はたらく魔王さま! 第8話(後) 感想 ライバル店店長はどうみてもコジロウ怪しい | アニメとゲームな日常

はたらく魔王さま! 第8話(後) 感想 ライバル店店長はどうみてもコジロウ怪しい

mao-8b (1)
ベル「どいてください」
自動改札機「断る」ピンポーン
魔王さまも勇者さまも、来たばっかりの頃はこうだったのかな…(*´д`*)ホッコリ

mao-8b (2)
ベル「離せ! わ、私はここで立ち止まるワケには…!」アタフタ
自動改札機「アカン」ピンポーン

mao-8b (3)
ベル「ッ!」ペシ
自動改札機「アホかお前」ピンポーン

mao-8b (5)
ベル「あくまでも私の邪魔をする気かァ!!」プンスカ
エミリア「……」ウワァ
自動改札機「そこな姉ちゃん、助けたれや…」ピンポーン
いや~なんとも可愛らしいですなぁ(*´д`*)ホッコリ

mao-8b (6)
ベル「わぁぁあああ!?」ガクンッ
エミリア「え? えっ? えっ!?」
エスカレーター「だから手すりを持てと!」

mao-8b (7)
\わらわら~/
ベル「」
mao-8b (8)
ベル「……あぅ」フラッ
エミリア「あわわわ…」

mao-8b (9)
ベル「」キラキラ
テレビ「……な、なんですか?」ドキドキ
mao-8b (10)
ベル「!?」ササッ
mao-8b (11)
ベル「!?!!?」サササッ
エミリア「……」ヤレヤレ
なんと可愛らしい! これぞまさにヤック・デカルチャーですな!

mao-8b (12)
エミリア「まさかテレビ見て「薄い板の中に人がっ!?」なんて台詞、本当に言うとは思わなかった」
どうせおまーも日本来たばっかしの頃はそうだったんだろうに…。

mao-8b (13)
ベル「その話はもうやめてくれ……///」プルプル
mao-8b (14)
エミリア「いったいあなた、何を見て日本を勉強したの?」
ベル「和服が日本の伝統衣装だと分かってから、一番多く和服が出る“じだいげき”というモノで学んだ。後は近代日本で、一番長い期間続いた昭和のドキュメンタリーだ」
エミリア(なるほどね…(汗))

つまるところ、第一印象で何を刷り込ませるかがカギなワケか。こりゃ是非ともアニヲタな異邦人を作ってほしいものだな!

mao-8b (15)
ベル「特に気に入っているのは『大嵐紋太郎』や『子連れ獅子』に、後は『三匹が薙ぐ』のような浪人モノだな」
どっぷり浸かってらっしゃいますな(´д`;)

mao-8b (16)
エミリア「で、話を元に戻すと、訂教審議会の筆頭審問官さんが、どういうつもりで魔王城の隣に?」(あーもう、また零れた…)ピッ
ベル(……なるほど)
mao-8b (17)
ベル「オルバ・メイヤーの痕跡を調査して分かったのは、魔王がどこでどういう暮らしをしているかということだけだった」ビベッ
mao-8b (18)
ベル「だから魔王を見張っていれば……」(よしっ!)グッ
エミリア「いずれ勇者が現れると…で、私に何の用?」
よくない! ベルそれ違う! ガッツポーズ全っ然意味無い!

mao-8b (19)
ベル「その前にこれだけは言わせてほしい。あなたに対してオルバ・メイヤーが行った不義に関しては、お詫びのしようもない…。私をエンテ・イスラ人だと知らずに見せた態度を見れば、あなたが魔王と共闘しているという話も間違いなのだろうということは分かる。彼の意思が教会の総意ではない。少なくとも私は、あなたの味方でありたいと思っている」
mao-8b (20)
エミリア「そんなことはもういいの。本題は?」
ベル「……私と一緒に魔王サタンを倒し、エンテ・イスラに戻ってほしい。あなたの生存を知らしめて、オルバの不正を隠そうとする教会を正してもらえないか?」
mao-8b (22)
エミリア「いやよ」キッパリ
ベル「なっ!? あなたの地位と名誉を在るべき姿に戻そうというのだぞ?!」バンッ
エミリア「別に教会や諸王国にどう思われていようと気にしないわ」
さすが勇者。どこぞの宗教団体みたく利権と地位にすがるようなカス共とは違うってことだな!

mao-8b (23)
エミリア「だけど、大勢の人がいた地下道を私と魔王を殺すためだけに崩落させた奴が、最高責任者を務めていた所から来ましたーってあなたを、はいそうですかーって素直に信じられないのも分かるわよね? オルバが私を殺すために、ルシフェルと一緒に散々この国に迷惑をかけたことは、エメラダやアルバートも知ってることよ。漆原本人に聞いてみてもいい」
mao-8b (24)
エミリア「それに…魔王を倒すのは勇者である私の役目よ! 手を出さないで!」
ベル「…ならばお互いに協力しt」
エミリア「異端審問会改め、今は訂教審議会だったわね? そこな人間のくせに分からないの? それと、なんのつもりでアイツ等に食料援助をしているのか知らないけど、一応警告しておくわ」
mao-8b (25)
エミリア「つまらない小細工や下手なちょっかい出すと、すぐに看破されるわよ。アレでも、魔王ですからね」
ベル「っ……忠告、痛み入る」

あれ……じゃあもしかしてアルシエルがゲッソリしてた原因て…(汗)

mao-8b (26)
エミリア「とは言っても、あなたにはあなたの都合があるもんね。コレ、さっき駅で取ってきたから。それとこれも。しばらくこっちに居るんだったら、この世界のことも、もう少し勉強しなさい」スッ
魔王さまはマグロナルド、勇者さまがテレアポ、審問官さまはどんな職に就くんだろ…。

mao-8b (27)
サタン(…やっぱ今日は客少ねえなー…。向かいに出来たセンタッキーに全部持ってかれてるよ…)
mao-8b (28)
サタン(それに木崎さんスーゲーヤベェ笑顔なんですけどぉ…)ガクガク
木崎さん「奮わん」ゴゴゴ…
サタン「は?」ビクッ
木崎さん「前日比が80%を割っている。何故こんな日から本社へ行かねばならんのだァ」ゴゴゴ…
mao-8b (29)
サタン「」ダラダラ
mao-8b (30)
木崎さん「私の同期には、ライバルとの熾烈な戦いに敗れ、グリーンランドに飛ばされた者もいる」ゴゴゴ…
サタン「……マジすか」ガクガク

こ、怖ぇ…今のマックって超怖ぇ……((゚Д゚;)))ガクガク

mao-8b (31)
木崎さん「グリーンランド行きは嫌だよなァ…?」ゴゴゴ…
サタン「はぃぃ……」ガクガク

mao-8b (32)
木崎さん「私が許可する。どんな手を使っても構わん。センタッキーを倒せッ!!」ムシロコロシツクセ!!
サタン「Yes, Ma'am!」ビシッ
ついに使うのか!? 1話で散々悩んでた魔力を他店潰しのために解禁しちゃうのか?!

mao-8b (33)
サタン「はぁ、まいったなぁ…。店長代理初日からコレじゃあ…」
mao-8b (34)
サタン「いらっしゃいませ~!」
???「お忙しいところ失礼します。店長さんはいらっしゃいますか?」
サタン「申し訳ございません。店長の木崎は本日不在でして。よろしければ私が用件を承りますが?」コジロウ?
???「あなたが真奥貞夫さんですか。お噂はかねがね」

……コジロウ?

mao-8b (35)
コジロウ?「勤勉さ、社交性、応用力、どれを取っても非常に人間味溢れる方だと」
ちーちゃん(人間味って……。真奥さん悪魔で魔王なんだけど…)コジロウ…?
mao-8b (36)
サタン「はぁ、恐れ入ります」(困った人なのか…?)ソレトモコジロウ?
コジロウ?「おっと失礼。私、こういう者でございます」スッ

mao-8b (37)
サタン「えっ!? センタッキーフライドチキンの店長さん?!」ロケットダンジャナイ!?
コジロウ?「猿江三月と申します。ご挨拶が遅れて申し訳ない」
mao-8b (38)
コジロウ?「何せ忙しくて。それにしても幡ヶ谷は良い街ですね。住宅地とビジネス街の狭間で客層は豊か。女性は皆美しい」
サタン「ソッスネー。エキマエショウテンガイノナカマトシテーオタガイガンバリマショー(棒)」

完全に敵視しとるwwwこりゃ久々の魔力結界からの魔王パンチで暗殺来ちゃうか!?

mao-8b (39)
コジロウ?「ん~…ま、噂の美人すぎる店長さんにお目にかかれなかったのは残念でs――ぐわァ!?………美しい!」
ちーちゃん「?」
mao-8b (40)
コジロウ?「」カサカサ
ちーちゃん「?」
カニかよwサルのくせにww

mao-8b (41)
コジロウ?「是非! あなたのそのたおやかな手で! 私のためだけに! お持ち帰りのセットを作っていただきたい!」
mao-8b (42)
コジロウ?「お嬢さん♪」キリッ
mao-8b (43)
ちーちゃん「っ!?!??」ゾワワッ
このサル、ナルシストか……キメェな(汗)

mao-8b (44)
ちーちゃん「……」ムスー
サタン「ちーちゃん悪い。あのナンパ紛いは俺が止めるべきだったよ」

mao-8b (45)
ちーちゃん「別に真奥さんのせいじゃありません! あのチビっ子店長にムカムカっとしただけです!」ブンブン
mao-8b (46)
ちーちゃん「キツい香水にサングラスぅ? 接客業としてどうかと思います!」ブーブー
ん、キツい香水にサングラス?……顔に付着したペイントボールの痕跡と臭い………犯人コイツか?

mao-8b (47)
ちーちゃん「ぜーったい負けません!」プンスカ
サタン「その意気だ! 近々敵情報が入ってくる。草を放ったからな!」
mao-8b (48)
アルシエル「魔王様の仰せとあらば、この芦屋、そのセンタッキーフライドチキンとやら、徹底的に調査させていただきます!」←草
草っつーか芦っつーか…。まぁ両方植物だけども、なぁ…。

mao-8b (49)
ベル「恵美殿!」
エミリア「ん?」

mao-8b (50)
ベル「恵美殿、ようやく奉公を終えられたか」
エミリア「……結局和服買っちゃったのね(汗)」ウワァ
そら夕方まで何もせず待ってろって方がどだい無理な話だろうに。

mao-8b (51)
エミリア「お金そんなに持ってたの?」
ベル「換金率の高いモノを持っていたので、いくつかを『ムギ兵』という店で買い取ってもらった」
mao-8b (52)
エミリア(貴重なモノを捨て値で手放してなければいいんだけど……)
……こんなものまだいくらか持ってるなら、よほど贅沢しないかぎり、ほとんど働かなくてもよいのでは(汗)

mao-8b (53)
ベル「どうだ! ちゃんと買えたぞ♪」フンス!
可愛い! ドヤってる声も可愛い!

mao-8b (54)
自動券売機『金額をお確かめの上、お金を入れてください』
ベル『ひぅっ!?』ビクッ
mao-8b (55)
諭吉『あー』シュバー
ベル『うぅっ?!』ビクビク
mao-8b (56)
ベル『……(汗)』ピッ
mao-8b (57)
自動券売機『領収書が必要な方は、領収書ボタンを押してください』
ベル『こ、この上何を!?』プンスカ
エミリア「えらいえらーい(棒)」
可愛い! ただただ可愛い!

mao-8b (58)
ベル「ここで待っていたのは、恵美殿にあらためてお願いがあって。貞夫殿の職場を見に行きたいんだ。一緒に行ってくれまいか?」
エミリア「ちょちょ、ちょっと…(汗)」
梨香「さだお? 聞いたことがあるような……?」

面倒事が起きそうな悪寒www

mao-8b (59)
ベル「私を彼に近づけたくないのは分かるが、私も引き下がるワケにはいかない!」
エミリア「こ、こらぁぁああああ!?」
梨香「えー? 何それ?」キター
mao-8b (60)
梨香「え、なに? 私もしかして修羅場に遭遇してる~?」ワクワク
エミリア「……ほらぁ、こうなったー…(汗)」アチャー

mao-8b (61)
梨香「あのさー! おせっかいだってことは分かってるんだけどさ! こういう場合、基本的にワンサイドじゃ解決しないよ~? 第三者g」ワクワク
エミリア「だから梨香! そんなんじゃないって!」マテイ!
mao-8b (62)
梨香「仕方ないなー! 付き合うよ! で、貞夫氏どこにいるのー?」ワクワク
ベル「あ、幡ヶ谷のマグロナルドだが…」
mao-8b (63)
梨香「えー! 電車ですぐじゃ~ん♪」スタスタ
エミリア「へっ!? あぁ…ちょ、ちょっとぉ?!」
mao-8b (64)
エミリア「私は行かないからねっ!!」
一方その頃、当の貞夫氏は――

mao-8b (65)
サタン「」ムスー
ちーちゃん「」プクー
むくれていた。

第8話感想:敵情視察でも自分の客との対応でもグラサンついでにキツイ香水…これぜったいコジロウ?がコンビニ強盗さんだろ…。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。