中二病でも恋がしたい! 第7話 感想 これが現実、それが今。 | アニメとゲームな日常

中二病でも恋がしたい! 第7話 感想 これが現実、それが今。

厨ニ7 (36)
六花「…現空間において、私を認識している存在はそれだけ」
あぁ…やっぱり"そういう"意味だったのか……orz

厨ニ7
凸「ダーク・リミテッド・アンノウン・シールド! 装~着ッ!!」スチャーン!!
こんなハイテンションなお話じゃないからなッ!

厨ニ7 (3)
くみん「うわ~! 大きな家だね~!」
☆さん「もしかして小鳥遊さんお金持ち!?」

厨ニ7 (4)
祖母「遠いところよくいらっしゃいました」
森夏「いえいえ、こちらこそ小鳥遊さんにはいつもお世話になってる上に、こんなお誘いまで受けて…本当にご迷惑じゃなかったですか?」
祖母「いいえ♪」

モリサマーさんしっかりしてるなぁw

厨ニ7 (5)
祖母「六花はまだ海賊ごっこ? 流行ってるからねぇ」
祖父「フンッ、少しはまともになったと思ったが…」
祖母「あなた…」

厨ニ7 (6)
六花「婆様、皆にダークブラウンリキッドを…」
…麦茶……かな? それにしてもまぁ、あの祖父と一緒なら出て行きたくもなるわけだ(´д`;)

厨ニ7 (7)
勇太「こっちには、あんまり荷物無いんだな」
六花「……」

厨ニ7 (8)
勇太「ん? なんだそれ?」
六花「不可視境界線の向こうと通信する」
勇太「どこで見つけてきたんだ? よくあったな、そんなモン」
六花「一年前に見つけた。現在の拠点に運ぼうかと思ったが、聖調理人(プリーステス)に拒否された」
勇太「…だろうな」
厨ニ7 (9)
勇太「…どうしたんだよ?」
六花「……なにが?」
勇太「そうだな、お前風に言うとだな…」
これほどテンション低い六花たんだ。勇太でなくても心配になるわ。

厨ニ7 (10)
ダークフレイムマスター「この地に気配を察知しているようだが、何だ?」
六花「…そもそも、ここは私の拠点ではない。むしろ管理局が本部を置く敵の拠点」

ダークフレイムマスターの発現率アゲアゲキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

厨ニ7 (11)
六花「2年前、私はここに連れて来られた。一見何事もない屋敷、しかし、ここには不可視境界線の存在を無効化する結界が張られている。精神攻撃により負荷が増大。だから私は脱出した」
勇太(よく分からないが、何かあったってことか…)

精神攻撃ってのは頑固そうなジジイが原因だろうな。後は謎の不可視境界線だが…ん~?

厨ニ7 (14)
六花「この結界を破るには必要だった。邪王真眼の力が」スッ
十花『いるか?』コンコン

厨ニ7 (15)
勇太『……はい?』
十花「…今年は行くんだろうな?」
六花『……』
行く…どこへだ?

厨ニ7 (16)
十花『…ふう、荷物、ここに置いとくぞ。それから、お前の友達、海に行くそうだ。友達には…あんまり心配かけるなよ』
六花「……」

さァて! 鬱な雰囲気を吹き飛ばそうかァ!!

厨ニ7 (17)
くみん「うわ~♪ モリサマちゃんさすがのセパレートぉ♪」
厨ニ7 (18)
森夏「つーか、アンタのソレは何よ…水着まで真っ白?」
くみん「いや~これしか無くって~似合う…かな?」

厨ニ7 (19)
☆さん「パーフェクトですゥ!!」
くみん「…ありがと~(汗)」
ええい邪魔だ一色! さっさとどかんかッ!!

厨ニ7 (20)
\バッ/
厨ニ7 (21)
\ババッ/
厨ニ7 (22)
\バババッ/
野郎…あの一件以来、完全に惚れやがった…(´д`;)

厨ニ7 (23)
森夏「うゥっとおしぃぃいいい!!」チャキーン☆
厨ニ7 (24)
\ピュッ/
厨ニ7 (25)
☆さん「ぎぁぁああああ!? 目が?! 目に海水がぁぁあああアアア!!!」
ムスカぁぁああああアアア!!!

厨ニ7 (26)
凸「ちゃらちゃちゃ~ん♪ ちゃっちゃら~ん♪ ちゃっちゃら~ん♪ だだだ~ん♪」
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

厨ニ7 (27)
凸「この海には! 怪物クラーケンが潜んでいるデ~ス! 今こそこの海中戦用魔道着の威力を試す時デ~ス」ビシッ
厨ニ7 (28)
凸「刮目するがいいデ~ス!!」トテトテ
六花「あの魔道着を着れば、海中でも通常の3.88倍で動けるようになる」
勇太「うぉッ!?」(ナイスおぱ~い?!)
意外とおぱ~いがデカイ! まさかの六花たんバリボーじゃないか!!

厨ニ7 (29)
凸「あちあちあちあちあちあち…(汗)」アチチ
六花「…3.88倍で動ける」

厨ニ7 (30)
モリサマー「ほ~らほらぁ♪ 早く行きなさ~い?」ガシッ
凸「あちあちあちあちあちあち…(滝汗)」アチチ

厨ニ7 (31)
凸「覚えているデ~スよォ!!」イラアチ
ほんっと仲良いなデコモリサマーw

厨ニ7 (32)
十花「富樫勇太、付き合え」
勇太「…どこに?」

厨ニ7 (33)
十花「…アイツの、父親の処だ」
勇太「……え?」
はい、ドキッ☆水着だらけの厨ニ病パラダイスは終了です。ここから鬱展開始まります…。

厨ニ7 (34)
あぁ……某ブログのコメントでこの予想を書いたけど、まさか本当になろうとは…orz

厨ニ7 (35)
勇太「……」
十花「…ちょうど3年だ。アイツが小さかったこともあって、パパは六花にだけは言わないでほしいと言ってな」
厨ニ7 (36)
十花「だから、六花にとってパパの死は、あまりに突然で、何の前触れもないもので…」
厨ニ7 (37)
十花「そのせいか、アイツは未だにパパの死を認めようとしない。頑なにここに来ることを拒んでいる」
勇太「……お母さんは?」
厨ニ7 (38)
十花「私と六花を、パパの実家に置いて出ていった…」
厨ニ7 (39)
十花「じいちゃんは真面目な性格で、ああいう六花がどうしても受け入れられなくてな」
祖父「……」
十花「私も仕事でここを離れることになって…結局、2年経ってもあのままだ」
六花『私は不可視境界線を見つけなければならない…必ず!』
六花『この結界を破るには必要だった。邪王真眼の力が』

勇太「……」

一番大切なモノを一気に両方とも失っちまったのか…そりゃ現実逃避したくもなるわけだな( ノДT) グスッ

厨ニ7 (40)
勇太「…いるか?」コンコン
六花『…合言葉は?』
勇太「お?……邪王真眼は最強」
六花『……違う』

勇太「違うのかよッ!?」ガーン
ええから話を進めろwww

厨ニ7 (41)
六花『どうやら聖調理人(プリーステス)に精神攻撃を受けた様子。勇太は…勇太ではない』
ダークフレイムマスター「やはりそう思ってたか。安心しろ、これでも一応"元"ダークフレイムマスターだ」キリッ

いあいあ、今でも現役バリバリじゃないですかあなたwww

厨ニ7 (42)
勇太『…いいのか? 不可視境界線を探しに行かなくて』
六花「……!」

厨ニ7 (43)
六花「……ほんとぉ?」ガラッ
厨ニ7 (44)
勇太「…嘘言ってどうする?」
六花「だ、だって、ま、ママもお姉ちゃんもおじいちゃんもおばあちゃんも…」
勇太「だから俺だったんだろ?」
これが六花たんの素か…普通にお姉ちゃんって呼べるんじゃねぇか……。

厨ニ7 (45)
六花「勇太…お、お姉ty…ぷ、聖調理人(プリーステス)はきっと警戒している! 抜け出すのは容易ではない!」
勇太「じゃあやめとくか?」
六花「う、ううん…!!」ブンブン
勇太「…いつ行く?」
厨ニ7 (46)
六花「い、今ぁ!!」ズイ
勇太「うわっ!?」ビクッ

厨ニ7 (47)
勇太「…今?」
六花「うん! 今!」
あーくそ! 素直な六花たんをナデナデしたい(*´д`*)ハァハァ

厨ニ7 (49)
十花「まさかお前が手を貸すとはな。どういうつもりだ?」
勇太「さあ? 自分でもよく分からん」
六花「あ、今のちょっとカッコイイ!」ズキズキ
その後、魔王十花さんとタライトラップに引っかかった六花たんが激戦を繰り広げる中、ダークフレイムマスターは己が真の力を解放し、なんとか戦線から脱出することに成功する。

厨ニ7 (50)
勇太「六花ぁ! 来いッ!!」バッ
厨ニ7 (51)
勇太「来い! 六花ァ!!」
六花「……!!」
厨ニ7 (52)
勇太「跳べぇえええッ!!!」
こりゃ六花たんでなくても惚れるわ(*´д`*)ポッ

厨ニ7 (54)
ええ話やで……( ノДT) グスッ












厨ニ7 (55)
六花「ふゃうっ!?」ポヨーン
勇太「あわわ…」アセアセ
台無しだよッ!!

厨ニ7 (56)
勇太「大丈夫か?」
六花「だいじょうぶ…ラート・ツヴァイ・ヘルブラウのかくしばしょにあんないする…」グスッ
厨ニ7 (57)
十花「余計なことを……」
ほんと、その行動がどのような結果をもたらすかも知らないで…。

厨ニ7 (58)
勇太「どこまで行けばいい?」
六花「後10kmくらい」
勇太「なっ!? そんなに遠いのかぁ?」ゲッソリ
六花「平気、ダークフレイムマスターは最強だから!」
勇太「最強?」
六花「うん…やっぱり最強だった…」

厨ニ7 (59)
六花「ダークフレイムマスター最強だった!」
勇太「だから言うなって言ってんだろ…」
厨ニ7 (60)
勇太「スピード上げるぞ!」
まんざらでもないくせによw

厨ニ7 (61)
六花「とめて」
勇太「ん? 着いたのか?」
六花「うん。私の拠点、パパと皆と共に居た場所」

厨ニ7 (62)
楽しかったあの日の思い出
厨ニ7 (63)
大好きな人達がいつも笑顔で居られたあの場所
厨ニ7 (64)
きっと今もそこにある。私が本当に欲しかったものが











そこに










厨ニ7 (65)
厨ニ7 (66)
六花「……」
勇太「っ……」
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ
 ̄ ̄

厨ニ7 (67)
六花「」
十花「……これが現実だ」

厨ニ7 (68)
六花「」
十花「パパはもう居ない」

厨ニ7 (69)
十花「それが……今だ!
あの笑顔から一転、絶望の淵に叩き落された感がハンパない( ノДT)

厨ニ7 (70)
六花「……っ」ポロポロ
厨ニ7 (71)
六花「…爆ぜろリアル……弾けろっシナプス…」グスッ
厨ニ7 (72)
六花「ばにっしゅめんと……」グスッ
厨ニ7 (73)
六花「ディスっ!」グッ
厨ニ7 (74)
六花「ワールドォ!!」カッ!!
厨ニ7 (75)

第7話感想:いい感じの引き具合。次回が気になってしょうがねェ!!

厨ニ7 (76)
うむ、このぽっちゃり具合がたまらんな!

厨ニ7 (77)
くみん「むにゃ…」スースー
☆さん「ッ!? ほくろぉ!!!」ウオオ!!!
一色ィ! テメェ表出ろァッ!!

厨ニ7 (2)
六花「邪王真眼に……誓って
来週は哀しみにくれる六花たんを慰めてイチャラブ展開ですね、分かります。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
お初です!AGEの頃から見てました~

可愛らしい素の六花と残酷な現実のギャップがキツい、とても見所のある回でした。
しばらく「売地」がトラウマになりそうです・・・

残り五話、勇太と六花の恋愛から目が離せません!ついでに一色と先輩も・・・
Re: No title
> お初です!AGEの頃から見てました~
お~! ありがとうございます! AGEの記事は作る時のテンションのギャップが激しくて…いくつか残念なモノになってたこともありました(汗)
>
> 可愛らしい素の六花と残酷な現実のギャップがキツい、とても見所のある回でした。
あの六花から「お姉ちゃん」という単語が出てきた時は、本当に胸が苦しくなりましたですよ( ノДT)
> しばらく「売地」がトラウマになりそうです・・・
>
> 残り五話、勇太と六花の恋愛から目が離せません!ついでに一色と先輩も・・・
凸ちゃんのことも忘れないであげて><
No title
話の流れで「昔の家はもうないんだろうな…」と察せられてしまっただけに、「売地」の文字が映る直前の六花の笑顔がもう痛々しくて;;
次回でダークフレイムマスターが立ち直らせてくれると信じたいです…(´;ω;`)

「本当ぉ?」から「今!」までの素の六花ちゃんはめちゃくちゃ可愛かったですね(^^)
今後のイチャラブ展開が楽しみです。
Re: No title
taraさんコメントありがっつヽ(´▽`)/

> 話の流れで「昔の家はもうないんだろうな…」と察せられてしまっただけに、「売地」の文字が映る直前の六>花の笑顔がもう痛々しくて;;
これほど残酷な仕打ちもないですよねぇ( ノДT) グスッ

> 次回でダークフレイムマスターが立ち直らせてくれると信じたいです…(´;ω;`)
>
> 「本当ぉ?」から「今!」までの素の六花ちゃんはめちゃくちゃ可愛かったですね(^^)
> 今後のイチャラブ展開が楽しみです。
でもこれで恋が成就しちゃったら話半ばでタイトル変わっちゃいますよね。
『中二病でも恋出来た!』

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

中二病でも恋がしたい! 第7話「追憶の…楽園喪失(パラダイス・ロスト)」感想!
中二病でも恋がしたい! 第7話「追憶の楽園喪失(パラダイス・ロスト)」 夏休みが…来た! 何がびっくりしたって… 一色が普通に混ざってたことにだよ!
中二病でも恋がしたい! 第7話
Episode VII 「追憶の…楽園喪失」 この結界を破るには必要だった …邪王真眼の力が
アニメ感想 『中二病でも恋がしたい!』Episode VII 「追憶の・・・楽園喪失(パラダイス・ロスト)」
『中二病でも恋がしたい!』も話数的に折り返し… これまでとは雰囲気をガラッと変えてきた感のある第7話でした。
中ニ病でも恋がしたい! EpisodeVII「追憶の…楽園喪失」
中ニ病でも恋がしたい!の第7話を見ました。 EpisodeVII 追憶の…楽園喪失 勇太は六花の実家に誠や森夏、くみん、早苗と共に遊びに行くことになった。 しかし、実家に向かう当
中二病でも恋がしたい! 第7話「追憶の…楽園喪失(パラダイス・ロスト)」
京アニ作品ヒロインの宿命と言いますか、六花ちゃんも背負うものがありましたね。 うーん、でも中二病になった理由が痛々しいなあ。 十花さんはなんとかしてやりたいと思い続けて


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。