イクシオン サーガ DT 第12話 感想 主役交代 | アニメとゲームな日常

イクシオン サーガ DT 第12話 感想 主役交代

dt12.jpg
ED「アーッハハハハ! アヒャヒャヒャヒャハァッ!!」クカカカ
そんなにかwww

dt12 (1)
ギュスターヴ「行動記録、1日目、21時32分。報告者、インコグニート第3師団長ギュスターヴ・グスタフ。作戦完了より4時間38分、ターゲットアルファおよびブラボーは戦闘終了後、北に移動中」
dt12 (3)
ギュスターヴ「22時12分、ターゲットは、人口5700程度の町マルケサスへと到着。同48分、宿へと逗留」
dt12 (4)
ギュスターヴ「我々は、宿の向かいの建物の一室を金に物を言わせて借り上げることに成功。そこを拠点に置き、ターゲットを監視することにした。現在のところ両者に目立った動きはない。監視を続行する」
dt12 (5)
ギュスターヴ「この作戦は、俺自身がエレク様に進言し許可をもらった。DTとの決戦…圧倒的劣勢が続く中、あまりにもあっさりとDT、そしてエカルラートは死亡。あのDTが一撃で敗北したのは、エレク様の強さと言ってしまえばそれまでだが……どこか臭う」
dt12 (6)
KT「だからこそ、しばらくの間残った二人を監視する必要があると感じたのだった…」
ギュスターヴ「……何故、俺の考えていることが分かったんだ?」
KT「ギュスターヴ、思ったことを口に出す癖、気をつけた方がいい。思いっきりモノローグのつもりの台詞が口に出ていた」
ギュスターヴ「……そう?」
KT「そうだ」

俺にそんな癖があったとは…あれ、じゃあもしかして行く先々で俺達の情報がダダ漏れなのって……(汗)

dt12 (7)
ギュスターヴ「KT、お前はどう思う? 俺の考えすぎだと思うか?」
KT「もしDTが生きていれば、確実にターゲットらと合流するハズだ。作戦としてはなんら間違ってはない。だが、お前がこの作戦を立案したのには、他に理由があると私は見ている」
dt12 (9)
ギュスターヴ「何?」ギクッ
KT「とぼけるな、私は知っている!」

dt12 (10)
KT「マルケサスは世界有数の美人処…」
ギュスターヴ「」ギクギクッ

dt12 (11)
KT「お前の目的はズバリ! キャバクラだァァアアア!!」ビシッ
dt12 (12)
ギュスターヴ「ドッキーン!?!!?」ドッキーン
ば、バレてたぁぁあああああ!?

dt12 (13)
ギュスターヴ「ばば、バカ言ってんじゃねぇ…俺を誰だと思ってやがる(汗)」アセアセ
KT「キャバクラ大好きギュスターヴ」
dt12 (14)
ギュスターヴ「違う! 俺が好きなのはアフターや同伴!」
KT「意味変わらないだろそれ。よく覚えておけ、私はお前のお目付け役だ。任務はきっちりこなしてもらうぞ」イラッ
dt12 (15)
ギュスターヴ「フッ、みくびってもらっちゃ困るぜ。色白もち肌のお姉ちゃん達が待っているのに! この俺様が何もしないでいるワケね~だろ♪」キリッ
KT「何を聞いてたんだ今までェ!!!」クソガッ
だからコイツと組むのは嫌だったんだ!! その小汚い赤毛を頭ん中と同じピンク色に染め上げてやろうか!!

dt12 (17)
ギュスターヴ「やはり俺の睨んだ通りだ。DTは死んでなどいない…」
dt12 (18)
???「……」スタスタ
ギュスターヴ「……きたか! さぁ、姿を見せてみろ!」

dt12 (19)
ギュスターヴ「Dてぃ………ってただのおっさんじゃねぇかぁぁアアアア!?」ガーン
いや、たしかにDTだけども! そっちのDT(デューク東郷)じゃねぇっつの!!

dt12 (22)
ギュスターヴ「金とメモか…ますます怪しくなってきやがった!」
で、なんで伝説の殺し屋がDTと同じ服着てるワケ? なに、流行ってんの?

dt12 (32)
ギュスターヴ「行動記録、3日目、20時02分。報告者、インコグニート第3師団長ギュスターヴ・グスタフ。ターゲットアルファと接触した男、以後男をチャーリーと呼称。チャーリーの足取りを掴むための捜査を開始。彼の立ち寄った場所をくまなく捜査し、聞き込みを行った結果…」
dt12 (33)
ギュスターヴ「チャーリーに関わる重要なてがかりがあるとの情報を得て、ポイントN358へと移動」スタスタ
dt12 (34)
ギュスターヴ「調査対象、新ターゲットの名は!」
カリナ「カ・リ・ナで~すぅ♪」
よっしゃあ! ざまーみろKT! 俺はやった、ついに目的地に辿り着いたぞぉぉおおお!!

dt12 (35)
ギュスターヴ「年齢、職業、住んでいる町、将来の夢などを聴取後、ドリンクの摂取を許可。本格的な尋問を開始」
カリナ「尋問~? えぇ~緊張するぅ~♪」
dt12 (36)
ギュスターヴ「こうろうきろく…22じ28ぷん、きびしいちょうしゅとしめいりょうをはらった~けっか、すり~さいずとぉかれしのうむについてききだすことにせいこう~♪ てごたえをえたおれは、さらにじんもんをつづけることにする!」ヒック
カリナ「え~? じゃ~~もう一杯頼んじゃおう!」
dt12 (37)
ギュスターヴ「こ…こうろぉきろく…にじゅうさんじ、じゅうにふん?……う~ん、てかも~よくわかんねぇ…とりあえずねることにした……」グッタリ
その後、泥酔したギュスターヴ(笑)を拠点まで連れ帰ったのが私であることは言うまでも無い。しっかりエレク様への報告書に減給処分の記載を追加させてもらった。

dt12 (38)
ギュスターヴ「行動記録4日目、10時08分。報告者…いんこぐにーとだい3しだんちょ…ぎゅすたーヴ・ぐすたふ…っ…きもちわる…じゃなかったぁ…現在のところターゲットに変化なしぃ…りゆうはふめいだが…今日は体調がすぐれない…後頭部の右側辺りがなぜかズキズキするぅ…」ウップ
dt12 (39)
KT「理由なんて考えるまでもねェだろうがァァアアア!!!」ズガーン!!!
ギュスターヴ「んがぁぁぁああああああ!?」

テメーはもうボーナスもカットじゃボケェ!!!

dt12 (40)
マリアン「……」
dt12 (41)
ギュスターヴ(店の間取りは確認した。便所から外には出られない。裏口は厨房に直結している。バーテンに妙な気配はない。後は客人が来るのを待つだけだ)
さて、この女はどう出るか。にしてもよく飲む奴だな…酒豪か?

dt12 (42)
マリアン「あぁおかわりちょうだい♪」
ギュスターヴ(ッ!? まだ飲むのかよ?! なんて奴だ…バカで色魔でMな上にザルだとぉ…)

まずいぞ…俺がオネムになってきたぁ…なんてこった、こんなことなら昨日の水割り超薄めって言っておけばよかったぁ…(滝汗)

dt12 (44)
ギュスターヴ「横、いいか?」ウップ
マリアン「っ…座ってから聞かないで欲しいんだけど?」
ギュスターヴ「こんなところで何してやがる?」
マリアン「そっちこそ…」

dt12 (45)
ギュスターヴ「…銃はよせ。戦いに来たんじゃない」
マリアン「…たしかに。そっちにはもう戦う理由は無いのかもしれないけど…」
ギュスターヴ「そっちには大アリかも、な」

まぁ理由が理由だ。こうなることも予想はしていたが、今は少しでも情報を聞き出さなけりゃならないしな。

dt12 (100)
マリアン「…そうでもないわ。私達は失敗したの」
ギュスターヴ「……」
マリアン「仲間を助けることも、命より大切な主の命を守ることも出来なかった…ただ指を咥え、主の最後を見ているしかなかった…」ポロポロ
dt12 (47)
マリアン「もう…私達にも戦う理由は無くなってしまった…」グスッ
ギュスターヴ「悪く思うな、こっちも仕事だ」
マリアン「ほんと、男ってこれだから…」グスッ
ギュスターヴ「無作法ついでにもう一つ教えてくれないか? アンタ等、この町で何してるんだ?」
dt12 (48)
マリアン「私達に出来ることは、もうほとんど残ってはいない。その中の一つをやろうとしているだけ。あなた達が見ていようといまいと、私達は私達に出来ることをやる。ただそれだけの話よ」
った~く、女ってのは何だって小難しい言い方をしやがる。俺の別れた上さんもそうだったっけ。

dt12 (49)
マリアン「私帰るね。ここはアナタの奢り、それでいいでしょ?」
ギュスターヴ「え? あぁ、そりゃ…」
マリアン「あぁ、それから……」

dt12 (50)
\ドゴォッ/
ギュスターヴ「ッ!?!!?」
dt12 (51)
マリアン「やっぱりムカつくから、一発だけ殴らせてちょうだいね。それじゃ♪」
ギュスターヴ「っ……殴ってから言う台詞かそれぇ…?」

結局重要なてがかりは無し。ただの殴られ損じゃねぇか…あ、ここの払いもあるんだった…(泣)

dt12 (52)
KT「本当にいいのか? こんなどっちつかずのままで」ゴソゴソ
ギュスターヴ「これだけ待ってもDTは現れなかった。それに、ここでこれ以上粘ってたら、バリアシオンに
何言われるか分かんねぇからなっと…」ゴソゴソ

KT「あの女の言うこと、本当に信用出来ると思うのか?」
ギュスターヴ「あぁ。何を言ってたかはよく分かんなかったが、嘘をついているようには見えなかったな」
KT「だからお前はキャバで良いようにあしらわれるんだ。女ってのは男の数倍嘘が上手い」
ギュスターヴ「フンッ、あいつも同じようなことを言って―――
dt12 (53)
マリアン『あなた“達”が見ていようといまいと―――
ギュスターヴ「なッ!?」ビクッ
アイツ…気づいてやがった! 俺はあの時一人だったのに、あなた“達”って言ったんだよ!!

dt12 (56)
\バンッ/
dt12 (58)
ギュスターヴ「……やられたァ!?」
KT「くそ…」
ギュスターヴ「行くぞKTッ!」ダッ
KT「行くって? アテがあるのか!?」ダッ

dt12 (59)
ギュスターヴ「確証はない。だが、俺達を出し抜き、DTと落ち合うつもりなら、あのおっさんが手引きしてるに違いない! 落ち合う場所も人目の無いあの場所ならうってつけだ!」ズドドド
間違いない! DTはあそこにいる!

dt12 (61)
マリアン「……」
セングレン「……」
2人「っ!?」

dt12 (62)
ギュスターヴ「コイツは……」
dt12 (63)
ギュスターヴ「行動記録、5日目、16時07分。報告者、インコグニート第3師団長ギュスターヴ・グスタフ。DT及びエカルラートの死亡を確認。本作戦は、これにより終了とする」

第12話感想:で、結局あのDT(デユーク東郷)は何者だったんだ…(滝汗)

dt12 (64)
ED「お楽しみいただきました『イクシオンサーガDT』は、主人公死亡のため今回をもって終了とさせていただきます。次回より新番組!『イクシオンサーガED』が始まりますので、お楽しみに♪」
ぶっちゃけコッチの方が数倍興味があるんですがwww

EDさん何してん?
oh...

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。