はたらく魔王さま! 第5話(後) 感想 魔 王 さ ま を 怒 ら せ て は い け な い | アニメとゲームな日常

はたらく魔王さま! 第5話(後) 感想 魔 王 さ ま を 怒 ら せ て は い け な い

mao-5 (102)
エミリア「私は勇者…世界が変わっても、その真実だけは変わらないッ!!」
Q. 魔王さまを怒らせたらどうなるの?
A. 死にます(あなたが)
Q. じゃあ勇者さまは?
A. 死にます(当然あなたが)

mao-5 (105)
銀髪アホ毛勇者キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

mao-5 (998)
サタンさま「ヒュ~♪ かっけェ~♪」ガクガク
エミリア「うっさい! アイツ等倒したら、次はアンタの番なんだから! 覚悟しときなさい!」
サタンさま「なるたけ早く頼むぜェ~」ガクガク
mao-5 (107)
サタンさま「っと、その前に♪」コオオ…
mao-5 (108)
\ユビパッチン☆/
mao-5 (110)
\ズオォォォ…/
エミリア「何をしたの!?」ナゾマッチョ!?
サタンさま「魔力結界を張った。これで誰にも迷惑かけず、存分に戦えるだろ」コオオ…

周りの被害に気を配ってくださるなんて! とても魔王とは思えない!

mao-5 (111)
ルシフェル「これは…僕も全力を出さないとダメか、なッ!」ボッ
mao-5 (112)
エミリア「ッ!!」キンッ!!
mao-5 (113)
サタン「ぐっふッ!?」ペシッ
mao-5 (114)
サタン「ッ~~~(泣)」ガクガク
エミリア「あ、ごめん」

mao-5 (115)
サタン「何すンだ…てめェ……」ガクガク
エミリア「許せないわ、ルシフェル!」バシューン!
そこギャグいる!? いや、最高だったけどwww

mao-5 (116)
\ガガガガガガガガッ/
ルシフェル「ギャハハハハハハッ!!」ドガガガッ

mao-5 (117)
ルシフェル「うォりゃァアア!!!」ズドムッ
mao-5 (119)
エミリア「……ッ!?」
mao-5 (120)
\ドカァァアアアアン/
ルシフェル「聖法気を回復することが出来ないのに~どうやって僕に勝つつもりだったの~?」
おぉ……戦闘描写も凝ってるなぁ(*´д`*)ハァハァ

mao-5 (121)
ルシフェル「ウェハハハハハハ…♪」
mao-5 (122)
???「何がそんなにおかしい?」
ルシフェル「ハッ!?」ピクッ

mao-5 (123)
???「勇者などと共闘するのはゴメンだが、私は大魔王サタン様に忠誠を誓う者…」
mao-5 (124)
ルシフェル「アルシエル…!!」ギリッ
アルシエル「ならば今の敵は貴様だ、ルシフェルッ!」ゴゴゴ…
悪魔大元帥モードキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

mao-5 (125)
エミリア「無事だったの、あなた?」
アルシエル「魔王様が瀕死の私に、復活出来るだけの魔力を吹き込んで下さったのだ」ゴゴゴ…
エミリア「だったら今まで何やってたのよ?」
アルシエル「アパートまで大元帥マントを取りに帰っていた!」キリッ

やっぱりバカだコイツΣ( ̄□ ̄;)!?

mao-5 (126)
オルバ「……」チャキ
mao-5 (127)
オルバ「ッ!?」ガキンッ
アルシエル「…礼は言わんぞ。あの程度で私が傷つくハズもない」ゴゴゴ…
エミリア「人間の脆弱さを知って、まだそういう事が言えるとは大したものね」
mao-5 (128)
ルシフェル「役立たずが! 貴様も魔王を追い詰めた人間の一人なら、それなりに戦ってみせろォ!!」プンスカ
オルバ「私は聖法気補充の術がない、使い切れば還れなくなるz」ズキズキ
ルシフェル「負ければ同じ事だァ!!」
mao-5 (129)
オルバ「くっ…!!」ゴゥ!
お、腐っても勇者ご一行の一人か。それなりの力はあるのね。

mao-5 (130)
\ズドドドドド/
サタンさま「…今の俺、役割も格好も地味過ぎじゃね?」チェッ
ちーちゃん「……映画、じゃ、ないよね?」

mao-5 (131)
サタンさま「……はァ、さすがに、これはもう言い訳出来んよなァ(汗)」ハァー
今度は魔王さまがスリプルしてもいいけど、勇者さまが容認しちゃったからなぁ。

mao-5 (132)
\ズドドドドド/
mao-5 (134)
mao-5 (135)
エミリア「天光炎斬ッ!!」ズボァ!!
mao-5 (136)
ルシフェル「ぐぅうウウッ!?」
勇者エミリアは火炎斬りをはなった! ルシフェルに大ダメージ!!

mao-5 (137)
オルバ「ぬぉぁぁあアアア!!」ギュォォオ!!
mao-5 (138)
mao-5 (139)
mao-5 (140)
アルシエル「ッ………フンッ!!」ブンッ!!
アルシエルは念動力でなんやかんやぶん投げ始めた!

mao-5 (142)
\カッ/
mao-5 (143)
\ドゴォォオオン/
mao-5 (144)
オルバ「がはッ!?」ドゴッ!!
オルバは爆風に巻き込まれ、ビルに叩きつけられた!

mao-5 (145)
オルバ「……え、エミリア…正気か? 魔の者と手を組むなd」
エミリア「あなたに言われたくないわッ!!」プンスカ
アルシエル「お前に言われたくはないッ!!」プンスカ
サタンさま「ハゲッ!!」プンスカ

だめだ…被りすぎてて何言ってんのか完全に聞き取れん(´Д`;)

mao-5 (146)
\ズシィィイイイイン/
サタンさま「…ァァアアア重かったァ! スッッッゲ重かったァ! が、でも俺偉い! そっと降ろした! だから大丈夫!」フイー
mao-5 (147)
サタンさま「手早く終わらせるか。なんせこのままじゃ、バイトに遅刻しちまう♪」ニカッ
mao-5 (148)
サタンさま「今日はちーちゃんに、ソフトクリームマシーンのメンテを教える約束だしな♪」コオオ…
ちーちゃん「あ、あぅぅ…///」カァー///

こんなさわやかでムネキュンなムードですが、すぐさま惨殺タイムに切り替わります。

mao-5 (149)
魔王「さてお前等、よくも世界を支配するこの俺に、地味な役割を押し付けてくれたな」ドドドド…
mao-5 (150)
魔王「どうしてくれようか」ドドドド…
mao-5 (151)
オルバ「く、くそォ!!」バッ
mao-5 (152)
魔王「ッ!!」カッ
\ドチュッ/
mao-5 (153)
え……(((゚Д゚;)))ガタガタ

mao-5 (154)
ルシフェル「え? あれ?」バッ
mao-5 (155)
魔王「……」バシュッ
mao-5 (156)
ルシフェル「ッ!?」ビクッ
mao-5 (157)
ルシフェル「」カタカタカタカタ…
mao-5 (158)
魔王「……」ドドドド…
アカン、これルシフェルじゃなくてもおしっこチビる(((゚Д゚;)))ガタガタ

mao-5 (159)
魔王「なぁ恵美、コイツどうしたらいいと思う」ドドドド…
エミリア「そうね~。とりあえず街をめちゃくちゃにした罰を与えるってのは?」
魔王「そうだな。後、バイト遅刻したらルシフェル、テメェのせいだからな」ドドドド…
ルシフェル「な…なんのはなしだよ……!?」カタカタカタカタ…
魔王「皆勤賞逃すようなことがあったらお前ど~うしてくれるワケ」ドドドド…
アルシエル「我々には一生理解出来ない類の話さ」ゴゴゴ…
mao-5 (160)
魔王「オメーも悪魔大元帥ならァ」ドドドド…
mao-5 (161)
魔王「潔く覚悟を決めろ」ドドドド…
mao-5 (162)
\ポポポポポポポポポポ…/
魔王「歯ァ喰いしばれェ」ドドドド…
mao-5 (163)
\ポポポポポポポポポポポポポポポポポポ…/
※赤いの全部魔方陣

mao-5 (164)
\カッ/
魔王の攻撃! ルシフェルは死んだ。













mao-5 (165)
ルシフェル「」ボッコボコ
オルバ「」チーン
ちーちゃん「あの…今更こんなこと聞くのも、おかしな気がするんですが…」

死体を無理矢理復活させるとか魔王さま怖すぎる(ということにしておこう)…っつかオルバ凹んでる(((゚Д゚;)))ガタガタ

mao-5 (166)
ちーちゃん「皆さん…その、何なんですか?」
サタン「改めて聞かれると恥ずかしいんだが、俺、他所の世界で魔王やってんだ」ポリポリ
ちーちゃん「……」
mao-5 (167)
サタン「あァ!? 信じてないだろ!」
ちーちゃん「はっ!? そんなことないですよ! 真奥さんが凄いことしてるの、私見ましたし…」ビクッ
mao-5 (168)
エミリア「私は人間だからね。まぁ、半分は天使なんだけど…」
サタンアルシエル「「えっ」」
なんで宿敵のハズのお前等が知らねーんだよ(´Д`;)

mao-5 (169)
サタン「お前天使とのハーフだったの!?」マジカ!?
エミリア「今更何言ってんのよ、魔王のクセに」
ちーちゃん「……ぷっ」クスッ
エミリア「ち、ちょっと千穂ちゃん…(汗)」

ちーちゃん「ごめんなさい…天使とか悪魔って、もっとこう…架空の凄い存在としか思ってなかったから(苦笑)」クスッ
mao-5 (170)
エミリア「まぁたしかに、マグロナルドでバイトしてる魔王なんてね~(笑)」
サタン「テレアポセンターで働く勇者に言われたくねェ!」カチン
mao-5 (171)
エミリア「はァ~!?」ヤンノカ?
サタン「っていうかお前、あれだけ力残してたんなら、なんで今まで襲ってこなかったんだよ?」ヤメテクダサイ
その勇者がこの顔であるwww

mao-5 (999)
エミリア「卑怯な魔王が力を失ってたふうを装ってたかもしれないからよ。それに、帰りのゲートを開く力を残しとかなきゃならなかったし」
mao-5 (173)
エミリア「だから、私と魔王が何か特別な関係ってことは絶対にないから。安心して♪」
ちーちゃん「///」ボッ
mao-5 (174)
エミリア「で、魔王、アンタどーすんの?」
mao-5 (175)
エミリア「魔力は取り戻せたワケだし、このままエンテ・イスラに還るの?」
ちーちゃん「ッ!?」
サタン「いや、俺今月結構バイトのシフト入ってるから」
バイト>>>越えられない壁>>>世界征服
魔王さま…(汗)

mao-5 (176)
ボコフェル「…ば、ばぉ、うぉぶばどううれば……」
エミリア「あぁ、そういえばルシフェル、私の職場に電話してきたのあなた?」
ボコフェル「……ふぁぁ、そうれふよ…」
エミリア「どうやって突き止めたのよ?」
ボコフェル「ふぉれは……」ゴソゴソ
mao-5 (177)
エミリア「あぁぁアアア!? 私の……財布ゥ!!」
サタン「ルシフェル…お前、拾った女の財布の中身、勝手に見たのかよ…」ヒクワー
アルシエル「最低ですね」ドンビキヤワー

エミリア「歯ァ喰いしばれェ!!」ゴゴゴ…
もうやめて! とっくにボコフェルのライフはマイナスよ!!

mao-5 (178)
???「フタァ、フタァグジェフェティシュ、アグアジュメンブ」
(あれ なんでここで止まってるんだ)
???「イヘージョ、チョベック、ココプコークス」
(魔力結界ですね)

mao-5 (179)
???「エミリア~!」フヨフヨ
エミリア「ん? エメラダ!? アルバートォ!!」
おぉ、二人の名前がようやくwww

mao-5 (180)
女子「「キャッキャ♪」」ダキツキー
サタン「遅ぇよお前等」
mao-5 (181)
アルバート「マークソン、アゲコーズガンタンエ、サタン?」
(ひょっとして、お前が魔王サタン?)

エメラダ「アーケノンコン、マクタモチュ、アルシエル?」
(あなたがアルシエルなんですか?)

サタン「その通りだッ!」エッヘン
アルシエル「畏れ慄け!」バサッ
だめだ魔王さま、今のヘタレモードじゃ威厳の欠片もありゃしません(´Д`;)

mao-5 (183)
アルバート「ザフ、アフクォーアズァケケン、サタン、フテック」
(しかし魔王たちは放っておいて大丈夫なのか)

エミリア「先に魔王城に行っててくれって言うんだから、任せましょう」←たぶんエンテ・イスラ語
mao-5 (184)
エミリア「で、あれが魔王城」←たぶんエンテ・イスラ語
エメアル「「……フタ」」
((……えっ))
エメラダ「イジュ、タッケイ…エミリア」
(エミリア これは)

エミリア「…言いたいことは分かるわ(汗)」
←たぶんエンテ・イスラ語
魔王さま( ノДT)グスッ

mao-5 (185)
サタン「さって…」
アルシエル「……魔王様、本当に後悔なさらないのですね?」
サタン「あぁ。このままってワケにもいかねーだろ?」
ボコフェル「まさか…!?」

mao-5 (186)
アルシエル「仕方あるまい…魔王様の決められた事だ」ヤレヤレ
ボコフェル「いったいどうなっちゃってるんだよ!? お前も魔王様も…」
サタン「下のモンの失態は上のモンの責任だ。エンテ・イスラでもマグロナルドでも、それは変わりはしない」

お、ちゃんと喋れるまでに回復したかボコフェルwww

mao-5 (187)
サタン「支配者たる者、その責任は負わなきゃなッ!!」バッ
どんだけカッコいいんだ魔王さま(*´д`*)ポッ

mao-5 (188)
アルバート「ジェフック、アイアプジェケクス、ターフアーブジェコフォー、フォーカンゼーク、フォークテフ、フォーカクス」
(しかし この世界にも迷惑かけちまったな)

.: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: 魔王城占領されとる…::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ

mao-5 (189)
ちーちゃん「あぁ! ひょっとして私の頭の中に響いてきた声って…」
エミリア「どういうこと?」
アルバート「フェーキックウェス、アックスキュージフトゥ、ウェンティッドアゾーサタン、アクォアクルージ」フン♪
(受信先をずっと魔王の事を考えている人間に調整してた)フン♪

ほほぅ、それはまた…w

mao-5 (190)
エメラダ「ヒューイ、ジェクンケージベック、サタン、イジュマムカ、フィ、ポーペン」
(へぇ 魔王も案外 スミにおけないんですね)

ちーちゃん「ッ!?///」カァー///
mao-5 (191)
サタン「帰ったぞ~」ガチャ
ちーちゃん「ぎょぁぁあああアアアア!?」ホゲー!?
mao-5 (192)
サタンアルシエル「「きゃぁぁああああ!?」」
あぁ、ちーちゃんはイデアリンクの影響でエンテ・イスラ語が分かるんだっけ。っつか顔芸www

mao-5 (193)
エメラダ「準備出来ました~♪」←たぶんエンテ・イスラ語
アルバート「よし、あまり長く留守にしてると、教会のイイ様にされちまうからな。お前さんも、なるべく早く還ってきてくれると助かるんだが」←たぶんエンテ・イスラ語
エミリア「……ええ」←たぶんエンテ・イスラ語
mao-5 (194)
アルバート「…それにしても、結局死者はゼロ。町も元通り。誰も昨日のことは覚えてないってなぁ」←たぶんエンテ・イスラ語
エメラダ「本当に大したものですね~」←たぶんエンテ・イスラ語
アルバート「…アイツは、本当に魔王なのか?」←たぶんエンテ・イスラ語
エミリア「……」
mao-5 (195)
\ありがとうございましたぁ♪/
欠片もそんな気がしません(´Д`;)

第5話(後)感想というか結論:魔王さまを怒らせてはいけない。大事なことなので2回言いました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
被って聞き取れなかった所を再現
魔『テメェに言われたくないわこのハゲッ!!』
エミリア『あんたに言われたくないわよ!』

こんな感じです。

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」
はたらく魔王さま!の第5話を見ました。 第5話 魔王と勇者、笹塚を救う 「これはこれは魔王サタン様、いや今は真奥貞夫と呼ぶべきなのかな?勇者エミリアも久しぶり」 貞夫
(アニメ感想) はたらく魔王さま! 第5話 「魔王と勇者、笹塚を救う」
投稿者・鳴沢楓 はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)(2013/04/10)和ヶ原聡司商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジ
はたらく魔王さま! 第5話 「魔王と勇者、笹塚を救う」
今回から完成版OPに画像変更。 前回からまでのものに慣れ切っていたので少々ライトな感じかなと思いますが、歌詞と作品のイメージにマッチしていますね。 てか、マッチしすぎて
はたらく魔王さま! 第5話 「魔王と勇者、笹塚を救う」
今回から完成版OPに画像変更。 前回からまでのものに慣れ切っていたので少々ライトな感じかなと思いますが、歌詞と作品のイメージにマッチしていますね。 てか、マッチしすぎて


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。