這いよれ!ニャル子さん san値=6(第6話) 感想 ゲハ戦争 | アニメとゲームな日常

這いよれ!ニャル子さん san値=6(第6話) 感想 ゲハ戦争

nya6-1.jpg
君は…ゲハの涙を見る…
nya6-2.jpg
クーニャ「「うぉおおおあああアアア!!!」」
前回までのあらすじ!
 はじめて~のチュウ真尋とチュウを見事成し遂げたショタくぎゅハスター。一方真尋は「男だからセーフ」と自身の貞操を心配せずにはいられなかった。別にいいじゃないか、男でも。私は一向に構わん!
 さて、何故こんなアッー!展開になったかというと、真尋が愛して止まない母君こと『八坂頼子』が謎の女性と裏切りのクー子によって攫われてしまったからだ。彼女を助けだそうと水陸両用の素敵カーを用意するニャル子であったが、自身がATオンリーなこともあり、あっさりと海中深くに沈められる。その衝撃で外へ投げ出された真尋は、当然のことながら水中で溺れ気絶。このチャンスを逃すハズもなく、ハスターは真尋の『初めて』を全力で奪いにいくのであった。一方その頃、ニャル子とクー子はとりあえず場を盛り上げようと激しい戦闘を繰り広げていた。

nya6-3.jpg
ルーヒー「我が社の次世代ハードの情報を盗みに来たのでしょう!!」ドンッ!!
真尋「…はぃいい?」

nya6-4.jpg
頼子「尋君凄いかも!これが宇宙のゲーム機なんですって!!」キラキラ
ルーヒー「類稀れなる知識をお持ちのこのご婦人に協力いただければ、我々は次世代ゲームハード戦争でさらに優位に立てるのだ!!」

nya6-5.jpg
真尋「…ちょっと待て。ということは、母さんを連れていった理由は…ムスコニウムなんかじゃなくて…」
ハスター「?」キョトン

nya6-6.jpg
nya6-7.jpg
真尋「ぬぁあああああ!?伏線はそっちかぁああああああ?!」ガビーン!!
なんと残念な理由ッッ!!

nya6-8.jpg
ヒュー!!
nya6-9.jpg
クー子「ヒモ無しバンジーは…痛い」
真尋「クー子!?」
nya6-10.jpg
ニャル子「とぉおおおおうっ!!」
真尋「ニャル…っ!?」ドキッ
nya6-11.jpg
ニャル子「イヤンまいっちんぐ
ネタが古杉るぞニャル子さん…これもきっとBlu-ray・DVD解禁があるに違いない。

nya6-12.jpg
ルーヒー「彼女は我が社のハードを愛してくれている熱狂的ユーザー。それに敬意を表して、我々は『クイーン』と呼んでいるわ」
クー子「テレる…///」
真尋「テレんなよ…」
ニャル子「ちなみにクトゥルーの出しているゲームハードは『エックスオス』って言ってこう書きます」

nya6-13.jpg
ニャル子「『Xoth【ゾス】』、クトゥルーが地球にやってくる前に滞在していたという星の名前です」
糞箱はアニメですらdisられる運命なのか…

nya6-15.jpg
ルーヒー「こちら側には『八坂頼子』と『クイーン』という2枚の切り札が揃った!もはや我が社の勝利に死角に無し!!」
nya6-16.jpg
ルーヒー「聞けよ!国民よッ!!」
真尋「誰が国民だ…」
ルーヒー「Xoth731は、巨大サーバーからユーザーの脳内に直接ゲームデータを送信してバーチャルリアリティなゲーム体験が出来るニューマッスィ―ン!!

nya6-17.jpg
ルーヒー「スペックはHS3の3倍!圧倒的なグラフィック!!コントローラーでは実現出来ない操作性!!!DL専用だから流通コストも削減!!!!まぁさにパーフェクトゥ&アトルァアアンティスッ!!
nya6-18.jpg
クー子「凄い…私、アカウント購入する」ハァハァ
真尋「お前は黙ってろ…」
ブレないなクー子(´д`;)

nya6-19.jpg
ルーヒー「どうです?我が社の技術の粋を集めた次世代機は!」
頼子「ん~でもぉ…コレ、多分失敗するんじゃないかな?」
nya6-20.jpg
ルーヒー「はぁ!?」ナンデスト!?
頼子「ゲームハードの歴史を見れば分かるんだけど…たいていはスペックの高い方が負けてるの」
ルーヒー「なッ!?」ガビーン!?
止めるんだ頼子さん!それ以上は本当に危険が危ない!!

nya6-21.jpg
頼子「スペックが高いとそれだけ開発費がかかるでしょう?となると肝心のソフトを作る会社が参入し辛くなる。遊べるソフトの少ないゲーム機って、魅力的かしら~?」
ルーヒー「それは…(汗)」タジ

nya6-22.jpg
頼子「それにね、お店の売り上げってゲームソフトの方がメインなの。肝心のソフトが流通しないんじゃ、ハードだけを熱心に売ってくれるかしら…」
ルーヒー「しかしご婦人…我々に協力してくれる約束では…(滝汗)」

今でいうVITAちゃんがまさにそれか…3DSと比べると圧倒的スペックには違いないが、ソフトが売れないこの現状。するとそれに応じてみるみるハード販売台数が落ちていく今日この頃。ソニーェ…

nya6-23.jpg
頼子「協力するなんて一言も言ってないよ?」キョトン
ルーヒー「ふぇえええ!?」
nya6-24.jpg
真尋「じゃあ母さんがここまで来たのって…」
頼子「うん♪ただの興味本位♪」
ルーヒー「そんなぁ…」ガビーン
なんという空回り。哀れすぎて涙出てきた( ノДT)

nya6-25.jpg
ニャル子「クックック…では真尋さんのお母様を、返してもらいましょうかァ!!
ルーヒー「くっ…お前のモノではあるまい小娘!」ビクビク
ニャル子「そうですねぇ。ならば這いよる混沌らしく…」

nya6-26.jpg
ニャル子「いただいていきますッ!!」キュピーン!!
nya6-27.jpg
ニャル子「私!参上ッ!!」ビシィ!!
久しぶりの変身キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

nya6-28.jpg
ルーヒー「ま、待って…こないで」ガクガク
ニャル子「待てと言われて待つ犯罪者はいませんよォ!!」ボキボキ
真尋「そのたとえはどうかと思うぞ…」
nya6-29.jpg
ピリリリリ!!
ルーヒー「ん?」
nya6-30.jpg
ピリリリリ!!
ニャル子「あーどうぞ」ドウゾドウゾ
ルーヒー「…ども」ペコリ
ニャル子さん律儀杉んだろwww

nya6-31.jpg
ルーヒー「はい、ルーヒー・ジストーン…し、CEO!?はい!…はい!Xoth731の開発は順調で…」ピッ
ニャル子「…」(さぁてどうやって懲らしめてやりましょうかねぇ。今回は真尋さんだけでなくお母様もいらっしゃいますし、ここらへんでアピールしておかねばいけません。圧倒的且つ華麗に勝利を飾るとしましょうか)
ルーヒー「えぇ!もう間もなく完成しま…え?て、撤退!?ま、待ってください!本製品は我が社の救世主となる次世代ハードで…や、役員会での決定?!」
ニャル子「…(汗)」(あれ…なにやら雲行きが怪しい展開になりつつあるのですが)
ルーヒー「ま、待って!切らないで!CEO!!CEO!!!」
nya6-32.jpg
ツーツー…
ルーヒー「」
真尋「あぁ…なんとなく想像はつくけど、なんだって?」
ルーヒー「ゲーム事業から撤退…事業部は解散……私はリストラ………」ズーン
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ


nya6-33.jpg
クー子「うぅ…うううぅううぅぅ!お~いおいおいおい…(号泣)」シクシク
nya6-34.jpg
真尋「どうする?なんだかいたたまれないなぁ」
ニャル子「う~むたしかに」
ルーヒー「ふ、ふふふ…」
nya6-35.jpg
ルーヒー「フゥーハッハッハッハ!!!」
岡部「ッ!?」ピクッ
まゆしぃ「オカリンどうしたの?」
岡部「フッ…やはりどう抗っても、この鳳凰院凶真から溢れ出るカリスマ性は隠しきれるものではないということか…」キリッ
紅莉栖「はいはい、ワロスワロス」
ルーヒーが厨二病に目覚めちまったか…

nya6-36.jpg
ルーヒー「フハハ!まだよォ!まだ終わらないわァ!!」カタカタ…ターン!!
真尋「お、おい!何をするつもりだ!?」
ルーヒー「Xoth731を起動するのよ!その性能を示せばCEOだって認めてくれるハズゥ!!」ポチッ
nya6-37.jpg
ゴゴゴ…!!
ハスター「う、動いた!?」
真尋「…どうなるんだ!?」
nya6-38.jpg
こうなりました。

nya6-39.jpg
ニャル子「おゥコラァ!!アンタの差し金ですかァアア!?」
ルーヒー「違う!そんな指示はしていない!!」
nya6-40.jpg
ハスター「ねぇ真尋君!ひょっとして、このゲーム機から発信された電波を脳に受けて、頭の中でゲームやってるんじゃないかな?」
真尋「!!」

nya6-100.jpg
真尋「なぁ、ルーピーだっけ?今起動してるゲームって何なんだ?」
ルーヒー「人をどこぞのゴミ政治家と同じにしないでちょうだい!!」
やってることがズレてる点はそっくりだよな(´・ω・`)

nya6-41.jpg
ルーヒー「自分がゾンビになって人間を襲うアクションゲームよ」
真尋「やっぱりそういうことか!!」
nya6-42.jpg
フォーク「「オレ達にまかせろッ!!」」
nya6-43.jpg
ブシュシュシュ!!
こ、このフォーク捌きはッッッ!!!

nya6-44.jpg
真尋「母さん!?」
頼子「あの連中倒しちゃってもいいんでしょう?応えは聞かない」
ルーヒー「待って!催眠術にかかってるようなものだから、殺さないで!!」

nya6-45.jpg
頼子「そういうことなら、痺れフォークの出番ねぇ♪」
痺れフォーク「「まかせろ!!」」
真尋「痺れフォークって…」(さすがは我が母君といったところか。拙者とは格が違いすぎるでござる)
毒フォーク、混乱フォーク、なんでもありそうだな(´д`;)ゴクリ

nya6-46.jpg
nya6-47.jpg
nya6-48.jpg
頼子「さぁ振り切るよ!!」ヒュヒュヒュッ!!
nya6-49.jpg
真尋「なにその無双モード…(汗)」
頼子「母さんね!雑魚を纏めて片付けるのだけは得意なの!弱いモンスターなら無限に狩れるそんなタイプぅ♪」
ルーヒー「ご、ご婦人…?」ガクガク
真尋「…母さん」

ニャル子レベルの邪神は頼子にとって雑魚なのか?それが問題だ。

nya6-50.jpg
頼子「絶望があなた達の…」ゴゴゴ…
nya6-51.jpg
頼子「ゴールね!!」
雑魚「ぎゃぁあああアアアア!?」
nya6-52.jpg
頼子「うふ」キャピッ
ニャル子無双の隠しキャラでぜひ登場してほしい!!

nya6-53.jpg
真尋「…お前、変身した意味無かったな」
ニャル子「そぉんなことありませんよぅ!?ほら!今回の騒動の元凶を叩き潰すという重要な濡れ場が!!」
真尋「見せ場だろ…」

nya6-54.jpg
クー子「ニャル子…私に、やらせてほしい」
ニャル子「はァ!?なんでですか!!」
nya6-55.jpg
クー子「Xothは…私が愛したハード。せめて私の手で、葬ってあげたい」
ニャル子「嫌ですよ!それじゃ本当に私の濡れ場g」
真尋「見せ場」
ニャル子「…が無くなっちゃうじゃないですかぁ!!」プンスカ

nya6-56.jpg
真尋「させてやれ、ニャル子」
ニャル子「…分かりましたぁ」ションボリ
一応空気は読めるんだなニャル子さんw

nya6-57.jpg
クー子「愛してあげられなくて…ごめんなさい」
nya6-58.jpg
クー子「あなたは…生まれる時代を……間違えた」
nya6-59.jpg
クー子「…せめて、ゆっくり…おやすみなさい」
nya6-60.jpg
ゴォォオオウッ!!!
nya6-61.jpg
クー子「っ……」
 こうして長きに渡る宇宙ゲハ戦争は終結した。スペックを極限にまで追い求めたXothは当時の糞箱同様、消費者に受け入れられる代物ではなかったのだ。
 私達は忘れてはいけない。自分勝手な理想を押し付けることだけがクリエイターではないことを。ゲームはハードだけでは生き残ることが出来ないということを。そして、この戦争の犠牲になった糞箱Xothの存在を…。

nya6-62.jpg
ハスター「ごめんね真尋君。僕、帰ってちゃんと父様に伝えるよ。真尋君のお母さんを巻き込んじゃダメだって」
真尋「ありがとな、ハスター」

nya6-63.jpg
ハスター「…」スッ
nya6-64.jpg
ハスター「…あのね、僕、もう帰らないと」
真尋「…そっか」(あれ…なんか似たような展開があったような)
nya6-65.jpg
ハスター「…こ、この町はやっぱり良い風が吹くね。えへへ♪」
真尋「?」
nya6-66.jpg
ハスター「じゃあね。バイバーイ!!」
真尋「…おかしな奴だったな」
ニャル子「とはいえ真尋さん、何やら嫌な予感がするのですが…」
真尋「……だなぁ(汗)」
嫌な予感ほど的中率は高いもので。

nya6-67.jpg
ハスター「八坂ハスターです。ハス太って呼んでください!」
ニャ「「やっぱりか…」」
愛した男を諦めるハズがないッ!!

nya6-68.jpg
珠緒「八坂って、うちの八坂君とはどういう関係~?」
ハス太「えっと…ま、真尋君は…僕のぉ……///」モジモジ
nya6-69.jpg
ハス太「大切な人です!!!」
生徒「おお~!」
お、おぅ…(汗)

nya6-70.jpg
ニャル子「こぉおおるぁあああ!!来て早々、何言い出しやがってんですかァ!?」
ハス太「♪~」
nya6-71.jpg
クー子「頑張れハスタ君、応援する」フレーフレー
ニャル子「黙らっしゃいぃ!アンタの魂胆なんてお見通しなんですよぉ!!」
ちなみに海と旅館と貞操のピンチはおあずけだッ!Blu-ray・DVDで確認するべしッッ!!

第6話感想:箱○に続き、今度はVITAがヤヴァイ。Xoth路線まっしぐらなあの子を救うことが出来る救世主は現れるのか?!

nya6-99.jpg
ハスター「真尋君…合体ぃ……」スースー
初見ならぬ初聴で『硬い』に聞こえてしまった腐の性ッッッ!!!

↓だれか同じように聞こえた人いないかしら?w
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

まとめtyaiました【這いよれ!ニャル子さん san値=6(第6話) 感想 ゲハ戦争】
君は…ゲハの涙を見る…
這いよれ!ニャル子さん 第6話「マーケットの中の戦争」感想!
這いよれ!ニャル子さん 第6話「マーケットの中の戦争」 いやー、やっぱり大したことない理由でしたね(笑) 真尋のお母さんが狙われた理由は、ゲームマニアとしての知識だった...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。