アクエリオンEVOL 第23話 感想 カグラ「わんわんお!」 | アニメとゲームな日常

アクエリオンEVOL 第23話 感想 カグラ「わんわんお!」

わんわん
アマタ「わ、わんわんお///
カグラ「声が小せえぞ弱虫アマタ!」
アマタ「ぐっ…わんわんお!!

カグラ「うるっせェ!ぶっ殺すぞ!!」プンスカ!!
アマタ「理不尽!?」ガーン
その眼鏡、守りたい

evol23-1.jpg
シュレード「感じてくれているかい、親友?これが俺の最後の合体」
木原「よォ!一方通行ァァアア!帰ってきてやったぜェエエエエ!!」
一方通行「木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!」
佐天さん「ど、どうしよう初春…」ビクビク
初春「ひぃぃ…なんでこの組み合わせなんですかぁ」ビクビク

evol23-2.jpg
シュレード「交響合体!Go!!アクエリオォオン!!!」
evol23-3.jpg
シュレード「アクエリオン・スパーダ!!」
スパーダ「シュレード…あなたの想い、受け取りました」
木原「んで、テメェ等はどこのどなたさんだお嬢ちゃん達?」
佐天さん「あ、あの…佐天涙子っていいます」ビクビク
初春「初春飾利です…」ビクビク

一方通行「おィおィ完全にビビってンじゃねェか。もちっと優しく出来ねェンですか糞木原くン」

evol23-5.jpg
ZEN「これから語られるのは、一万年と二千年…そしてさらに、その一万年と二千年の昔から受け継がれる、悠久の神話」
カイエン「馬鹿馬鹿しい!御伽噺をしている暇があるんなら、一刻も早くアマタ達の支援に!!」

evol23-6.jpg
ZEN「万華鏡写輪眼!!」ギロッ!!
カイエン「っ!?」ビクッ
初春「とまぁ冗談はさておき、私達もアクエリオンを楽しみましょう」
佐天さん「初春!?」ガーン


evol23-7.jpg
カイエン「これは…?」
アンディ「なんだこりゃ!?」
サザンカ「え?ええ??ええええええ???」
ユノハ「本の…上?」
evol23-8.jpg
ZEN「この本は常に君等と共に在った。遥か時の流れにも押し流されぬ不動の書物。その名を『創聖の書』」
evol23-9.jpg
ZEN「そして今…解禁!!」パカッ
木原「ほ~う!お嬢ちゃんなかなか良い度胸してンじゃねェかおい!テメェ、俺様が誰か分かってナマ言ってンのか?」
初春「はい。あなたは暗部組織『猟犬部隊』のリーダーですよね。そして隣の人は学園都市第一位にして、やはり暗部組織『グループ』の一員さんです」ペラペラ
木原「え」
一方通行「何それ怖い」

evol23-10.jpg
クレア「時は…遥か二万年と四千年前に遡ります」
evol23-11.jpg
カイエン「このビジョン…俺の絶望予知よりも鮮明に!?」
evol23-12.jpg
クレア「人類の天敵ともいうべき『堕天翅族』。無数の敗北と無数の死…」
evol23-13.jpg
クレア「忍び寄る破滅の足音…!」
初春「ん~やっぱりスコルピオスについて少しだけでも触れてほしかったですねぇ」
佐天さん「ねぇ、初春…大丈夫なの?」

初春「大丈夫ですよ佐天さん。私達に何かあったら、お二人の知られたくないあ~んなことやこ~んなことが全世界に向けて一斉送信されるようにチョチョイと仕込みましたから」
佐天さん「何それ怖い」


evol23-14.jpg
クレア「そう、殺戮の天翅『アポロニアス』」
evol23-15.jpg
?「わんわんお!」フヨフヨ
一方通行「あ?なンだこの犬?」
木原「猟犬だけに犬ってか?ざけてンじゃねェぞおい!!」

evol23-16.jpg
クレア「しかし運命の悪戯か、一つの愛が奇跡を生みました。アポロニアスはこともあろうに、敵であるはずの人間の女性『セリアン』との恋に落ちたのです」
佐天さん「種族を越えた愛っていうの、なんか良いよね~♪」
初春「憧れますね~♪」

木原「どっかの糞ロリコンは年齢の壁を越えようとしてるがなァ」ニヤニヤ
一方通行「木原くン?」

evol23-17.jpg
アクエリオン「畏れー!」
カイエン「あれは!!」
クレア「アポロニアスの操りし機械天翅は、堕天翅達を打ち払い、愛するセリアンと人類達を守り抜いたのです」

evol23-18.jpg
頭翅『それほどまでにー!』
クレア「しかし光あれば闇もまたあります。アポロニアスの許婚であった堕天翅『頭翅』は、自らを裏切ったアポロニアスに愛と憎しみの念を抱きました」
evol23-19.jpg
クレア「そしてもうひとつ…闇の中で光を探す小さきもの」
?「わんわんお!」

アンディ「なんだ!?この犬?!」
ユノハ「かわいい♪」
一方通行「ふ~ン、犬はこの時代でも犬のままなンだな」
佐天さん「おかしいですよね。カエルも豚も『猫』扱いされてるのに」

evol23-20.jpg
クレア「それはアポロニアスに付き従っていた『翅犬ポロン』。彼はこともあろうに主人の愛したセリアンに、報われぬ恋心を抱いてしまったのです」
evol23-21.jpg
クレア「哀れなるポロンは夜空の闇に願います。「もし生まれ変われたら、セリアンと結ばれたい」と」
ポロン「わんわんおー!」

evol23-22.jpg
クレア「頭翅の憎しみ、ポロンの願い、様々な想いを置き去りに時は非情にも流れていきます」
evol23-23.jpg
クレア「死せる者の影、生ける者の苦しみ、闇の喜び、光の狂気、み~んなまとめて一つにしましょう。綺麗なレースで包みましょう」
一方通行「今回シュレードさンがガチで絶体絶命浴びせられてンのに、なに呑気に紙芝居してンですかこのべっぴンさンはよォ」
佐天さん「えっ、貶してるのか褒めてるのかどっちなんですか?」
木原「ほっとけ。コイツは所謂ロリコンって奴だ」
佐天さん「…うわぁ」ドンビキ

evol23-24.jpg
ZEN「刮目せよ!」パン!
evol23-25.jpg
ZEN「ここからは神話の第二章!!」
evol23-27.jpg
クレア「永き時を越え、蘇った堕天翅族は、大いなる闇として人類に襲い掛かります。ですが人々は、自分達を救った伝説を忘れてはいませんでした」
木原「やっとこさ第一期アニメに突入か。長ェなおい」
初春「まぁまぁ。新参に親切なのは良い事じゃありませんか」
木原「…」(コイツ、一体何を企んでやがる?こんな頭の上お花畑が、なぜこうもデカく見えやがんだ糞が)

evol23-28.jpg
クレア「人々は伝説の導きによって発掘した古の機械天翅を手に、立ち上がったのです」
evol23-30.jpg
クレア「この時代、アポロニアスに代わってアクエリオンを操るのは…」
evol23-31.jpg
クレア「『アポロ』という名の少年」
evol23-32.jpg
モロイ「なるほど!アポロニアスの!!」
カイエン「…生まれ変わりか!!」

クレア「…いいえ、違います。彼の本来の魂は……」
一方通行「えっ」ガーン
木原「アポロニアs…えっ」ガーン
佐天さん「えっ」ガーン
初春「ぬっふぇ!?」ガビーン

evol23-33.jpg
evol23-34.jpg
クレア「そう…アポロは翅犬ポロンの生まれ変わった姿だったのです」
アンディ「伝説のアポロの前世が…」
サザンカ「翅犬だったなんて…」

一方通行「…え、えっ?なに?なに言ってンですかこの人?」
木原「おィおィなんだこのオチは?まさかの一万二千年に及ぶ大茶番じゃねェかおィ?」
佐天さん「ねぇ初春、あんたアポロはアポロニアスに決まってるとかなんとか…」
初春「ん、あれ?犬?え、なに?ここでそのキャラ掘り下げてくるんですか?」


evol23-35.jpg
クレア「そして彼の想い人であるセリアンも、『シルヴィア』として生まれ変わっていました。彼らは不思議な運命で巡り会い、戦いの中で惹かれ合っていきます」
evol23-36.jpg
クレア「ですが…運命とは残酷なモノ。堕天翅族の頭翅もまた、この時代への転生を果たしていました。愛と憎しみの心をそのまま受継いだ頭翅は、アポロニアスの守り抜いた人類を滅ぼそうと目論見ます」
evol23-37.jpg
クレア「しかし彼の歪んだ愛は、堕天翅族をも滅ぼすことになりました。堕天翅族完全復活のために植えられた『生命の樹』は実を結ぶことなく、この星の大地を巻き込み、枯れ果てていきます」
evol23-38.jpg
アクエリオン「畏れぇぇエエエ!!!」
evol23-39.jpg
アポロ『運が良かったら…一万二千年後に、また会おうぜ!』
evol23-40.jpg
シルヴィア『っ!?…アポロぉおおお!!!』
佐天さん「アポロが犬…かぁ」
一方通行「なンか一気に冷めた」
木原「むしろ俺ァテンション上がってきたぜ!」
初春「どうしてですか?」
木原「俄然、俺に運が向いて来たからに決まってんだろ糞が!」ギャハハ

evol23-41.jpg
アポロ『行くぜ!友よ!!』
シリウス『人と天翅と!!』
頭翅『この星の…!!』

3人『『『新たなる創聖のために!!!』』』
evol23-42.jpg
アクエリオン「秘技!カッコいいポーズ!!」ピカァ
佐天さん「友よ(キリッ)とか言っちゃってますが、あれが犬ってことは、実際アポロと頭翅ってほとんど接点無かったんですよね?」
一方通行「おィやめろ。それ以上言うと頭翅さン泣いちゃうぞ」

evol23-43.jpg
クレア「あぁ…可哀相な翅犬ポロン。彼は一万二千年前の想いを果たせず、再び分かれの時を迎えることになったのです。それは…『世界の始まりの日』」
初春「いやいや、一番可哀相なの頭翅さんじゃないですか。やっと好きな人と一つになれた(性的な意味で)と思ったら、実際は犬だったとかどんな鬼畜プレイですか」
一方通行「ッ!?それだァァアアア!!」

evol23-45.jpg
ZEN「神話は更に一万年と二千年の時を越え、第三章へ!!」
アンディ「第三章!?」
ドナール「…まさか!?」

ZEN「そう、その舞台は…」
evol23-46.jpg
ZEN「現代♪」キリッ
木原「さァて、そろそろアップを始めちゃいますかねっと」ボキボキッ
一方通行「あ?もういっぺん星になるアップですか木原くン?」

evol23-48.jpg
地球「「分かれ!」」
ユノハ「地球が分かれていっちゃう!?」
クレア「生命の樹が枯れると共に、世界のバランスは乱れ、地球は二つに分裂しました」

evol23-49.jpg
ZEN「光と闇、陰と陽、男と女…相反する二つの星、それは天の川に阻まれし織姫と彦星、ヴェーガとアルテア」
木原「なに馬鹿なこと言ってんだ糞もやしが。俺がこのアニメの主人公たる所以をテメェ等に教えてやるために決まってんだろ糞が」
一方通行「…はァ?」

evol23-50.jpg
ZEN「即ち、我々の地球と次元ゲートの向こうにある地球」
モロイ「馬鹿な!?俺達の地球と」
ドナール「反世界が…!?」
スオミ「元は一つだったと言うのですか!?」
evol23-51.jpg
ZEN「神のサイコロ遊びの賜物か、或いは量子の縺れか、引き離されたにも関わらず二つの世界は惹かれあう。片割れとなった星、引き裂かれた魂…」
初春「なんか面白そうなことが隣で起こってますよ佐天さん!」ワクワク
佐天さん「ん~私としては、あまりあの二人に関わりたくないんだけどなぁ」


evol23-52.jpg
evol23-53.jpg
evol23-54.jpg
ZEN「これぞ『双星の書』!!!」ドヤァ!!!
木原「やっぱこのアニメは俺がいねェと始まらねェワケよ」マイッチャウゼ
一方通行「はっ!俺にお星様にされた雑魚がほざいてンじゃねェよ糞が」
木原「はァ……つかお前よォ、俺の名前覚えてっか?ん?」
一方通行「ついに頭ン中までお星様でいっぱいですかァ?『木原数多』だろゥが」
木原「そうだな。『数多』だな。カタカナにするとアマタだわ」ウンウン
一方通行「ッ!?」ガーン
木原「つまり!俺様は中の人的に『ZEN』であり名前はガチで『アマタ』ってことだァ!!即ちこの俺様はアクエリオンの真の主人公様ってことになる!!ぎゃーっはっはっは!!!」

evol23-56.jpg
ZEN「時は流れ、ポロンはアポロを経て更に転生を成し遂げた」
evol23-57.jpg
ZEN「ヴェーガ界の歌姫、『アリシア』の子として。だが……」
evol23-58.jpg
ZEN「それより先に現世に蘇った者がいた!」
evol23-59.jpg
ZEN「過去の全ての記憶を持ったまま…」
evol23-60.jpg
?『アポロはアポロニアスに非ず…奴は私を謀った!!』
evol23-61.jpg
?『何が「友よ!!(キリッ)」だ!お前みたいな犬とは許婚どころか友達にさえなったことはない!!ふざけんな死ね!!!』ゴゴゴ…
一方通行「つまりこういうこった。頭翅と別人説は否定されちまったが、ようやく怒髪天の意味が分かったぜェ」
初春「そりゃまぁ獣姦強いられちゃってますからね~。しかもアポロニアスは現世でエンジョイライフ送ったんでしょうから、性格歪んでもしかたないですよね」
佐天さん「初春、中学生は使っちゃいけないようなワードが出てるよ」


evol23-62.jpg
ZEN「彼の者は、自らの復讐の道具として使うため、アリシアの産んだ幼子の魂を二つに切り裂いた」
evol23-63.jpg
ZEN「こうしてアポロが引き裂かれる一方、セリアンは愛する魂を受継ぐシルヴィアを経て、正しき一つの命として現世に蘇る」
佐天さん「私、ゼシカの逆転勝利が絶対あると思ってました。エレメント能力もシルヴィアと似てるし」
木原「全くだ。ミコノとかいう乳臭い餓鬼がシルヴィアとか認めねェ。誰だあんな紫芋みてェな糞をヒロインに抜擢しt…あぶねェ!?」ヒュッ!!
土御門「ちぃ!気配は完全に殺したハズ!!」
木原「ンだテメェはァ!!」

evol23-64.jpg
ZEN「真にシルヴィアの魂を受継ぐ者……それは!!」
カイエン「マイ・シスター!?」ガーン
土御門「妹キャラの侮辱は許さん!!」ギャース!
木原「ッハァ!!だったら一発くれェ当てて見やがれってんだ雑魚がァ!!」ギャース!
佐天さん「…あれ、どうしたらいいんでしょうか?」
一方通行「ほっとけェ」

evol23-65.jpg
ZEN「二つの分かたれた星の戦い」
evol23-66.jpg
ZEN「そして二つに分かたれたアポロの命……それは悲劇の神話」
クレア「この悲劇を演出する闇の存在。二万年と四千年前から深すぎる愛に囚われた魂」

evol23-67.jpg
ZEN「それはかつての頭翅の中の闇。この時代での名は…『ミカゲ』。そしてこの悲劇の神話に終止符を打つのは、君たちしかいない!!」
初春「そういえば運が向いてきたとかどうとか言ってましたけど、どういう意味なんですか?」
木原「アポロが…アポロニアスじゃなかったことが確、定したワケだろ?つまりネットで噂さ、れてたもう一つの可能性『不動 = アポロニアス』説がここに来、て株価急、上昇ってワケだァ!!」ヒュッヒュッ!!
土御門「おのれ!こうなったら魔術を行使してでも!!」ブンブン!!

evol23-68.jpg
シュレード「…やっと見つけたぁ」
evol23-69.jpg
シュレード「随分と回り道をしたものだ。二つの星の音階は重なり合い、真っ白な光となる」
一方通行「ッ!?だめだァ!シュレードさンンン!!」ガタッ
木原「木原神拳奥義ィ!『ところがギッチョンひろしネタは鉄板故に敬遠対象』!!」ジュババッ!!
土御門「ぎゃああああああ!?」

evol23-70.jpg
シュレード「それは己の心の中の空白、或いは新しい世界!あたかも……純白の五線譜のように!!」
evol23-71.jpg
佐天さん「おお!アクエリオンの中に鍵盤出てきたよ!すごいね初春!!」
初春「…佐天さん、すみませんが少し黙っててください……」グスッ


evol23-72.jpg
evol23-73.jpg
シュレード「……聴け!!」
evol23-74.jpg
♪~♫~~♪~
evol23-75.jpg
♬~~♪~♩♩~
アマタ「シュレード!?」
ゼシカ「このメロディは!!」
evol23-76.jpg
evol23-77.jpg
シュレード(これが俺の見つけた最後の旋律!無から生み出される真のアクエリオンの音楽!!そう……)
evol23-78.jpg
全ての始まりの曲!!!
一方通行「駄目だァァアアくぁwせdrftgyふじこlp」ズボァッ!!
木原「どうなってんだよ…その背中から生えてる真っ黒な翼はァ!?」

evol23-79.jpg
シュレード(生きるということは、刻むということ!命を奏で、刻みつけ、君たちの進む道を切り開こう!!)
一方通行「……」ガシッ!!
木原(この野郎…いったい何の力で!?新たなクリアランス取得?コイツ…パーソナルリアリティに何の数値を入力したァ!?おィ…まさか天使だのなんだの、あの力の正体は!!)

evol23-80.jpg
シュレード「こんなこと……以前には夢にも思わなかった。誰かのために、命を奏でようだなんて…」
木原(後ろ…気づいてンのかよォ!化け物ォ!!)
一方通行「i h b f 殺 w q」ドゴォッッ!!!

evol23-81.jpg
シュレード「ッ!?」ゴポッ
ゼシカ「ッ!?」
アマタ「シュレードぉおお!?」
evol23-82.jpg
シュレード「……」
evol23-83.jpg
父さん…母さん……
evol23-84.jpg
親友…
evol23-85.jpg
親友……!
evol23-86.jpg
親友………!!
evol23-87.jpg
クレア理事t…
evol5-35.jpg
いや親友!!!
クレア「おい」
evol23-88.jpg
evol23-89.jpg
初春「これが…シュレードさんの奏でたかった最高の音楽なんですね」ポロポロ
佐天さん「『神融』で『親友』で『FOR MY BEST FRIENDS』かぁ…やば、なんか私まで悲しくなってきちゃった」ポロポロ


evol23-90.jpg
…届いたかい?俺の……調べ!!
evol23-91.jpg
パキィィイイイン!!
初春「うわぁぁああああ!?眼鏡がぁぁああああ?!」ガビーン
一方通行「ぎゃァァァアアア!?本体逝ったァァァアアア?!」ガビーン
佐天さん「あ、正気に戻ったんですね」

evol23-92.jpg
カイエン「っ……」
ドナール「どうした、カイエン?」
クレア「…不思議ですね。あなたの今の気持ち、私には分かる気がします」

evol23-93.jpg
カイエン「っ!?」
木原「神話は流された血によって綴られる」
スオミ「まさか!?」
evol23-94.jpg
木原「…未来への神話は、今新たに書き加えられた」
クレア「っ……」グスッ
一方通行「飛ばし過ぎちまったようだなァ」
初春「本当に主人公張ってますねあの人」
佐天さん「まぁ良かったんじゃない?これはこれで(笑)」


第23話感想:本体である眼鏡が砕かれた今、シュレードさんの生存はもはや……orz

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。