ハイスクールD×D 第9話 感想 なんか凄くエロイ技が完成しそうな悪寒 | アニメとゲームな日常
FC2ブログ

ハイスクールD×D 第9話 感想 なんか凄くエロイ技が完成しそうな悪寒

dd9-1.jpg
サブタイの通りだ!!


dd9-2.jpg
朱乃「いきなりだけどLesson 2♪魔力は体全体を覆うオーラから流れるように集めるのです」
一誠「ぬぅ……ん?」プルプル
朱乃「意識を集中させて、魔力の波動を感じるのですよ」ツツツ

朱乃さん、こんな性欲の権化にそんなご指導していては集中もへったくれもありませんよ(´д`;)

dd9-4.jpg
アーシア「出来ましたぁ♪」
dd9-5.jpg
一誠「」パクパク
朱乃「あらあら♪やっぱりアーシアちゃんは魔力の才能があるのかもしれませんねぇ♪」
一誠「あぁ…あ、まぁ、アーシアが強くなるなら!それならそれで…!」

一誠w涙拭けよww

dd9-6.jpg
PETボトル「ゴハァッ!?」
ポリエチレンテレフタレートボトルゥゥウウウΣ( ̄ロ ̄;)!?

dd9-7.jpg
一誠「うわぁあ!?凄ぇ!!」
朱乃「慣れれば何もない所からでも火や水、雷などを操ることが出来るようになります、アーシアちゃんは次にこれを練習してください」
アーシア「はい!!」

dd9-8.jpg
朱乃「魔力の源流はイメージ。とにかく頭に浮かんだものを具現化することが大事なのです」
一誠「頭に浮かんだものかぁ…」ポクポクポク…

dd9-9.jpg
チーン♪
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: ::なぜそうなる… : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ


dd9-11.jpg
小猫「Lesson 3」ズドッ
一誠「ぐべら!?」
dd9-12.jpg
小猫「打撃は身体の中心線を狙って、的確かつ抉りこむように撃つんです」ギリギリ
一誠「ぎゃあああああああ!!!」
HAHAHA!なにを苦しんでいる一誠!お前にとってはご褒美のようなものじゃあないか!!

dd9-13.jpg
一誠「クソォ!木場にも小猫ちゃんにも全然敵わねぇ!魔力もアーシア以下!俺いいとこ無しじゃん!?」ゼェゼェ
小猫「それぞれ特性がありますから」
一誠「特性?俺の特性ってなんだと思う?」

dd9-14.jpg
小猫「えっちなところ」キッパリ
一誠「ぶはぁ…」ガッカリ
小猫「…それからもうひとつ」
一誠「うぇ?」
小猫「…頑張りやさんなところです」
dd9-15.jpg
一誠「そ、そうかぁ!俺頑張るよ!小猫ちゃん!!」
小猫「はい」
なんやかんやで小猫も一誠のことは認めてるっぽいな。フラグは立つのかな…

dd9-98.jpg
リアス「Lesson 4!」
一誠「今度は魔力を使ってぇ!?」
アーシア「お料理ですかぁ?」
リアス「もちろん出来る範囲で構わないわ。じゃ、頑張ってね♪」
dd9-16.jpg
アーシア「お湯さん…沸いてください!」パァ
熱湯「うぉおおおああああ!!熱っちぃいいいいいいい!!!」
一誠「!?」ガーン
日常生活で魔力を使って慣れていく修行か。これが一番訓練になる気がする。

dd9-17.jpg
一誠(はぁ…俺は朱乃さんの授業でも、米粒くらいのを出すのが精々だったしな…)ガックシ
dd9-18.jpg
一誠(それにしても!朱乃さんの胸の谷間を…思い出すだけでもぉおおおお!!)ワキワキ
dd9-19.jpg
玉葱「いやぁあああああん」ビリビリ!
一誠「ぬお!!?」ビクッ
なん…だと……?

dd9-20.jpg
一誠「…」ポワワン…
dd9-21.jpg
ジャガイモ「きゃあああああああ」シュルル!!
一誠「へえ!ジャガイモも楽勝じゃん♪」
dd9-22.jpg
アーシア「凄いです!一誠さん!!」キラキラ
一誠「ふっ…さっきは調子が悪かっただけで、これが実力さ!」キリッ
アーシア「さすがですぅ♪」キラキラ
一誠「ふふ…これって前にも一度あったような気が…」
dd9-23.jpg
一誠「そうだ!あの時!初めてセイクリッドギアが発動した時だ!!」ピコーン!
あぁ…そういえばそんなこともあったっけ(汗)てっきりエロアニメ特有のエフェクトだと思ってたんだけど…ね。

dd9-24.jpg
一誠「そうかァ!これはァ!もしかしてェ!俺は無敵になれるかもォ!!」ドヤァ!!
ふえぇ…なぜかすごくえっちなイメージしか浮かんでこないよぉ……

dd9-25.jpg
リアおっぱい「これで皆の修行の疲れが、少しでも癒されれば良いのだけど」ボイン
dd9-26.jpg
朱おっぱい「間違いなく癒されますわぁ♪」ボイン
おっぱいが会話しとる((゚Д゚;)))ヒエエ…

dd9-27.jpg
アーシア「…」ジー
dd9-28.jpg
アーシア「…」ジー
シアおっぱい「…なによ」イラッ
dd9-29.jpg
アーシア「…はぁ」ガックシ
?「それは贅沢です」
dd9-30.jpg
アーシア「?」
小猫「…」ムッスー
猫おっぱい(=ちっぱい)「…なんかゴメン」ショボン
小猫さんも一応気にしてるんだなw微妙に不機嫌なお顔されてらっしゃる(*´д`*)ハァハァ

dd9-31.jpg
一誠「はぁ…はぁ……」ハァハァ…
ちょ!?おまわりさん!コイツです!!

dd9-32.jpg
祐斗「一誠君、そんなことして何の意味g」
一誠「黙ってろォ!これも修行の内だァ!!」
祐斗「一誠君…透視能力でも身に付けたいのかな?」
それはそれで欲しがるかもしれないなw

dd9-33.jpg
一誠「ぐぬぬ…」
一誠『俺の特性ってなんだと思う?』
小猫『えっちなところ』

一誠「そうだ!それが俺の力ァ!俺の…力だァアア!!」
dd9-34.jpg
一誠「うぉぉおおおおああああああ!!!」
※一誠君は至って真剣です。

dd9-36.jpg
一誠「出来る…絶対に出来るはずだァ!……ハァ!!」
服(アーシアの)「んあっ!?」ビクッ
…服を破くカマイタチでも習得しようとしてるのか?

dd9-37.jpg
アーシア(…一誠さん)トテトテ
一誠『アーシア、服を貸してほしいんだ!』キリッ
アーシア(一誠さん、あんな真剣な顔で…いったいなにを?)トテトテ
で、貸したのかよwどんだけ一誠LOVEなんだこの子は…(滝汗)

dd9-38.jpg
一誠「でやぁあああああああ!!!」
技の初お披露目はいつになるのかしら?

dd9-47.jpg
リアス「ブーステッド・ギアを使いなさい、一誠」
一誠「え?でもこの合宿中は使っちゃだめだって…部長が」
リアス「私の許可無しにはね。相手は祐斗でいいかしら?」
祐斗「はい、部長。手加減はしないよ!」
dd9-48.jpg
一誠「ブーステッドォ・ギァア!!」
B・G「Boost!」パァー!
という名のシェルブリットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

dd9-49.jpg
リアス「もう一度!」
一誠「ブースト!」
B・G「Boost!」パァー!
リアス「もう一度!!」
一誠「ブースト!!」
B・G「Boost!!」パァー!!
dd9-50.jpg
dd9-51.jpg
リアス「もっと!」
一誠「ブーストォ!!!」
B・G「Boost!!!」パァー!!!

朱乃「これで12回パワーアップしましたわ」
えーと…1Boostで倍化するから、単純計算で2の12乗まで膨れ上がってるのか。えっと~φ(.. )カキカキ……ぶふぉwその膨れ上がり方、実に4096倍www

dd9-52.jpg
リアス「ストップ!一誠、分かる?今までのあなただったら、ここまでの強化に耐えられなかったはずよ!」
一誠「!!」
リアス「あなただって、ちゃんと修行の成果は現れているのよ!」
一誠「そうか…!!」

dd9-53.jpg
リアス「始め!」
一誠「いくぞォ!ブーステッド・ギア!!」
B・G「エクスプロージョン!!」パアア!!
どう見てもシェルブリットだよなぁ…

dd9-54.jpg
アーシア「あれは!?」(スーパーサイヤ人さんだ!!)キラキラ
リアス「あの音声によって、一誠は一定時間、強化された力を保ったままで戦うことが出来るのよ。祐斗!!」(一応赤龍帝の力なんだから赤いオーラにしてほしかったわね…)
祐斗「ふっ!!」ドンッ!!

dd9-55.jpg
リアス「一誠!魔力の塊を撃つのよ!!」
一誠「はぁあああ!!」(ちっ…やっぱりこれだけ)
リアス「撃ちなさい!!」
dd9-56.jpg
dd9-57.jpg
dd9-58.jpg
一誠「こんのぉおおおおああああああ!!!」
dd9-59.jpg
ズボァッッ!!!
dd9-60.jpg
祐斗「ッ!?」ゾクッ!!
dd9-61.jpg
dd9-62.jpg
ギュオオオオオオ!!!!
dd9-63.jpg
ズドォオオオオン!!
アーシア「きゃああああああ!?」
朱乃「うぅ…」
dd9-64.jpg
朱乃「あ~らあら♪」ウフフ
小猫「山が…」
アーシア「無くなって…しまいました」アワワ
リアス「祐斗!彼はどうだった?」
祐斗「はい、正直驚きました。あの一撃はまさに、上級悪魔クラスの一撃!!」

ちょw強すぎワロタwwってか、4096倍まで強化されても上級悪魔レベルに留まっちまうのかい(´д`;)マジデ?

dd9-65.jpg
リアス「一誠!あなたはゲームの要…おそらく一誠の攻撃力は、状況を大きく左右するわ。私達を…そしてなにより自分を信じなさい!」
dd9-66.jpg
一誠「みんなを…自分自身を……!!」ガクガク
dd9-68.jpg
リアス(…一誠?)
一誠『俺、そんなの関係なく部長のこと好きです!リアス先輩が…俺にとって一番ですから!!』
リアス「…」キュン

dd9-69.jpg
リアス「…///」ドキドキ

第9話感想:か、界王拳…4096倍だァアア!!!

dd9-99.jpg
アーシア「あうぅ…頭痛が!?主よ…聖書を読めなくなってしまった私を、お許し…んあああ!!?」ズキズキ
自ら痛みを欲するとは…さてはアーシア、お前Mだな!!

↓次週のバトルが楽しみでならない方、ポチッとお願いいたします
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

ハイスクールD×D 第9話「修行、はじめました!」 感想
そうかこれは。もしかして俺は無敵になれるかも! レーティングゲームに向けて更なる力を付けるための修行開始! 改めて自分の力のなさを実感した一誠でしたが着実に進歩していま
アニメ感想 ハイスクールD×D 第9話「修行、はじめました!」
「だから私は負けない、戦う以上は勝つわ、勝つしか無いのよ!」


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。