじゃなくVIPルーム付近も、旧魔王派の襲撃を受けている!これも事前に予測していた!』
hdd3-7 (253)
リアス『事前に、ね…』
アザゼル「待機していた各勢力の戦士が、連中を撃退している。作戦上、お前達に事情を知らせるワケにはいかなかったんだ」
ギャスパー『も、もし僕達に何かあったらどうするんですかぁぁ…(震え声)』
hdd3-7 (254)
アザゼル『この作戦の立案者は俺だ。責任はとる』
hdd3-7 (255)
アザゼル『ま、俺の首一つじゃ軽すぎかもしれんがね』
リアス「なっ!?」

hdd3-7 (256)
一誠「じゃあ……」
ゼノヴィア「自分も死ぬつもりで…!?」
小猫「私達を……」

カッコいいな~アザゼル先生 (*´д`*)

hdd3-7 (257)
アザゼル「とにかく事が収まるまで隠れてろ!」
テロリストさん「……」ソロー

hdd3-7 (258)
アザゼル「後は俺達がテロリストを始末する!」ロケットパーンチ!!
テロリストさん「うわあああああ!!」

あああ!!改造義手が役に立ってるwww

hdd3-7 (259)
祐斗『先生も戦場に着てるんですか?』
hdd3-7 (260)
アザゼル「共にフィールドに居る!広大だからかなり離れてはいるが」
hdd3-7 (261)
一誠「隠れてなんかいられませんよ!アーシアが!アーシアがディオドラに連れ去られたんです!」
アザゼル『なんだと…?』
一誠「今すぐにでもアーシアを助けないと…!」
hdd3-7 (262)
一誠「先生…!アーシアは俺の仲間です!家族なんです!俺は!俺はもう二度とアーシアを失いたくないッ!!」
hdd3-7 (263)
リアス「私達はアーシアを救うわ!私の眷属を奪うことがどれほど愚かなことか!教え込まないといけないのよ!」

そうだな!授業料はあの糞スマイルの命でいいぞ!

hdd3-7 (264)
アザゼル「ま、そう来ると思ったが…。後は俺がなんとかする!」
hdd3-7 (265)
アザゼル「存分に暴れてこい!!」
hdd3-7 (266)
一誠「先生…!」
リアス「感謝するわ。アザゼル先生♪」

hdd3-7 (267)
アザゼル『いいな一誠!赤龍帝の力をあの裏切り小僧に見せ付けて、絶対にアーシアを取り戻せ!』
一誠「オッスッ!!」

第7話(後)感想:熱くなってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
>まさかゼノヴィアまで一誠に堕ちるのか…(´Д`;)?
2期12話のDC版に完堕シーンがありますよー
Re: No title
> >まさかゼノヴィアまで一誠に堕ちるのか…(´Д`;)?
> 2期12話のDC版に完堕シーンがありますよー
円盤かー!持ってねー!!(汗)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。