みなみけ ただいま 第3話 感想 【歓喜】先生と二宮くんが復活! | アニメとゲームな日常

みなみけ ただいま 第3話 感想 【歓喜】先生と二宮くんが復活!

minami3.jpg
\先生♪/\二宮く~ん♪/
この物語は、南家三姉妹はさておき、先生と二宮くんの愛と劣情の行方を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。

minami3 (1)
\先生…/\二宮くん!/\先生♪/
minami3 (2)
\二宮くn\先生~♪/\あれ嘘三宮くん!?/
二宮くん「せん…せい……!?」
まさかの新キャラ登場wwそして先生まさかの浮気疑惑クソワロタwww

minami3 (4)
\……二宮くん/\先生~/\三宮く~ん!/
\先生!/\二宮くん(汗)/\先生~!/\さん、のみや君(苦笑)/
冬馬「あがったぞ~」ホカホカ
千秋「春香姉さま、あがりました」ホカホカ
夏奈「随分早かったなー。ちゃんと洗ったのかー?」
アカンw千秋と冬馬の風呂上りよか先生と二宮君の展開の方が1000倍気になるww

minami3 (5)
\先~生~!/\三宮くーん!/\先生ぇぇえええ?!/
冬馬「風呂なんてワーって入ってガーって洗ってサーってあがるもんだろ? 軽く通過するぐらいで」
minami3 (6)
夏奈「………」
千秋「心配するな、ちゃんと洗ってるぞ」
くそゥ! なんで毎度毎度絶妙な引き際なんだ『先生と二宮くん』はッ!!

minami3 (7)
千秋「冬馬はなんというか…早いんだ」
夏奈「早いのはいいがちゃんと拭けよー。ほら、拭いてやるから」
もっとゆっくりポカポカすればいいのに…。

minami3 (8)
春香「もっとゆっくり入ってもいいのよ?」
冬馬「のぼせちまうしな…そういやウチのナツキが長風呂でさぁ、ドラマ1本分くらい入ってるんだぜ?」ゴシゴシ
春香「へ~そうなんだ!」
minami3 (9)
夏奈「はい、オッケー」
冬馬「サンキュ~♪」
春香「あら、着替えは?」
冬馬「ああ、いいよ。着てきたものまた着りゃあ」
千秋「洗濯中で~す」
冬馬「……えっ?」
千秋「洗濯中で~す」
\(^o^)/

minami3 (10)
春香「あら? 非常用パジャマ無かった?」
千秋「この前冬馬に工作の材料として渡してしまいました」
冬馬「おお! 色々作ってるぞぉ!」グッ
その色々の一つがよもやあんな高度な作品になっていようとは(滝汗)

minami3 (11)
夏奈「着替え持ってきたよー♪」
千秋「……なぜ二着?」
春香「夏奈…それ片っぽ私のよね?」
夏奈「どっちからいく?」ワクワク

minami3 (12)
1着目
minami3 (13)
冬馬「…胸がブカブカだけど」グイグイ
春香「……」ソワソワ

minami3 (14)
冬馬「ケツの辺りもブカブカだぞ」グイグイ
春香「うぅぅ……」ガーン

冬馬「これ春香のか?」
中学の頃から発育が良かっただけだから…(震え声)

minami3 (15)
2着目
minami3 (17)
冬馬「腰がキツイな…胸はちょうどいい」
夏奈「うぅーん!?」グサッ

minami3 (18)
夏奈「」ガックシ
冬馬「こっちは夏奈のかよ」
ひ、引き締まってるだけだから…(震え声)

minami3 (19)
千秋「何がしたいんだお前は……?」
私にも分かりません。

minami3 (20)
冬馬「っ…」ガバッ
minami3 (21)
冬馬「……ジャージでいいから貸してくれよ(汗)」フゥ
脱ぎっぷりも男らしい…(*´д`*)ハァハァ

minami3 (22)
夏奈「いやー世の中には“天然”という人種がございましてね。私の友達に『時間を聞くと泣く女』がいるんだよ!」
千秋「……えっ?」
冬馬「なんだそれ?」
minami3 (23)
夏奈『あ! 今日『今恋』じゃーん』
ケイコ『面白いよねー♪』

minami3 (24)
リコ『えー何それー?』
夏奈『ん?』

リコ:口元のホクロがチャーミングな女の子。藤岡に恋する乙女であり、趣味は藤岡のレア顔収集。しかし肝心の藤岡が夏奈に好意を寄せていることから、恋のライバルである夏奈をウザい糞アマだと思っている。じゃあなんで仲良さそうにしてんの? と疑問に思うかもしれないが、これにはちゃんとした理由がある。リコ曰く「カナと仲良くすれば藤岡君と話すチャンスが増えるから」だそうだ。難しいもんだ。

minami3 (26)
夏奈『……あれ、ミユキー今何時ー?』
ミユキ『ん? えーと今…』ドバババ

minami3 (68)
夏奈『あっ!?』マジデ!?
ミユキ『冷たーい(泣)』
あーあ…。

minami3 (27)
夏奈「ってなことがあってね」
冬馬「つまり、飲み物を持ったまま腕時計を見たのかぁ!?」ヤベェ

minami3 (28)
千秋「そんな……そんなバカ野郎が現実にいるハズがない!」バンナソカナ!
夏奈「本当なんだー! これは夢でも御伽噺でもないんだよー!」
千秋「いるワケがない!」
夏奈「本当だってー!!」
minami3 (29)
冬馬「じゃあ実験してみようぜ!」
千秋「実験?」
夏奈「冬馬は実験とか工作とか大好きだな」
冬馬「ま~な♪」ニシシシ

minami3 (30)
内田「来たよー♪」
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: ::やはりお前か…:::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ


内田ユカ:氏名がちゃんとある『みなみけ』にしては珍しいキャラ。彼女は愛すべき馬鹿っ娘である。ちなみに中の人も馬鹿である。「あたしって、ほんとバカ」的な意味で。ちなみに馬鹿のクセして金にがめつく、五千円札をちらつかせるとフラフラとついてくるようになり、万札を渡すと確実にゲット出来てしまう。故に彼女への誘惑は後を絶たないのである。このロリコン共め!

minami3 (31)
冬馬「内田! 飲み物でもどうぞ!」スッ
内田「う、うん…?」

minami3 (32)
夏奈「内田! 今何時ー?」
内田「えっとぉ今…」ドバババ

minami3 (33)
\うわぁぁぁああああ!?/
なwwwんwwwとwww巧www妙wwwなwww

minami3 (34)
夏奈「というワケで、これで証明されたワケだ! 天然はいるんだよ!」
千秋「」エー
冬馬「」エー

minami3 (35)
夏奈「どうだ千秋! 分かっただろ!」
千秋「内田は特別なバカなので参考にならない」

minami3 (36)
内田(メイド)「ちょっとぉ!? 人の服を水浸しにしといてバカとか酷ーい!!」プンスカ
千秋「あれ? 内田その格好はなんだ?」
内田(メイド)「私が聞きたいよぉ(泣)」
  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

minami3 (37)
夏奈「それは冬馬に作ってもらった非常用メイド服だ。乾くまでそれで」
内田(メイド)「なぜ非常用普段着が無いのですかご主人さまぁ?」シクシク

minami3 (38)
夏奈「ちなみにサイズは小学生のしかないぞー!」
内田(メイド)「私をコキ使う気満々ですねご主人さまぁ(泣)」シクシク
それにしてもこのメイド、ノリノリである。

minami3 (39)
マキ「美味しかった~ありがとう春香♪」
ヒトミ「美味しかったっス~春香先輩♪」
春香「お粗末様でした~♪」ニコッ

マキ:春香のクラスメイトでバレー部に所属する元気ハツラツ女子高生。とってもちっちゃいのでロリコン大歓喜な存在。どれくらいちっちゃいかというと、小学生中学生のマコちゃんにチビ呼ばわりされるくらいちっちゃいらしい。そんなちっちゃなマキであるが、とある『きもちわるい奴』から友達を守るという使命を帯びており、実はこのアニメにおいてかなり重要ポジなキャラだったりする。低確率で寝顔が猫娘になる特殊能力を持つ。

minami3 (40)
マキ「ついつい食べ過ぎちゃったよ~」ゲップ
ヒトミ「マキ先輩、結構食べますよね~。小さいのに」
マキ「そんなに小さくないよ。小の中くらいだよ」マテヤ

ヒトミ:なんやこの微妙な口調…(汗) これでも成長した方である。アニメ初登場は三期二期(『おかわり』も『おかえり』もなかったッ!!)で、そん時はまぁ…(お察しください)。こんなのほほ~んとした感じだが、実は夏奈と同じ中学の出身であり、当時はニ代目番長として君臨していた。ちなみにもう一つの南家の次男、ナツキに惚れており、彼の目を見るだけで何を考えてるか分かってしまうくらい大好きである。

minami3 (41)
春香「マキは手も小さいよね」
マキ「小さくないよ! 指が長いからね!」

minami3 (42)
ヒトミ「それじゃあ手の大きさ比べてみますかぁ?」
マキ「ナマイキな! 私に勝てると思うかぁ?」
むしろその自信はどこから来るんだマキよ(´д`;)

minami3 (43)
\ピタッ/
ヒトミ「大きさほとんど同じっスね~」ググッ
マキ「でも、私の方が細くて綺麗な指だね」ググッ

minami3 (44)
ヒトミ「そんなに細くはないんじゃないっスかね~ッ?」ググッ
マキ「いやぁ…そんなことあるね~ッ!」ググッ
春香「ヒトミのその指輪を、マキがつけてみればハッキリ分かるんじゃない?」ピコーン

また余計な燃料を投下しおってからにw

minami3 (45)
ヒトミ「ハッキリさせましょうか!!」イクゾゴルァ!!
マキ「望むところだね!!」コイヤゴルァ!!

minami3 (46)
アツコ「春香…二人を止めた方がよくないかな?」オドオド
春香「え、あぁ……そうだね(汗)」

アツコ:『みなみけ』最後の良心。マキと正反対でデカイけど小心者である。しかもスタイルもパーペキで、やはり正反対なちっちゃいマキちゃんから「小細工は必要ない」とすら言わせるほどである。実はマキが恐れている『きもちわるい奴』に好意のようなものを抱いており、きもちわるさが一周して『もしかしたらカッコイイのかもしれない』という境地に辿り着いた唯一の存在。さすがアツコ、分かってる。ブルマか何か穿けばいいんじゃないかなぁぁあああああ!!

minami3 (47)
春香「もうやめよう? ね?」ドードー
マキ「ぐぬぬ…」
ヒトミ「ぐぬぬ…」

minami3 (48)
ヒトミ「……あれ?」
春香「どうしたの、ヒトミ?」
ヒトミ「あぁ、いや…指輪がどっかいっちゃって…?」
マキ「えぇ? あれ高そうだったけど大丈夫?」
………。

minami3 (49)
ヒトミ「友達が彼氏に買ってもらったのを私が貰ったんスけど、何万かしたとかしないとか…」アルェ?
\何万か!?/
おい……そのぉ…左手……(汗)

minami3 (50)
マキ「こっちは無い…」
アツコ「こっちも…」
春香「こっちも…」

minami3 (51)
ヒトミ「っ!?」
minami3 (52)
ヒトミ「……」ジー
minami3 (53)
何万かしたとかしないとかの指輪「よう」キラリーン☆
ヒトミ(あれぇぇえええ!?)ガーン
おいwww案の定かよwww

minami3 (54)
ヒトミ(私、指輪握り締めたまま無くなったとか騒いで、た…? うわぁぁああ恥ずかしいぃぃいい///)
アツコ「ん~どこだろう…」
minami3 (55)
ヒトミ(こんな天然みたいなこと、恥ずかしくて言えない…でも自然に見つけた演技出来そうもないしぃ…「どこにあった?」とか聞かれたらもぉぉぉおぉぉ!)ガクガク
マキ「そっちあった?」
アツコ「ないね…」
春香「どこかに転がってっちゃったのかなぁ…」

さぁどうするヒトミwww

minami3 (56)
ヒトミ(あぁぁああダメだ! とりあえず、もう一回ちゃんと無くそう!)ポイ
何万かしたとかしないとかの指輪「あ~れ~」コロコロコロコロ

minami3 (57)
ヒトミ「単なる貰い物ですから! 別に気にしないでください!」アセアセ
春香「でも…」
ヒトミ「たしか何百円かだったし!」アセアセ
マキ「二桁減ったけど、その記憶大丈夫?」オチツケ
全然大丈夫じゃなさそうですwww

minami3 (58)
ヒトミ「で! 何の話でしたっけ!?」アセアセ
春香「…なんだっけ?」オロオロ
マキ「メイド服を着れば、春香が金一封くれるって話だよ♪」
アツコ「……?」

minami3 (59)
何万かしたとかしないとかの指輪「ども」キラリーン☆
minami3 (60)
アツコ(私のバッグの中に指輪が…!?)ガーン
アツコぉぉぉおおおおおΣ( ̄□ ̄;)!!

minami3 (61)
アツコ「」ガクガクガクガク
マキ「ん? アツコ、どうしたの?」

minami3 (62)
アツコ「あ、あぁ……」カタカタカタカタ
何万かしたとかしないとかの指輪「こんにちは」
マキ「ああ! 見つかった!?」
春香「よかったぁ…どこにあったの~?」
アツコ「」カタカタカタカタカタカタ
やめたげて! ただでさえアツコの心は脆いんだから!

minami3 (63)
アツコ「わたし……やってない…(泣)」グスッ
ヒトミ「………へ?」ギクッ

minami3 (64)
アツコ「なぜかはせつめいできないけど…わたしのバッグのなかに…っ……なんかごめぇぇん…」←本当に説明が出来ない
minami3 (65)
ヒトミ「え…いえ、こちらこそ…何故かは説明出来ないですけど…バッグの中にすいませんっ!!」←本当は説明出来るけどしたくない
minami3 (67)
アツコ「ごめん…」シクシク
ヒトミ「すいません!」オロオロ
アツコ「ごめん…」シクシク
ヒトミ「すいません!」オロオロ
アツコ「ごめん…」シクシク
ヒトミ「すいません!」オロオロ
マキ「春香、この二人が何故こんなに謝ってるのか説明して?」
春香「さぁ……(汗)」
アツコ……不憫な子( ノДT) グスッ

第3話感想:まさかの『先生と二宮くん』復活…これは完全に真の二期ですわ(感涙)

minami3 (70)
くるぞぉぉぉぉおおおアアアアッ!!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
「先生と二宮くん」復活は不意打ちでしたw
童夢じゃないのによくぞ…グッジョブですね♪

内田とさやかがバカ繋がりとは気づきませんでした…(^^;)
1期の頃と比べるとキタエリさんも代表キャラが増えましたね~

ヒトミ役の齋藤彩夏さん。個人的にお気に入りの声優さんだったりしますが、初登場時は声の特徴が出過ぎててちょっと…でしたよね(^^;)
今回はかなりこなれた感じの演技になっていて、自分としてはアリですb
Re: No title
taraさんコメントありがとデースヽ(´▽`)/

> 「先生と二宮くん」復活は不意打ちでしたw
> 童夢じゃないのによくぞ…グッジョブですね♪
今回の会社は『みなみけ』というものを本当に理解していますね。どこぞの黒歴史を生み出した彼奴等とは月とすっぽんでごぜーますだ! そしてまさかの『三宮くん』登場には噴きましたwww

> 内田とさやかがバカ繋がりとは気づきませんでした…(^^;)
> 1期の頃と比べるとキタエリさんも代表キャラが増えましたね~
キタエリはかなり特徴的な声質をしてるので簡単に気づけると思ってたのですが、かくいう私もwikiでネタ探しをしてなければ気づかないままでした(汗)

> ヒトミ役の齋藤彩夏さん。個人的にお気に入りの声優さんだったりしますが、初登場時は声の特徴が出過ぎててちょっと…でしたよね(^^;)
実はアニメ版『フルーツバスケット』で『草摩紅葉』の声を担当してたワケですが、よもや10年近く声優続けてて下t……げふんげふん、声質をキープし続けてるなんて凄いですよね!

> 今回はかなりこなれた感じの演技になっていて、自分としてはアリですb

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。