ゆるゆり♪♪ 第10話 感想 なかよし | アニメとゲームな日常

ゆるゆり♪♪ 第10話 感想 なかよし

おっかりーん
\オッカリ~ン/
オカリン「は~い」ピース

オカリン「シュタイn…じゃなかった、ゆるゆり!」バババッ

鳳凰院凶真
オカリン「始まるぞッ!!」シャキーン!!

yuri2-10-49.jpg
向日葵「こんにちは~」
撫子「は~い…あ、ひま子」
向日葵「櫻子います?」
撫子「さっき出かけて行ったけど、多分すぐ帰ってくるよ」
まゆり「あれ~?オカリンどこ行ったのかなぁ?」
紅莉栖「さぁ?厨二病に疲れてドクペでも買いに行ったんじゃない?」
ダル「そんなことより『ゆるゆり』楽しむんだお」

yuri2-10-51.jpg
向日葵「すみません、お邪魔してしまって」
撫子「いいっていいって。好きに寛いでよ。何飲む?お茶と牛乳とオレンジジュース」
向日葵「あ、じゃあお茶いただきますわ」
yuri2-10-52.jpg
撫子「…ああ、ごめん、お茶無かった。オレンジでいい?」
向日葵「あ、はい」
紅莉栖「大室家だっけ、日本じゃなかなか立派な家よね」
ダル「そしてお嬢様口調な向日葵たんがアパート暮らしというギャップ萌えな件」フヒヒ

yuri2-10-53.jpg
\とりゃァ!/\ドカッ!バキッ!!/
\とりゃァ!/\ドカッ!バキッ!!/

向日葵「ん?」
撫子「あぁ電話だ。出てもいい?」
向日葵「ええ、お気遣いなく(汗)」(何、この着信音…)
まゆり「そんなに変な着信音かなぁ~?」
紅莉栖「ま、人それぞれってことよね。ちなみにまゆりは今、どんな着信にしてるの?」
まゆり「これなのです☆」\トゥットゥル~☆/

yuri2-10-54.jpg
撫子「…はいはい?うん、え、嘘?ファンデ忘れたって?」ピッ
yuri2-10-55.jpg
撫子「最後どこで使ったか覚えてる?…洗面台の横ね、分かった、探しとく」
yuri2-10-56.jpg
撫子「明日学校持って行くから。うん…ううん、泊まりに来てくれて嬉しかった。色々話せたし、久しぶりに二人きりだったし」
向日葵(学校のお友達かしら?)チュー
撫子「…ちょっとそれ言わないでよ、恥ずかしいな」
yuri2-10-57.jpg
撫子「…だって布団、一緒だったしさ」
向日葵「ぶふぉ!?」ブバー
紅莉栖「自重しろHENTAI!!」
ダル「まだ何も言ってないお…(´;ω;`)ブワッ」

yuri2-10-58.jpg
向日葵「!?!??!!?」プルプル
撫子「やだ、照れてたのはそっちでしょ?…やわらかとか言うな」
向日葵(どういうご関係!?)ガクガク
櫻子「ただいま~!」ガチャッ
ダル「これでハッキリしたお。撫子たんは百合」
紅莉栖「正確には撫子"も"ね…」
まゆり「夢が広がりんぐなのです☆」

yuri2-10-60.jpg
向日葵「おかえりなさい」
櫻子「あれぇ?家間違えた!?」ガーン

yuri2-10-61.jpg
櫻子「姉ちゃん電話中か」
向日葵「…櫻子」ヒソヒソ

yuri2-10-62.jpg
向日葵「撫子さんて、その、彼女さんとか…?」
櫻子「ん!?オレンジの匂い!!」クンクン

yuri2-10-63.jpg
櫻子「向日葵!私のオレンジジュース飲んだなぁ!」
向日葵「…やっぱりいいですわ」
櫻子「楽しみにしてたのにぃ!!」プンスカ
紅莉栖「たしかこの二人もカップリングなのよね?」
まゆり「そうだよ~。幼馴染の腐れ縁、まるでまゆしぃとオカリンみたいな関係なのです!」

yuri2-10-64.jpg
向日葵「だって知りませんでしたもの」
櫻子「…しようがない、牛乳飲もっと!」プンプン
yuri2-10-65.jpg
櫻子「お詫びに私の宿題やっていけ!」ビシッ
向日葵「教えてあげますから、早く済ませましょう」
紅莉栖「この子っていつも上から目線よね。ちょっと苦手だわ」
ダル「どの口がおっしゃる…(汗)」

yuri2-10-66.jpg
櫻子「持ってきたぞ~♪」
撫子(宿題やるのか…)

yuri2-10-67.jpg
櫻子「む!ちょっとなんで隣だよ?こっちいけばいいじゃん!」アッチイケ
向日葵「私も好きで隣に座ったんじゃありませんわ!こうしないと教科書が読みづらいでしょう!」
yuri2-10-68.jpg
櫻子「じゃあもう逆にしてあげるから…」クルッ
教科書「なんという逆転の発想」
向日葵「それじゃあ櫻子が見づらいじゃないの」
櫻子「我侭だな~も~」
向日葵「どっちがよ…」

yuri2-10-69.jpg
櫻子「じゃあこう」クルッ
牛乳「よぅ」
教科書「あ、ども」

yuri2-10-70.jpg
櫻子「……」
向日葵「……」

\首が痛い/
紅莉栖「彼女、馬鹿なのね…」
まゆり「違うよぉ、ちょっと頭が弱いだけなのです☆」
ダル「だがそこがいい。櫻子、かわいいよ櫻子…」ハァハァ

yuri2-10-71.jpg
向日葵「ほら、次ここ。だから、この場合は副詞の位置を変えて…」
yuri2-10-73.jpg
櫻子「プハァー!滲みる~♪」ウメェ
向日葵「聞きなさいよ!!」プンスカ
yuri2-10-74.jpg
櫻子「も~聞いてるってば。ツクシがなんだって?」
向日葵「ほら聞いてない!」
ダル「あぁ…!櫻子たん!櫻子たん!」チュッチュ
紅莉栖「だから自重しろと言ってるだろ!」
まゆり「……」

yuri2-10-75.jpg
ひまわり『かんじよめないね』
yuri2-10-76.jpg
さくらこ『おねーちゃんおしえて』
yuri2-10-77.jpg
撫子『ここ、名前書く所』
ひまわり『ありがとう』
ダル「うっはwwwまさかのロリ櫻子たんと向日葵たんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!」
紅莉栖「あぁもう!うるさいってば!」
まゆり「……」

yuri2-10-78.jpg
撫子『お母さ~ん!これどうしたの?』
大室母『婚姻届け、箪笥掃除してたら出てきたからあげたのよ』
撫子『ふ~ん』
紅莉栖「も、もう…親への紹介もまだなのに、岡部ったら気が早すぎなのよ///」クネクネ
ダル「牧瀬氏も人のこと言えない件」
まゆり「……」

yuri2-10-79.jpg
撫子『こっちが妻で』スッ
yuri2-10-80.jpg
撫子『こっちが夫だよ』スッ
yuri2-10-81.jpg
さくらこ『つまがいい!』
yuri2-10-82.jpg
ひまわり『つまがいい!』アセアセ
撫子『じゃんけんしたらいいよ。勝った方が妻』
ダル「あ~もう辛抱たまらん!僕のこの手が光って唸るぉ!!」ムッハー
まゆり「ねーねーダル君?」
紅莉栖「っ!?」ゾクッ
ダル「ん?どしたんまゆ氏?」

yuri2-10-83.jpg
さいしょはグー!じゃんけん…
yuri2-10-84.jpg
ぽん!
紅莉栖「あ…向日葵ちゃん負けちゃったわね……」
まゆり「まゆしぃはあまり"そういう"目でこのアニメを見てほしくないのです」
ダル「ん?でもこれ百合モノだお?むしろ"そういう"層を狙ってると思われ」

yuri2-10-85.jpg
ひまわり『うえぇぇぇん…おっといやぁぁぁああ』エーン
yuri2-10-86.jpg
ひまわり『いやぁぁああああ…』エーン
撫子『あらら…(汗)』
さくらこ『ひまちゃんかわいそう…』シュン
紅莉栖「櫻子も小さい頃は向日葵に優しかったのね…それがどうしてああなった(汗)」
ダル「現に今も女の子同士で婚姻届けだお?これをオカズにせずしてなんとすr」
まゆり「それ以上言うとまゆしぃはダル君の太股を破壊しなければならなくなるのです♪」
ダル「えっ」
紅莉栖「えっ」

yuri2-10-87.jpg
さくらこ『ん!そ~だ!!』ピコーン!!
yuri2-10-88.jpg
さくらこ『ひまちゃん!つまのところかいていいよ!』
ひまわり『え…でもぉ……』グスッ

yuri2-10-89.jpg
さくらこ『だいじょ~ぶ!こうすれば…ふたりともつま!』
ひまわり『さーちゃんありがとう…』パァー
まゆり「別に一人で観て楽しむだけなら問題ないよぉ?でもまゆしぃや紅莉栖ちゃんのいる前でそういうことを口に出されると、なんだか胸の辺りがザワザワ~ってするのです」
ダル「あ、はい…えっと……」
紅莉栖(あぁ…櫻子ちゃんと向日葵ちゃんが気になる…でも……)オロオロ

yuri2-10-90.jpg
さくらこ『ねーちゃん、ここは?』
撫子『ここが住所で、ここがお仕事』スッ

yuri2-10-91.jpg
撫子(他は難しくて分からん…)
ひまわり『おしごと?』
撫子『う~ん、将来なりたいモノでも書いといたら?』
さくらこ『分かった!』

yuri2-10-92.jpg
紅莉栖「何故に殿…(汗)」

yuri2-10-93.jpg
ダル「ひ、向日葵たんはお菓子屋さんかお…。そういえば楓たんにご飯作ってあげたりしてるし、割と夢が叶いそう…」チラッ
まゆり「そうだね~。ん~まゆしぃも高校卒業したらどうしようかなぁ」
ダル(ほっ…)

yuri2-10-94.jpg
ひまわり『けっこんしたら、まいにちおかしつくってあげるね!』
さくらこ『ほんとぉ!?』
ひまわり『うん!』
撫子『櫻子は、ひまちゃんに何してあげるの?』
さくらこ『うんとね…じゃあ!おかしまいにちたべるー!』

yuri2-10-95.jpg
ひまわり『うんとおいしいのつくるね♪』
さくらこ『ひまちゃんだいすき~♪』ギュッ
ひまわり『えへへへへ♪』
紅莉栖「マズイわね…これ橋田じゃなくても萌え死にそうになる…」キュン
まゆり「かわいいは正義なのです!だから紅莉栖ちゃんも正義なのです☆」
紅莉栖「ふぇっ?!」

yuri2-10-96.jpg
撫子「あんた達、昔は仲良かったのに…」
櫻子「良くないもん…!!」ギュー
向日葵「良くないですわ…!!」ギュー
紅莉栖「それがどうしてこうなった…」
ダル「喧嘩するほど仲が良いって見本だお。それによく見たら櫻子たんのおててが向日葵たんのおっぱいを掴んでて辛抱たまらn…あっ!?」
まゆり「Too True!!!」ズァッ!!!

yuri2-10-97.jpg
向日葵「いつも私の給食のオカズを盗ってくのは何処の誰よ!!」
yuri2-10-98.jpg
櫻子「誰だよぉ!!」プンスカ!!
向日葵「いや、あなたでしょうに!!」プンスカ!!
まっちょしぃ「……」ゴゴゴ…
ダル「あ…あ、あぁ……」ガクガク
紅莉栖「ま、まゆり……!?」ガクガク

yuri2-10-99.jpg
櫻子「…あー、もうやる気無くなったぁ」ヘタン
向日葵「ちょっと、終わらないじゃありませんの!」
櫻子「無くなったモンは無くなったぁ!」ブーブー

yuri2-10-100.jpg
向日葵「…っん!まったく、お菓子作ったからせっかくお裾分けに来ましたのに」ボソッ
櫻子「何!?早く食べよう!!」フッカツ!!
まっちょしぃ「まゆしぃは悲しいのです。まゆしぃも紅莉栖ちゃんも、ただ普通にこのアニメを見たいだけなのに…」ゴゴゴ…
ダル「」ガクガクガクガク
紅莉栖「あれ…おかしいわね、まゆりが身長2m越えの巨漢に見えるわ…こんなこと、肉体の構造上ありえないハズなのに…疲れてるのかしら…」ゴシゴシ

yuri2-10-101.jpg
撫子「……」
向日葵「宿題終わったら食べていいですわよ?」
櫻子「えー…ちなみに何作ったの?」
     σ   λ
     ~~~~ 
    / ´・ω・)   <ダル君♪ダル君~♪
 _, ‐'´  \  / `ー、_ あそこにゲルバナがあるでしょ~?
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/



       _
     σ   λ
     ~~~~ 
    /´・ω・ )   <数分後の貴様の姿だ
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/

ダル「」

yuri2-10-102.jpg
向日葵「マドレーヌですわ」
櫻子「やったぁ!マドレーヌぅ♪」ワーイ
撫子(なんだ、全然変わってないじゃん)
パァァァァアアアアンッッッ!!!
アッーーーーーーー!!!

yuri2-10-103.jpg
撫子「ふあぁ…さすが婚姻届を交わした仲なだけあるね」
さくひま「「…婚姻届?」」
紅莉栖「…二人共可愛いわねぇ(遠い目)」

yuri2-10-104.jpg
千歳「ただいま~。京都のお土産買ってきたで~」ガラッ
オカリン「フゥーハハハ!鳳凰院凶真、ただいま戦場より帰還したぞ!!」ガチャッ
ダル「」チーン
オカリン「……(汗)」

yuri2-10-105.jpg
向日葵「ぐぬぬ…!!」ギュー
櫻子「ぐぬぬ…!!」ギュー

綾乃「…何だか帰ってきたって気がするわ~」
千歳「ほんまやな~」
yuri2-10-106.jpg
綾乃「私達の居ない間に、何か困ったことは無かった?」
ひまさく「「ぐぬぬ…!!」」←聞いちゃいない
紅莉栖「あ、岡部帰ったんだ。おかえり」
オカリン「あ、あぁ…それより助手よ、一つ聞きたいのだが…」
紅莉栖「助手じゃねーし!…ってまぁ、アンタが聞きたいことが何なのか、察しはつくけど…」

yuri2-10-107.jpg
綾乃「はい!お土産♪…ん?」
yuri2-10-108.jpg
綾乃「……あれ?」
木刀「これが運命石の扉の選択だッ!!」
     σ   λ
     ~~~~ 
    /´・ω・ )   <あ、オカリンだ~おかえリン♪
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/
オカリン「……」
紅莉栖「…どう?他に何か説明がいる?」
オカリン「いや……。もしもし、俺だ。…あぁ、厄介な事になった。どうやら機関が本格的に動き出したらしい。…大丈夫だ、必ず戻る。……エル・プサイ・コングルゥ」ケイタイヲミミニアテル
ダル「」チーン

第10話感想:さくひま可愛い!可愛いは正義!しかしこれいったいどういうことなんだ…?

yuri2-5-10.jpg
\ぺた~ん/
これが…

yuri2-1-101.jpg
\ぼい~ん/
将来はこうなる

\夢が広がりまくりんぐだな/

第10.48596話感想はこちら

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

ゆるゆり♪♪ 第10話 「修学旅行R」
ゆるゆり♪♪ vol.1 (なもり先生描き下ろし150mmデ缶バッジ×2(あかり、ちなつ)&すぺしゃるなさうんどCD(「Miracle Duet」ほか収録)&大抽選会「ゆるゆりんぴっく」参加応募はがき付き) (初回限
ゆるゆり♪♪ 第10話「修学旅行R」
ゆるゆり♪♪みゅ~じっく05 「ない・ない・ナイアガラ! 」(歌:杉浦綾乃/CV:藤田咲)(2012/08/29)杉浦綾乃 (CV:藤田咲)商品詳細を見る  修学旅行回ですが、実質的にはヒマサク回でありました。...
◎ゆるゆり♪♪第10話「修学旅行R」
@:アッカリーンアカリ:はーい。→全員透明にДバス→修学旅行キョウコ:いざというときのために。←カナヅチとヒモアヤノ:浮かれすぎよ。チトセ:楽しみやね。アヤノ:全然楽...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。