はたらく魔王さま! 第9話(McD) 感想 魔王さまの同僚の一人がなんかキモい | アニメとゲームな日常

はたらく魔王さま! 第9話(McD) 感想 魔王さまの同僚の一人がなんかキモい

mao-マック
サタン「オープニングセールにクーポンかぁ…」ヒソヒソ
アルシエル「さらに試してみたところ、看板商品であるフライドチキンは、部位にもよりますが、骨まで食べられる驚きの!」ヒソヒソ
サタン「骨までって!? っていうかフツー骨食わなくねーか?」ヒソヒソ

ジャンクフード店に高級感を持たせようとか、無能通り越してただのバカ(誰とは言わんが)。

mao-マック (1)
アルシエル「さらにさらに! コーヒーはオーガニックコーヒーを採用しているとか」ヒソヒソ
サタン「オーガの肉のコーヒーだと!?」ガーン
←違う
アルシエル「オーガニック。有機栽培のことです」ヒソヒソ
サタン「なるほど、勇気を出したオーガか…」ナルホド←だから違う
この魔王さまは一般的な知識に疎いな(´д`;)

mao-マック (2)
サタン「とにかく、こっちも悪あがきをやってみるわ。ご苦労だったな」ヒソヒソ
アルシエル「勿体無いお言葉! 私もささやかではありますが、ここは魔王様の売り上げに貢献させていただきます」ペコリ
mao-マック (3)
アルシエル「ビッグマグロバーガーセット2つ」ビシッ
mao-マック (4)
アルシエル「ドリンクもポテトもLサイズでお願いします!」キリッ
このLいいなw店員さんっつか、魔王さまへの配慮を怠らない悪魔大元帥さま素敵!

mao-マック (5)
アルシエル「それに、彼女達には期待して下さい」ヒソヒソ
サタン「あぁ…なんかよく分からんが」
エミリア「……」ジトー
アルシエル「では、ご武運をお祈りしております」

mao-マック (6)
梨香「へ~! 彼等の繋がり相当なモンね~! それに凄いプロ根性! 恵美の周り出来る人多いね! あ、私自身もカウントしていい?」
エミリア「…もうご自由にどうぞ」ハァ…

なんていうか…震災経験したおかげか、逞しく育ったなぁ…(汗)

mao-マック (7)
ベル「…センタッキーより椅子が硬い」ボソッ
それくらいでいいんですよ。ジャンクフード店なんですから。
ちなみに深夜帯で客がいないからといって団体席で寝るようなカスはつまみ出す。

mao-マック (8)
サタン「あのぉ~お・きゃ・く・さ・ま~?」ヒクヒク
エミリア「なによ?」ムスッ
サタン「お席にはご注文されてからかけていただけませんかねぇ?」ヒクヒク
エミリア「あーじゃあアイスコーヒーSサイズ一つ、持ってきて」
サタン「当店レジ注文のセルフサービスなんですよねー基本的に…」ピキピキ
mao-マック (9)
エミリア「じゃあついでにアップルパイも頼んであげるから、ありがたく持ってきなさい」
サタン「お客s」イラッ
梨香「あなたが真奥さんでしょ~? な~んか思ってたほどカリスマ性ないね~」
mao-マック (10)
梨香「責任負った時間帯に店空いてるし」
サタン「貴様は藪から棒に…」

mao-マック (11)
サタン「いったい何様だァ!!」
梨香「ちょーっとぉ言葉使いなってないんじゃなーい? 態度悪い店員って本社に投書しちゃうよー?」
サタン「うっせ! 客にだって従ってもらなきゃならねえ店のルールってモンがあるんだ! だいたいアンタ何なんだよ!」

いるんだよなぁ、客は神様とか勘違いしてる輩がた~くさん。何しても許されるってワケじゃねーんですよ!
ちなみにこういった悪質なクレーマーや迷惑な人間が暴れてた場合、ソッコーでセコムや警察に通報しています。

mao-マック (12)
梨香「私は鈴木梨香、恵美の同僚よ。真奥貞夫さん、あなたのことは、この二人や芦屋さんから聞いたわ」
サタン「芦屋のやつが? いつ? 何を話したってんだ?」
mao-マック (13)
梨香「まぁ芦屋さんと恵美は、かなりワンサイドな物の見方だったから、私が直々に確かめに来たのよ」
サタン「なーに言ってるか分かんねーんだが、アンタあれか? お節介な人か?」ウゲー

大正解wあいかわらずの鋭い洞察力で。ってかこんなの誰でも分かるかw

mao-マック (14)
サタン「はぁ…ったく、客はこないし恵美は来るし…」ヤレヤレ
ちーちゃん「ダメですよ真奥さん! そんなこと言っちゃあ! 遊佐さんも大切なお客さんですよお!」
mao-マック (15)
ちーちゃん「はい、アイスコーヒーと、アップルパイは出来たてです♪」
エミリア「ごめんね千穂ちゃん、なんか真奥相手だから、つい…」
ちーちゃん「大丈夫です、分かってますよ!」
ベル「千穂殿、精が出るようだ」
ちーちゃん「こんにちは~鈴乃さん♪」ニコッ

mao-マック (16)
ちーちゃん「お客さまは遊佐さんのお友達ですか?」
梨香「そうよ。恵美の同僚、鈴木梨香」

mao-マック (17)
ちーちゃん「私、佐々木千穂っていいます。遊佐さんには、色々とお世話になってます!」ペコリ
梨香「……可愛い!」
ちーちゃん「はい?」

えっ!? まさかソッチΣ( ̄□ ̄;)!?

mao-マック (18)
梨香「可愛い! 何この子!? 可愛いんだけどぉ!!」ムギュー
ちーちゃん「はわわ!?」
mao-マック (19)
エミリア「ちょっと!? 何やってんのよ!
梨香「恵美の周りの人間って逸材多すぎない!? 礼儀正しくて仕事に哲学あっておまけに可愛くて! 反則よ反則~♪」ムギュギュー
エミリア「酔っ払いのオヤジじゃないんだから梨香ぁ!」
mao-マック (20)
梨香「はいはい、ごめんね千穂ちゃ~ん! お姉さんつい興奮しちゃって♪」
ちーちゃん「ぷはー!」
mao-マック (21)
ちーちゃん「は、はいぃ…なんかよくわかりませんけろぉ…」フラフラ
梨香「で? アンタはこれからどうすんの? 芦屋さんに、悪あがきしてやるーみたいなこと言ってたじゃない」

切り替え早いな(´д`;)

mao-マック (22)
梨香「この際ハッキリ言うけど、私はあなたの仕事ぶりを見たいのよ。あの芦屋さんといい、千穂ちゃんといい、恵美の周りには逸材が揃ってるんだから、アンタも見た目通りのボンクラではないと睨んでるんだけど?」
サタン「……つまりそれは俺の見た目はボンクラだと言いたいのだな?」カチン
梨香「ひょっとしたら中身もかも」
サタン「……」プッツン
mao-マック (23)
サタン「上等だァ! センタッキーのクーポンがなんだァ!!」クワッ
mao-マック (24)
サタン「こっちはチラシで対抗するッ!!」
魔王さま、それはアカン(汗)

mao-マック (25)
店員「ダメですぅ…」
サタン「なにをゥ!?」ガーン
当たり前や…クーポンつきならまだしも、ただのチラシで割引になるワケもなし、誰が欲しがんねん…。

mao-マック (26)
サタン「それなら! こっちは骨が無くて食べやすいことをアピールするんだッ!!」
迷走しとりまんなぁ…どっかの無能社長と同じように(滝汗)

mao-マック (27)
ちーちゃん「ビッグマグロバーガーはいかがですか~♪ 骨が無くて食べやすいですよ~♪」
mao-マック (28)
変態A「ハンバーガーに骨が無いって、それ当たり前じゃないの?」カシャカシャ
変態B「面白いこと言う子だね~」カシャカシャ
変態C「っつか可愛い!」カシャカシャ
ちーちゃん「!?!!?」アセアセ

オメー等少しは自重しろッ!!

mao-マック (29)
ちーちゃん「ダメですぅ…」グテー
サタン「だよなぁ…」ズーン

mao-マック (30)
サタン「川内、こうなったら、商品買わない人でも自由にトイレ使わせてあげる作戦に出るべきじゃね!」
カワッチ「それなんの意味があんのぉん?」
←んん?
梨香「……ダメだこりゃ」
あれ…なんかキモイ……?

mao-マック (31)
???「真奥ちゃんいるか~い?」ヤッホー
サタン「ナベサン! 待ってましたよぉ!!」
ナベサン「そりゃ~真奥ちゃんの頼みだし、ちょっと遅くなってすまなかったな」
サタン「全然いいっスよ! 助かりました! 俺奢りますから、なんか食べてってくださいよ!」
mao-マック (32)
ナベサン「届けるモン届けたし、カミさんが晩飯作ってくれてるから、気持ちだけいただくよ。また、次の清掃でな。木崎ちゃんによろしく♪」
サタン「……!」ペコリ

……で、ナベサンどちらさん(´д`;)?

mao-マック (33)
店員A「スゲー立派なのもらいましたねー!」
カワッチ「ディナーのピーク前にさっさと飾りつけちゃおうよん!」
←なんかキモイ
店員B「やりましょやりましょ!」
mao-マック (34)
カワッチ「まーくぅん! 持ってきたよぉん!」←スッゲーキモイ
店員A「飾り、これだけで足りますかね…」
サタン「よし! チラシを使おう!」

で、この川内はなんでこんなキモイ喋り方なんだ…まさかアッチ系か!?

mao-マック (35)
店員B「いいの? 飾り使っちゃったりして…」
サタン「時間帯責任者の俺が許可する!」グッ

mao-マック (36)
エミリア「何なの?」
ちーちゃん「真奥さんが笹幡七夕まつりに合わせて、短冊にお願い事を書いて、七夕飾りをお客さんにしてもらおうって考えたんです」
mao-マック (37)
ちーちゃん「飾りつけをしてくれたお客さんには、ドリンクのSサイズをサービスするっていう許可を、管轄事務所に申請してもらうよう、店長に提案してたんです」
さすが魔王さま! 凡人とは目の付け所が違いすぎる!

mao-マック (38)
ちーちゃん「それで、真奥さんが地域の定期清掃ボランティアで知り合った、渡辺さんっていう、さっきのおじいさんの家に生えている笹を、分けてもらうようお願いしてたんですよ~」
mao-マック (39)
エミリア「真奥が……地域清掃のボランティア?」マジデ?
HP9999wカンストしてんじゃねーかww

mao-マック (40)
梨香「出来る奴じゃ~ん!」
エミリア「……仕事熱心であることは認めるわ」
mao-マック (41)
\ぽわわわ~ん/
女性「きれ~い!」
変態「きゃわい~子が面白いこと言ってるマッグてここ~?」
HP0www既に死者がおるwww

mao-マック (42)
\カシャカシャ/
ちーちゃん「はわわ…な、なんですかぁ!?」アタフタ
mao-マック (43)
\ぽわわわわ~ん/
ん~…魔力、か? 魔王さまが使ったのか? それともあの笹自体が…?

mao-マック (44)
梨香「えぇぇ!? マジぃ?! 笹立てただけでこんなにってどんな風水!? 信じらんないんだけどぉ!!」
エミリア「……(汗)」
ベル「……!」キッ
ん~…あの表情、やっぱりなにかしらのマジックがあるのは確定か。

mao-マック (99)
サタン「よし! 総員、戦闘配置につけッ! 戦だ戦ァ!!」バッ
mao-マック (46)
\お~っス/
おへそ!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

mao-マック (47)
サタン「いらっしゃいませ! いらっしゃいませ! ご注文お決まりの方から、一列にお並びくださーい!」
ベル「……」ジー

う~む…魔王さまにこれだけのMPが残ってるとも思わんが…う~ん……?

第9話(McD)感想:これが修羅場の意味だったか…一日店長代理の絶妙なタイミングでこの客の入り様…こりゃ本社から誘いが来るかもしれんぞ(滝汗)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

( ・´ー・`)魔王の叡智と部下の色恋フラグ ~はたらく魔王さま!  第9話「勇者、修羅場を経験する」~
はたらく魔王さま! 第9話「勇者、修羅場を経験する」( ̄Д ̄)ノウイ 七夕祭りなのに営業がふるわないマグロナルド。恵美も結局付いて来たのね(^_^;) 梨香曰く客が少ないと修羅場向き


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。