はたらく魔王さま! 第1話(序章) 感想 魔王ご一行はカタコト日本語通じてハイテンション可愛い | アニメとゲームな日常

はたらく魔王さま! 第1話(序章) 感想 魔王ご一行はカタコト日本語通じてハイテンション可愛い

mao-1.jpg

大海イグノラに浮かぶ、一際広い中央の台地を中心とし、

東西南北の大陸を十字架に見立てた神々の見守る島『エンテ・イスラ』

魔王サタンを知らぬ者など、このエンテ・イスラの地にはいない。

それは、闇の生き物が蠢く『魔界』を統べる、恐怖と残酷の代名詞。

『魔王サタン』人間世界を支配し、

全ての闇の生き物達の王道楽土を建設する野望を抱く。

魔王サタンには、腹心の四天王在り。

アドラメレク、ルシフェル、アルシエル、マラコーダ

四人の悪魔大元帥、4つの大陸を攻める――

今期アニメのダークホース。エンテ・イスラ語は耳コピですん。

mao-1 (1)
サタン「アイアブジェク、オプハプスベム、アンツ、エンテ・イスラッ!」
感覚は『今日からマ王!』的に見ればいいのかな? 立場は真逆だけど。

mao-1 (2)
???「ウゥ…セック、オヴァイ?! ヴァスジェック、オカコゥ、オカッケブゥ?」
(ここは?! 魔王様、ご無事ですか?)

サタン「セック、アルシエル、アンクスナフ。セップシケイシアンヘツィジェイムクァイウェイ」
(アルシエルよ、まずは傷を癒せる場所を探さねば)

アルシエル「ケブゥ、イーイジュホンノウチックダク…」
(しかし、いやに騒がしい所のようで…)
mao-1 (3)
アルシエル「ヴァスジェック!? フタ、イーストメホー、コークウヴァク!?」ガーン
(魔王様!? そのお姿は!?)ガーン
mao-1 (4)
サタン「フタィケイ? イジュ、ホテイシュ…イジュホテイッシュヴァンツ、ダス?」ガクガク
(何だ? これは…人間の手?)ガクガク

MP尽きて形態を維持出来なくなったのかw

mao-1 (5)
\ブーン/
2人「「ッ!?」」ビクッ
mao-1 (100)
お巡りさん「あの~そこのお二人さん、ちょっとだけ時間いいかな~?」
サタン「!」
幸か不幸かお巡りさんが現れた!

mao-1 (6)
お巡りさん「警邏係の佐々木です。軽度傷害事件発生の模様…」
アルシエル「フドゥシュ、クーチカイロウ、トークシュツケボン…ヤッベク、フーウェイク、イ、トクジュエ…」
(これは馬車のようですが…馬を必要としていません…)
mao-1 (7)
お巡りさん「では、ちょっと乗ってもらえるかな? 何もなければ――」スッ
アルシエル「ッ!?」ババッ
mao-1 (8)
アルシエル「サノウ、ホートゥビーハッツェ、コンフェークキム! ルノコーク、ルクファイエ!」
(人間の分際で気安くさわるな! 身の程を知れ下等生物!)
mao-1 (9)
アルシエル「ハァァァァ…」ググッ
mao-1 (10)
アルシエル「ハァァアアアアアッ!!」
mao-1 (11)
し~ん
サタン「……」
お巡りさん「……」
しかし何も起こらなかった!

mao-1 (12)
お巡りさん「じゃあ大人しくしててね」
\バンッ/
為す術無く掴まっちゃったお(´・ω・`)

mao-1 (13)
\ど~ん/
お巡りさん「あ~…ディス イズ カツ丼。オーケー?」
サタン「カツドン…」
お巡りさん「イエ~ス、イエ~ス」
サタン(獣肉に穀類を纏わせ、高温の油に浸した物…鳥類の卵をぐちゃぐちゃにして、それを上にかけ、魚汁をもってさらに加熱した物…)ライブラ!
お巡りさん「まぁ、本当はこういうのダメなんだけどね。アンタら被害者だし、僕の奢りってことで」

魔王さまはなんとか魔法使えるっぽいな。

mao-1 (14)
サタン「アンネクス、ポークロノクェンスィ、アザファティシュフォーカキス」
(もっとこの世界についての情報が欲しい)
お巡りさん「え……はい…」
サタン「ケムケーパクレーシォ」
(我が問いに答えよ)

mao-1 (15)
サタン「アルシエル?」ガチャッ
アルシエル「」
お巡りさん「」
魔王様必死こいて情報収集してたのにコイツときたら…(´д`;)

mao-1 (16)
アルシエル「ブハァッ!? サターン?!」ドンガラガッシャーン
お巡りさん「うぇぇええ!? ちょ、ちょっとダメだよ勝手に入ってきt」オロオロ
サタン「ルーイェー」
(だまれ)

お巡りさん「あ? はい……」
mao-1 (17)
アルシエル「ヴァスジェック、サターン…アイ、オプグォークスウォーク、コークトゥウィー」
(魔王様…よくぞご無事で)

サタン「ウェツチェクイク、アイウォズジョップ、ウィーモクパウエ、オンザッツオール、ティースフォーカキス、フォーユーズテイケィン、オビジャック…」
(とりあえず催眠術を使ってこの世界の情報を得てきた…)

地味に英語っぽい単語が混じってるな。

mao-1 (18)
サタン『ここはチキュウという世界らしい。その内の国の一つ、ニッポン↓という島国だ。その首都にあたるのが今、この地であるトウキョウ↓であり、この建物はケーサツショという場所のようだ』←エンテ・イスラ語
mao-1 (19)
サタン『ケーサツは社会の秩序を守る国家機構の一つらしい』←エンテ・イスラ語
アルシエル『なるほど。では、そのテーブルの上の物は?』←エンテ・イスラ語
mao-1 (20)
カツ丼「あ、ども」
サタン『カツ・ドゥン、この国にあるごく一般的な料理だ』
←エンテ・イスラ語
アルシエル「カツ・ドゥ~ン…」
カツ丼「oh...かつ・どぅ~ん…」

アルシエル『なるほど…力強い響きだ。興味深い…』←エンテ・イスラ語
サタン『え? い、いや…これはそれほど重要な物ではない』←エンテ・イスラ語
アルシエルは天然か?w

mao-1 (22)
サタン『この世界では魔法や魔力、魔王や悪魔といった存在は全て空想上のものであり、実在しないとされているのだ』←エンテ・イスラ語
アルシエル『魔力が存在しない!? そんな馬鹿な…』←エンテ・イスラ語
mao-1 (23)
アルシエル『なるほど、では魔力不足のせいで我々は悪魔の姿を保てなくなったのですね』←エンテ・イスラ語
サタン『ああ。しかし、それが剥げ落ちた姿がコレとはな。案外人間というものは、全ての生物の根幹を成しているのかもしれんな』←エンテ・イスラ語
アルシエル『お戯れを…』←エンテ・イスラ語
mao-1 (24)
架空とはいえ、魔力や魔法の概念があるなら、

魔力を回復する手段があるかもしれん。

俺達の残された道は、その手段を見つけ出し、

魔力を回復させることだ。

mao-1 (25)
それまでは、この人間達のルールに従い、

この世界で生きていくしかない…

なんという過酷な現実か…

うむ、そのためにはまず―――
mao-1 (26)
サタン『このクヤクショでコセキとジューミンヒョーを手に入れる!』←エンテ・イスラ語
わぁ…現実的ですね(笑)

mao-1 (27)
サタン「グッ……グヌヌ…」カッ
アルシエル「ヴァスジェック…」
(魔王様…)

係のお姉さん「うぅ…あ、れ……」

mao-1 (28)
係のお姉さん「はい……」スッ
サタン「ウム」
魔王達は戸籍と住民票を手に入れた!

mao-1 (29)
サタン『次はギンコーにコーザを作る』←エンテ・イスラ語
mao-1 (30)
サタン『それにはコレを使う』←エンテ・イスラ語
アルシエル『その紙は?』←エンテ・イスラ語
サタン『この国の通貨だ。あのケーサツの人間から拝借した。そしてこの判子を使う。さっき適当に作った』←エンテ・イスラ語
アルシエル『さすが』←エンテ・イスラ語
お巡りさんのなけなしのお小遣いだったかもしれない諭吉が…( ノДT) グスッ

mao-1 (31)
係のお姉さん「どうぞ」スッ
サタン「ウム」
魔王達は銀行に口座を開設した!

mao-1 (32)
サタン『残るはフドゥーサンヤで活動拠点を手に入れる』←エンテ・イスラ語
mao-1 (33)
サタン「オレタチ、イエガサガシテラレマース!」
アルシエル「……(汗)」ドキドキ

mao-1 (34)
不動産屋さん「どんな条件の物件をお探しで?」
アルシエル「ッ!! ボゥ、ヘコゥーツェ!」ウオオ!
(通じましたよ!)ウオオ!

サタン「イェ、イェーソゥ! アールシェル! イェシェ、イェシェ、ワークベ、ホーベハズルナウェ、ハズカンベイブクェ、ウェイーズ!」ウオオ!
(お、落ち着け! アルシエル! この程度の言語習得などたやすい事よ!)ウオオ!
mao-1 (35)
サタン「フ、ファーク! アイ、ビキツィニハプツ、マーイ!」オッシャ!
(よっよし! ペースはつかんだ!)オッシャ!

魔王ご一行可愛すぎるwww

mao-1 (36)
仲介人「こちらの大家さんが非常に奇特な方でして。ハッキリ申し上げて、お客様のような身元不確かな方を率先して引き受けると仰ってるんです」
mao-1 (37)
仲介人「この201号室になります」
アルシエル「スチェイフ、スティシュクーブ?」
(この1室だけ?)
逆によく所持金1万円で貸してくれたなおい…。

mao-1 (38)
???「ごきげんよう」ゴゴゴ…
アルシエル「ティ、パン…?」
(人…か?)

???「あなた方が今回入居を希望されるお二人ですね?」ゴゴゴ…
アルシエル「ハウレゥル…!?」
(しゃべった…!?)

仲介人「こちらのアパートの隣に住んでいらっしゃる、オーナーさんです」
オーナー「志波美輝です。美輝は美しいに輝くと書きますの」ゴゴゴ…

mao-1 (39)
ミキティー「あぁ、でも気軽にミキティーと呼んでくださって結構ですのよ~」ゴゴゴ…
2人「「……セーチ」」
(はい)

ミキティーェ…っつかアルシエル失礼すぎだろw

mao-1 (40)
アルシエル『魔王様、本当にここでよかったのですか?』←エンテ・イスラ語
サタン『この世界にはガシンショウタンという言葉があるらしい。このような魔王城もまた一興だ…』グスッ←エンテ・イスラ語
魔王様泣いちゃってるよwww

mao-1 (41)
サタン『ここからっ…新しい一歩を踏み出そうでは…ない、か…』バタッ←エンテ・イスラ語
アルシエル「ッ!?」ガーン
mao-1 (42)
アルシエル『魔王様?……魔王様?!』オロオロ←エンテ・イスラ語
mao-1 (43)
\ピーポーピーポー/
魔王様ぁぁああああああ!?←エンテ・イスラ語
1話にして魔王逝ったぁぁああああΣ( ̄□ ̄;)!?

mao-1 (44)
サタン『はぁ…まさかこの身体、食事が必要だったとは…』ズーン←エンテ・イスラ語
アルシエル『人間の身体ですからね…』←エンテ・イスラ語
サタン『とにかく! この人間社会ではお金こそが必要不可欠なのだ。これ以上魔力も消費出来ん…。となれば残された手段はただ一つ…』ズーン←エンテ・イスラ語
アルシエル『それはいったい…』ゴクリ←エンテ・イスラ語
そいやちゃっかりアルシエルはカツ・ドゥ~ン食ってたから平気なのか。

mao-1 (45)
アルシエル『……あ、間違えた』カキカキ←エンテ・イスラ語
サタン『馬鹿野郎! 履歴書だってタダじゃねーんだぞォ!…よし、真奥貞夫っと…』カキカキ←エンテ・イスラ語
アルシエル『……芦屋四郎、この名前変じゃないですかね?』カキカキ←エンテ・イスラ語
サタン『今さら言うな。もう戸籍作っちゃったんだから…』←エンテ・イスラ語
魔王様達の新しい生活が今! 始まる!

第1話(序章)感想:カツ・ドゥ~ン…なんて素敵な響き(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

あの……
読みやすいね……うん……。
Re: あの……
盥さんコメントありがとうヽ(´▽`)/

> 読みやすいね……うん……。
そうでしょ……ありがと……。

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

郷に入っては―【アニメ はたらく魔王さま! #1】
はたらく魔王さま! (電撃文庫)(2011/02/10)和ヶ原 聡司商品詳細を見る アニメ はたらく魔王さま! 第1話 魔王、笹塚に立つ 異世界エンテイスラにて 人間との全面戦争を行う魔王サタ
はたらく魔王さま! 第1話 『魔王、笹塚に立つ』 魔王→現在は笹塚で優秀なアルバイトとして労働中!?
まずは戸籍と住民票だ!次に銀行に口座を作って、更に不動産屋で家探し。冒頭の魔法バトルからアパート生活へのギャップがおかしすぎる。 まるで外国人が初めて日本に来て生活始め


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。