中二病でも恋がしたい! 第4話 感想 モリサマー | アニメとゲームな日常

中二病でも恋がしたい! 第4話 感想 モリサマー

厨二4 (1)
森夏『私、富樫君の同好会入ろうかと思って、今入部届け出してきた♪』
結局俺は、六花のあの同好会に入っていた。もちろん、中二病が恋しいとか、あの部に魅力があるとかではない。ただ…あの言葉を放っておけなかったんだ。『富樫君の』そう言ったんだ、あの子は。

今明かされるモリサマーの真実!

厨二4 (2)
勇太「日曜?」
森夏「うん。忙しかったらいつでもいいんだけど…ね、ダメ?」
勇太「ああ、いや、あ~でも、俺ん家何もないし…何で急に?」

厨二4 (3)
森夏「何でって…二人で話したいなって思っただけ♪」ニコッ
私だ。壁殴り代行半日コースで頼む。代金は弾ましてもらう(激怒)

厨二4 (4)
勇太「…いくらなんでも変だ。パラメーターをこつこつ上げたわけでも、特殊イベントが発生したわけでもないのに…こんなイベントが発生しているということは…」ピコピコ
厨二4 (5)
勇太「通常BAD END…しかしこれは現実なんだ!」
厨二4 (6)
六花「話は聞かせてもらった!」キリッ
勇太「どぅわ!? いつからそこに居た?!」ビックゥ
六花「探索したが、不可視境界線に関する情報は皆無、残念」
また不法侵入されとるんけ…(汗)

厨二4 (7)
六花「出てきたのは、書物が一冊」ドンッ
厨二4 (8)
\パーン/
あかんww勇太はん違う意味で死んでしまうwww

厨二4 (10)
六花「………///」カァー
勇太「」
六花たんはまだ読んじゃいけません!

厨二4 (11)
六花「人間世界に毒されたか…///」ドキドキ
勇太「…申し訳ありません///」ドキドキ
キュートな笑顔いっぱいのDVDは盤購入特典で付きますかね?

厨二4 (12)
勇太「なぁ六花、良いモノ見せてやる」ペラッ
六花「いいもの?」
名前で呼んでるだと!? いつの間に進展したというのだΣ( ̄□ ̄;)!?

厨二4 (13)
勇太「ああ。俺が中学の頃に見つけた、異世界に行く方法だ」
六花「なっ!?」パァー!!
厨二4 (14)
勇太「いいか? 少し遠いが、これに従えばこの世とあっちの世界を結ぶ特異点に到達出来る」
厨二4 (15)
勇太「どうだ? 興味が湧かないか?!」
六花「おぉ……特異点!!」キラキラ
六花たんチョロ杉ワロタwww

厨二4 (16)
凸「午後四時に向こうの世界とこちらの世界の秒針が重なる…!」
厨二4 (17)
凸「その時に駅から13番目の高圧鉄塔の影が指し示す場所に行けば」
六花「……」

厨二4 (18)
六花「後四時間、急ごう」トテトテ
凸「あ~楽しみデス! 凸守は異世界でカレーが食べたいデ~ス!」トテトテ
勇太(まさか闇ノートがこんな活躍をするとはな…)

元厨二病だからこそ可能な対処法だなwww

厨二4 (19)
森夏「は~へ~綺麗にしてるんだぁ」
勇太「そ、そうかな…」エヘヘ
にゃろう…家に六花たん意外の女連れ込むたァてえした度胸じゃねェか、あアン?

厨二4 (20)
勇太「おお、お茶淹れてくるね…」ドキドキ
森夏「……」
森夏行動開始!

厨二4 (21)
勇太(かぁ…はぁ…間が持たねぇ……)ドキドキ
厨二4 (22)
勇太(しかし、ここで先走っちゃダメだ…中学の時みたいに、勝手に一人で盛り上がってだなぁ!)
厨二4 (23)
ダークフレイムマスター『前世での出会いと、未来の君を思いながら、このメールにありったけの魔力を込めて送る』
厨二4 (24)
ダークフレイムマスター『ラブユーフォーエバー』キリッ
勇太「死ね! 死ねェ! 死んでくれッ!! あの時の俺ぇぇええエエエ!!!」ガンガンガンガンガン
痛たたたたたたたたたたたた!!!

厨二4 (25)
\ドッスーン/
勇太「…何だ?」
厨二4 (26)
勇太「何かあったn」ガララ
森夏「ッ!!」ササッ
厨二4 (27)
森夏「アハ、トガシクンドウシタノ?」カタカタカタカタ
勇太「えっとぉ…」
部屋の惨状なんとかせんと正座したところで意味ねぇだろ(´Д`;)

厨二4 (29)
勇太(何だったんだ今のは…)コソコソ
厨二4 (30)
森夏「も~う! どこにあるのよ~!?」ポイポイ
勇太(ちょ、ちょっと何やってんスか!?)ガーン
もうちょっとこっそり出来んのか森夏ちゃんよォ…(汗)

厨二4 (31)
森夏「ん? これは…ひょっとしてこの中に…」
勇太「ちょちょちょちょちょ…!?」
厨二4 (32)
勇太「それはダメだぁぁぁあああアアア!!!」ピョーン
森夏「!?」ビクッ
既にお札自体が厨二臭いよッ! 開ける前から手遅れだよッ!!

厨二4 (34)
勇太「え~とたしか…ああ、あったあった。結構重いんだよなぁこれ」
森夏「……」ジー

厨二4 (35)
森夏「ッ!!」スカッ
勇太「っ!?」ヒョイ

厨二4 (36)
勇太「……私は記憶は失われていますが、500年に渡り生きてきた」
厨二4 (37)
勇太「この世界に現存する本物の魔術師…」
森夏「」ピクッ
勇太「その私が記す精霊に導かれし物語。そう、我が名は…」

厨二4 (38)
勇太「モリサマー」
厨二4 (39)
森夏「やめてぇぇぇえエエ! それは!! それは聞きたくないのぉぉぉおオオオ!!!」ギャー!!!
ああ…やっぱりお前もか……w

厨二4 (40)
勇太「この世界には白い世界と黒い世界があることは、皆さんもご存知かと思いますが…」
森夏「あぁぁあああああぁあぁああああぁああア゛ア゛ア゛!!!」ガクガクガクガク
厨二4 (41)
森夏「恥ずかし恥ずかし恥ずかし恥ずかし恥ずかし恥ずかし恥ずかし…!!!」ゴロゴロゴロゴロ
勇太(この反応…)ウワァ…
厨二4 (42)
勇太「待てよ?…丹生谷森夏……」
厨二4 (43)
勇太「森夏……もり、さまー?」
厨二4 (44)
勇太「モリサマー!!!」パンパカパーン
予想通りすぎて逆に面白いwww

厨二4 (45)
森夏「ふふ…へ、変な文章ね…」ガクガク
厨二4 (46)
森夏「こンなの誰が書いたのかしらぁぁぁああアアア!!!」ビリリリ!!!
マビノギオン「ぎゃぁぁぁああああアアア!?」

あなたです。

厨二4 (47)
六花「今から時空の扉を開く」
凸「オーケイマスター!」
六花「これはとっても危険な作業!」
凸「心得ているデス!」
一方その頃、真性の厨二病患者二人はなんか可愛い儀式を行っていた。

厨二4 (48)
森夏「笑っちゃうよね…ネットのログを消して消して消しまくったハズなのに…まさかプリントアウトして持っていたなんて…」ズーン
勇太「あ、いや…でも丹生谷がそんなの書いてたなんて意外…」
森夏「わざわざ同じ中学の人がいない高校を選んで、あの暗黒を全て消し去って新たなスタート切ったところだったのに…」ズーン
厨二4 (49)
モリサマー「いい? 誰かに喋ったら呪い殺すわよ!」
勇太(キャラ変わりすぎだろォ!!)
全く同じ境遇…いつしか親近感が恋心へと転じて…これは終盤で泥沼の三角関係になる悪寒だな!

厨二4 (52)
森夏「これでやっと過去から解放されるワケだ…」
厨二4 (53)
凸「な、なんという熱!? 摂氏二億五千度は突破しているデス!!」
六花「凸守耐えて! 私の詠唱が終わるまで!!」
勇太「お前等もう戻ってきたのか」
森夏「ふふっ…(汗)」
そんなワケに行くハズもなかったwww

厨二4 (54)
凸「せっかくここまで来たので、マビノギオンを引き取りにきたのデ~ス」
勇太「え? あ、あぁ…」
凸「さぁ! 早く返すデス! どこにあるデ~スか?」

厨二4 (55)
勇太「…ここだ」
凸「なっ!?」ガーン
勇太「すっかり灰になっちまった…」
森夏「残念だったわね! これで未来永劫、記録は全て失われたわ!」
理由が理由とはいえ、ひとさまのモノを焼き払うとか色々法的にヤバイ気がするのだがな(汗)

厨二4 (56)
凸「な、なんてことを…こな、こんなことって…」シクシク
勇太「お、おい…大丈夫か?」オロオロ
凸「うぅ…凸守、大事な……」シクシク
森夏「えと…(汗)」
凸「……げふぅw」
勇太「げふ?」

厨二4 (57)
凸「げふふふふ~♪ 心配無用デ~ス! こんなこともあろうかと、きちんとコピーをとっておいたの」
厨二4 (58)
凸「デスよ♪」テヘペロ☆
森夏「ッ!?」ガーン
モリサマーどんまいwww

厨二4 (59)
凸「モリサマーは偉大な存在なのデス! 質問箱に書いた平行世界についての質問に」
厨二4 (60)
厨二4 (61)
凸「マスターと共に答えてくれた偉大なる魔術師デスよッ!!」
yahoo質問箱凄ぇな…こんな厨二も常駐してんのか。

厨二4 (62)
凸「その言葉は危険と判断され、国家機関に消去されましたが、凸守が必ずその伝承者としt」ペラペラクドクド
厨二4 (63)
森夏「自分で消したのよ…耐え切れなくなってね」ガシッ
凸「お、お前は何者デス!?」

厨二4 (64)
モリサマー「モリサマーよ。いい? アレを書いたのは私、アンタの質問に答えたのも一年前の私。さぁ、書いた本人にあなたのマビノギオンを出しなさい」ゴゴゴ…
凸「フッw 馬鹿言うなデスww」
厨二4 (65)
凸「お前のような腐れ一般人がモリサマーなワケ無いデスwww」
厨二4 (66)
モリサマー「誰が腐れ一般人よォ!!!」ゴッチーン☆
凸「ッ!?」

勇太「おい丹生谷!!」
厨二4 (67)
森夏「ぐふぅ…なんて石頭なのぉ……」ズキズキ
凸「モリサマーを名乗った罰デス!」フンス!
伊達におでこ全開じゃないってことか…奴の石頭こそ本物のミョルニルなんじゃなかろうか(´Д`;)

厨二4 (68)
凸「今後一切その名を口にするなデス! そうすれば、命だけは助けてやるデス!!」
六花「凸守は本気」

厨坊に完敗する高校生の図。なんとも憐れなw

厨二4 (69)
モリサマー「天と地に宿りし精霊達よ…その祝福を以て我に力を与えたまえ。凸守早苗に不幸が訪れますように…凸守早苗に不幸が訪れますようにィ!」ゴゴゴ…
厨二4 (70)
勇太「あのぅ…丹生谷?」
モリサマー「あぁぁアア!! 100回続けて言わなきゃ効果無いのよこれェ!!」ウガー
厨二4 (71)
勇太「あ、いや~気にしないならいいんだけど、それ昔の自分に戻ってないか?」
森夏「」ガーン
完全に勇太の女verじゃないかこれwww

厨二4 (72)
森夏「くっ…私、無意識の内に再び中二病をォ…! そう、あの頃の私は…」ガクガク
モリサマー『…ウフフ♪』
厨二4 (73)
モリサマー『また精霊が囁いているわ♪』
手遅れだぁああアアΣ( ̄□ ̄;)!!

森夏「死ねェ! 死ねッ!! あの頃の私死んでくれぇぇええエエエ!! 死ねぇぇえエエエアアアアアアア゛ア゛!!!」ガンガンガンガンガン!!!
勇太「やめろ丹生谷! 地面に罪はない!」
ツッコミ所はそこじゃねェwww

厨二4 (74)
勇太「でも、気持ちは分かるよ…実は俺もほら、中二病だったから」
森夏「えっ?」
勇太「なんか、ゲームとかアニメとか見ると夢中になりすぎる所とかあってさ。そのキャラになりきって、俺には闇の力があるとか思ってて。ダークフレイムマスター! なんてね」
森夏「そうだったんだぁ!」
厨二4 (75)
森夏「さぶっ」ヒクワー
勇太「えぇぇえええエエエ!?」ガビーン
ですよねー。

厨二4 (76)
凸「ん? なんデ~スか?」
厨二4 (77)
モリサマー「あなたの試させてもらうわ!」クルクル
凸「お前も懲りない奴デ~スねぇ♪」
モリサマー「そうやって強がっていられるのも…」

厨二4 (78)
モリサマー「今のうちよォ!!」ブンッ
凸「……」
案の定届いてねェwww

厨二4 (79)
モリサマー「……」
凸「……」トテトテ

厨二4 (80)
凸「……」マキマキ
厨二4 (81)
凸「うぅっ!? 少しはやるようデスね!!」
ェエエ(´д`)エエェ

厨二4 (82)
モリサマー(たしかに富樫君の言った通りのようね…)
勇太『つまり、アイツが妄想してる厨ニ病世界で丹生谷が凄い奴だと思わせればいいんだ!』

いや、夜も更けた公道のど真ん中で、まるで当たり前のようにチアの格好してる時点で十分凄いからね!?

厨二4 (83)
モリサマー「爆ぜろリアル! 弾けろシナプス!!」
厨二4 (84)
モリサマー「バニッシュメント…」
厨二4 (85)
\ディス・ワールド/
さすが元厨ニ病。全く違和感なく発動してくれやがりますぜ(`・ω・´)

厨二4 (86)
モリサマー「行くわよ、厨坊ッ!!」ガショーン!!
厨二4 (87)
凸「少しはやるようデスね♪」パァー!!
厨二4 (88)
凸「ミョルニル・トルネェェエエエエ!!」グルグル
厨二4 (89)
凸「ドォッ!!!」ブンッ!!!
モリサマー「ッ!!」シュタッ!!

厨二4 (90)
モリサマー「ジン・ブリューナクッ!!!」バババシューン!!!
それにしてもこのチアガール、ノリノリである。

厨二4 (91)
\バゴォォォオオオン/
厨二4 (92)
凸「いくらやっても無駄デス! あなたはモリサマーではないデース!!」
モリサマー「だから私だって…!!」

厨二4 (93)
凸「モリサマーは言っていたのデス! 『愛こそ全てです』と!!」
モリサマー「ッ!?」ピクッ

あぁ…モリサマーに謎の精神的ダメージがwww

厨二4 (94)
凸「『精霊を見るには正しき心が必要です』と!!」
モリサマー「」ガクガク

厨二4 (95)
凸「現代まで生き延びた、世界で唯一の魔術師! その悲しさ! 虚しさ!」
モリサマー「」ガクガクガクガクガク
厨二4 (96)
凸「全てを背負って私は生きt」
森夏「嫌ぁぁぁぁあああアアアア!!!」

厨二4 (97)
森夏「もうやめてぇぇえええエエエ!!!」
凸「フッフッフ…やはりモリサマーの言葉に、その腐れきった心が浄化されているデスね! この偽者ぉ!」
森夏「聞きたくないぃぃぃいいいイイ! 思い出させないでぇぇえええエエ!!」
勇太(やはり真性に元厨ニ病が挑んでもダメだったか…)
多分ダークフレイムマスターなら瞬殺出来るんだろうな、たぶん。

厨二4 (99)
森夏「もうやめてぇぇぇええええエエエ(泣)」

第4話感想:あれ…これもしかして、モリサマーが一番痛い厨ニなんじゃね…? それはともかく、現状5人中4人が厨ニ病と発覚したワケだが、この流れからしてまさかくみん先輩も…!?

厨二4 (100)
やめなさいッ!!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
他人の部屋を豪快に家探しするモリサマー丹生谷さん…
相当追い詰められてたんでしょうね(^^;;)

>名前で呼んでるだと!?
言われてみれば…!
あまりに自然だったのでスルーしちゃってましたw
前回のお弁当の「あーん」といい、この二人どんどん親密になっていきますね…(^^)

>まさかくみん先輩も…!?
いや~あの人は100%天然だと思います…(^^;)
Re: No title
taraさんコメントありがとデス!

> 他人の部屋を豪快に家探しするモリサマー丹生谷さん…
> 相当追い詰められてたんでしょうね(^^;;)
これでマビノギオンじゃなくダークフレイムマスターの聖典(性的な)が出てきたらどうなっていたことか…(滝汗)

> >名前で呼んでるだと!?
> 言われてみれば…!
> あまりに自然だったのでスルーしちゃってましたw
> 前回のお弁当の「あーん」といい、この二人どんどん親密になっていきますね…(^^)
そろそろ魔力の変わりに勇太分を補給しそうな立花たんから目が離せませんッ!!

> >まさかくみん先輩も…!?
> いや~あの人は100%天然だと思います…(^^;)
恐らく普段は"寝ている状態"なのかと。そう、彼女が枕を取り出し、そっと夢の世界へと旅立つことにより、真の覚醒が始まる…部員はまだ赤い眼を持つ彼女の本当の姿『紅眠』を知らないだけなのだ!

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

中二病でも恋がしたい! 第4話 『痛恨の...闇聖典(マビノギオン)』 森 夏 が は っ ち ゃ け た。
やはり森夏はモリサマーだった!富樫くんの同好会に入れて!今度の日曜日、遊びに行って良いかな?非公式人気投票第一位、文字通りクラス一の美少女にこんな事言われたら舞い上がる...
アニメ感想 『中二病でも恋がしたい!』Episode IV 「痛恨の・・・闇聖典(マビノギオン)」
『中二病でも恋がしたい!』第4話は人間関係が色々と進展(^^) メインキャラそれぞれの立ち位置がはっきりしてきたことで、ますます面白くなってきました♪
中二病でも恋がしたい!〜第4話感想〜
「痛恨の…闇聖典(マビノギオン)」 ついに六花が設立した極東魔術昼寝結社部が本格的に活動を開始。 さっそく魔法陣などを作り、魔術を行う。 そこに、丹生谷がやってきた
中二病でも恋がしたい! 第4話「痛恨の…闇聖典(マビノギオン)」感想
「黄昏よりも昏きもの 血の流れより紅きもの・・・ハァァ」 ようやく同好会の創設にこぎつけた六花と勇太の『極東魔術昼寝結社』。 そんな中、『丹生谷 森夏』は他に誰も入ろうと
中二病でも恋がしたい! Episode IV
『中二病でも恋がしたい!』の第4話は、森夏が本性を現し…勇太と同じ恥ずかしい過去が明かされますwww
中二病でも恋がしたい! Episode IV「痛恨の…闇聖典」
 我がOld Dancer's BLOGは、永遠に破滅です!(究極超人あ~るのパク…オマージュ)  …いや、今話の中でね、森夏が自分の黒歴史HPを全部削除したーて話があったじゃないですか。消す
◎中二病でも恋がしたい!第4話「痛恨の…闇...
〓テスト勇太;さっぱり判らん、ミブタニが入る理由がさっぱりわからん。意味がわからん;まさか、魔術に興味がある、昼寝に興味がある、それとも本当に∥シンカ:知りたい?それ...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。