ハイスクールD×D NEW 第1話(後) 感想 子安「ヴァカめ!!」 | アニメとゲームな日常

ハイスクールD×D NEW 第1話(後) 感想 子安「ヴァカめ!!」

ヴぁかめ
ひぁ~うぃ~ご~!

EXCALIBUR~♪ EXCALIBUR~♪

From United Kingdom~♪
I'm looking for heaven~♪
I'm going to California~♪

EXCALIBUR~♪ EXCALIBUR~♪

From United Kingdom~♪
I'm looking for heaven~♪
I'm going to California~♪

(以下、気の済むまで繰り返し)

EXCALIBUR~♪ EXCALIBUR~♪ EXCALIBUR!!

ddw1 (71)
\ガチャ/
一誠「ちわーっス! 悪魔を召喚した方ですよね?」

ddw1 (72)
一誠「あー! おかしいと思ってますかー? 思ってますよねー? ほんとはお配りしたチラシの魔法陣からドロンって現れるんスけどー、ちょっと諸事情で…」スッ
???「まー、入ってくれよ」
ddw1 (73)
OPのおっさん「君、悪魔なんだろ?」ニヤリ
あ、OPに出てた意味深なおっさんや。

ddw1 (74)
OPのおっさん「まーやってくれ」
一誠「あぁ…、俺まだ未成年なんで…」
OPのおっさん「そうか…。こりゃしまったなぁ。酒の相手をしてほしかったんだがなぁ(笑)」
一誠「依頼ってそれなんですか?」
ddw1 (75)
OPのおっさん「ダメなのか?」
一誠「いえ、そちらの願いを叶えて、それに見合う対価をいただければ契約は成立しますんで」

小さなことからコツコツと。悪魔も人間も同じやでー。

ddw1 (76)
OPのおっさん「フハハハハ…! 魔力が弱くて、召喚された人間の所へ自転車で?w」
一誠「はぁ…、まぁ……」
OPのおっさん「こりゃ傑作だ!」ガハハ
一誠(そんなに笑われるとさすがにムッとするが、これも契約のためだ…。我慢我慢!)
ddw1 (78)
OPのおっさん「いやー楽しかったよ! で、対価は何がいいんだい?」
一誠「え、もう?」
OPのおっさん「悪魔だから魂とか?」
一誠「まさかー! 酒の相手くらいじゃ契約内容と見合いませんよ!」
OPのおっさん「ほう? 意外に控えめなんだな?」
ddw1 (79)
一誠「ウチの主は明朗会計がモットーなんで!」
OPのおっさん「じゃ、あれでどうだー?」クイッ

ddw1 (80)
OPのおっさん「複製画じゃないぞ♪」
一誠「でも……、結構高そうな(汗)」
OPのおっさん「今、他に適当なモノが無くてなー。ダメなら魂しか…」
一誠「じ、じゃあ! 絵で結構です!」
これまた良い仕事してそうな絵貰ったな…。もしかして偉人の名作だったり?

ddw1 (82)
リアス「ごめんなさい、呼び出してしまって」
一誠「いえ、それで……?」

ddw1 (83)
一誠「…あの工場の中に?」
小猫「間違いなく、はぐれ悪魔の臭いです」
朱乃「今晩中に討伐するよう命令が出てしまいまして…」
リアス「それだけ危険な存在ってことね♪」
悪魔にも色々ある。基本、リアスと一誠達のように主従関係を結んでいるが、中には主を裏切り自由奔放やりたい放題な連中が出たりして周りに迷惑をかけることがある。

ddw1 (84)
一誠「ブーステッドォ! ギア!」パァァ!
ddw1 (85)
祐斗「……」
リアス「……祐斗?」
あの聖剣? を見てからなんか様子がおかしいのう?

ddw1 (86)
一誠「何も見当たらないような…」
小猫「……来ました」

ddw1 (87)
???「……」ジー
一誠「ええ!?」ムハー!
あらま美少女やん!

ddw1 (88)
はぐれ悪魔「キェェエエエッ!!」
一誠「ぬわぁ!? やっぱ化物かァ?!」ガーン

ddw1 (89)
小猫「祐斗先輩、お願いします!」
祐斗「……」

ddw1 (90)
小猫「祐斗先輩!?」
祐斗「ッ!? ごめん!」ビクッ
ddw1 (91)
\ボビュ/
ddw1 (92)
小猫「っ……!?」ジュワワ
きたか…!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

ddw1 (93)
一誠「野郎ッ!!」
ブーステッド・ギア「Boost!」パァァ!
一誠の戦闘スタイル、神滅具(ロンギヌス)と呼ばれる見た目シェルブリッドな籠手『赤龍帝の籠手(ブーステッド・ギア)』を用いた界王拳アタッカー。ブーステッド・ギア(以下、B・G)の効果により、10秒ごとに力を倍化させてゆくチートスキルを持つ。一期で確認された最大強化数は実に12回。つまり2^12=4096倍というトンデモ界王拳を発動させている。当然身体に掛かる負担もケタ違いであり、多用しすぎると命の危険が危なくなる。

ddw1 (94)
B・G「エクスプロージョン!!」パァァ!!
ddw1 (95)
一誠「ドラゴンッ! ショットォ!!」ギュォォ!!
ddw1 (96)
\ガキンッ/
一誠「チッ! やっぱパワーアップが足りねぇか!」
ddw1 (97)
一誠「何ボーっとしてんだよ木場ァ!!」
祐斗「ッ!!」ピクッ
ほんまどうしてしまったんや…。

ddw1 (99)
\ザシュッ/
ddw1 (100)
はぐれ悪魔「キシャァァアアア!!」
一誠「木場ァァァアアア!!」

ddw1 (103)
祐斗「ッ……!!」
ddw1 (104)
小猫「……吹っ飛べ」
ddw1 (105)
\ぽよよ~ん
いやぁ…今期のD×Dは一話から飛ばしてますなー。

ddw1 (106)
\パキャーン/
リアス「……朱乃♪」
ddw1 (107)
朱乃「は~い部長♪」バチバチ!!
ddw1 (108)
\ズボァッ/
ddw1 (109)
\プシュゥゥゥ…/
リアス「主の下を逃げ、己の欲求を満たすために暴れ回る不逞の輩。その罪、万死に値するわ」
おお、さすが別の世界で顔芸勇者を名乗るだけのことはある。正義感が溢れまくってるな!

ddw1 (111)
リアス「グレモリー公爵の名において!」
ddw1 (112)
リアス「吹き飛ばして……あげるッ!!」ゴゥッ!!
ddw1 (113)
\ギャァァアアアアア/
さすがに一話目は無双状態だったか。

ddw1 (115)
アーシア「小猫ちゃん、傷を!」パァァ!
小猫「すみません」
アーシアの戦闘スタイル、神器『聖母の微笑(トワイライト・ヒーリング)』による回復、及び、後方支援。アーシアが生まれながらに持つこの神器はあらゆる傷を癒すことが出来るため、とある堕天使に命ごと狙われた過去がある。この時アーシアは一度死亡しており、リアスの転生魔法によって悪魔としての生を与えられた。

ddw1 (116)
リアス「一つ間違えば、誰かが危なかったのよ!」
祐斗「……すみませんでした」
リアス「いったいどうしたの? あなたらしくもない…」
祐斗「…調子が悪かっただけです。今日はこれで失礼します」

ddw1 (117)
一誠「どうしたんだよ? お前マジで変だぞ? 部長にあんな態度なんて…」
祐斗「君には関係ない」

一誠「心配してんだろうが!」
ddw1 (118)
祐斗「心配…? 誰が誰をだい?」クスッ
むぅ…。いつもは古泉みたいな爽やかキャラなのに…(汗)

ddw1 (119)
一誠「もし! 悩みとかあるなら話してくれ! 俺達仲間だろ!」
祐斗「仲間、か…。一誠君、君は熱いね」

ddw1 (120)
祐斗「僕はね、基本的なことを思い出したんだよ」
一誠「基本的なこと……?」
祐斗「生きる意味……つまり」

ddw1 (121)
祐斗「僕が何のために戦っているかってことさ」ゴゴゴ…
一誠「そりゃ……部長のためだろ?」
祐斗「違うよ。僕は“復讐”のために生きてる」ゴゴゴ…

ddw1 (122)
祐斗「聖剣エクスカリバー、それを破壊するのが僕の生きる意味だ」ゴゴゴ…
子安……、お前この人に何しでかしたんや…(滝汗)

ddw1 (124)
リアス「教会は、聖剣の一種であるエクスカリバーを扱える者を人工的に育てようと考えたの。それが“聖剣計画”」
一誠「聖剣計画…」
アーシア「私が教会に居た頃は、そんなお話なんて聞いたことも…」
ddw1 (125)
リアス「でしょうね。もう随分前の話よ。計画は完全に失敗したと聞いてるわ」
一誠「なんだ……」ホッ
ddw1 (126)
リアス「……祐斗は、その生き残りなの」
一誠「えっ!?」
アーシア「木場さんが……!?」
oh...そういうことでしたか(´д`;)

ddw1 (127)
一誠「ッ! 木場がこの写真を見て、聖剣だって…」
リアス「……エクスカリバーほど強力なモノではないけれど…、間違いないわ。これは聖剣よ」
一誠「たしかに、コレを見た時から、アイツ様子がおかしくて…」
アーシア「一誠さんの…こんな身近にあったなんて…」
ddw1 (129)
一誠「思い出した! 俺、この子の家族に誘われて何度か教会に行ったことがあるんですよ!」
リアス「…そういうこと。ここの先任者が“消滅した”ワケが分かったわ。でもたしか…」
このアホ毛幼女もたぶんキーパーソンの一人だよなぁ…。

ddw1 (130)
???「随分と荒れ果てたものだ」
ddw1 (131)
???「つい最近、堕天使と悪魔が一騒動起こしたとは聞いてたけど~」
嘘!? そこって一誠とレイナーレがガチバトルした教会かよ!?
ハイスクールD×D 第5話 感想 ネタから出た実(まこと)参照。

ddw1 (132)
???「しかし遅いな。待ち合わせ場所は…本当にここでいいのか?」
ddw1 (133)
???「間違うハズないわ~。ここは私が両親と過ごした所よ! 子供の頃にね~♪」
CV. 内田真礼 = 小鳥遊六花……マジでΣ( ̄□ ̄;)?!

ddw1 (134)
このアホ毛あのアホ毛だーΣ( ̄□ ̄;)!!

ddw1 (135)
――俺達仲間だろ!
祐斗(すまない。僕は本来、仲間と楽しく過ごしちゃいけないんだ。そんな資格なんか、僕には…)
ddw1 (136)
神父「あぁぁ…た、助けて! アァァアアア!!」
祐斗「……神父?」
???「ヤーヤー♪」
そのお声は…!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

ddw1 (137)
フリード「やっほ~! おっひさ~だね~ん♪」フリフリ
みんな大好き! 変態神父のフリード・セルゼンさんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ddw1 (138)
フリード「誰かと思ったら~♪ 糞悪魔の糞色男君じゃあ~りませんか~♪」
祐斗「ッ!! フリード・セルゼン…!!」
ddw1 (139)
祐斗「…まだこの町に潜伏していたのか」
フリード「すんばらし~い再会劇に! アタシゃ涙ちょちょ切れまくりっスよ! んっふっふっふ~♪」フリフリ
祐斗「生憎、今日の僕は機嫌が悪くてね」

フリード「ギャハハハハ! それはまた都合が良いねェ! ちょうど俺っちも! 神父狩りに飽きたところでさ~♪」フリフリ
ddw1 (140)
祐斗「ッ!? その輝き、オーラ……まさか?!」
フリード「バッチ・グー! ナイス・タイミ~ン♪」
ddw1 (141)
フリード「以前のお返しついでに~、試させてくんね~かなァ? どっちが強いかァ! お前とその糞魔剣とォ!」ペローン
ddw1 (142)
フリード「この聖剣! エ~クスカ~リバ~♪ とさァァアアア!!」
あの伝説の歌キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ddw1 (143)
祐斗「………ッ!!!」ギリッ

僕は……エクスカリバーを許さない…!!

第1話(後)感想:まさかのエ~クスカ~リバ~♪ あなたは覚えているだろうか? AパートラストからBパートまでCM中もぶっ通しであの歌が流れた『SOUL EATER - ソウルイーター -』第17話の奇跡を!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
一誠が貰った絵はたぶんゴッホのひまわりという絵だと思います。
結構有名な絵なのですが、学校の美術の授業で出てきませんでしたか?
Re: No title
MNさんご親切にありがとうございますヽ(´▽`)/

> 一誠が貰った絵はたぶんゴッホのひまわりという絵だと思います。
> 結構有名な絵なのですが、学校の美術の授業で出てきませんでしたか?
美術とか航行での講義が最後ですね…。10年ほど前でしょうか。
もし出て来ていたとしても完全に忘れきってますな(´Д`;)

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

ハイスクールD×D NEW 第1話「不穏な予感、再びです!」
ハイニューガンダム的な。 そういえば一期の時は気にしなかったですけど、 この作品の公式な略称ってあるんですかね。 『スクD』とかかしら、でもそれだと『スクデイ』と微妙に被...
並みいる乳を薙倒し「ハイスクールD×D NEW」始動! 
今期の乳アニメは鉄板の「ハイスクールD×D NEW」です。ボリュームや動き(揺れ)がどうのこうの言っても、乳首がない乳アニメなんて仏作って魂入れずだと、乳頭抜きの乳は気の
並みいる乳を薙倒し「ハイスクールD×D NEW」始動! 
今期の乳アニメは鉄板の「ハイスクールD×D NEW」です。ボリュームや動き(揺れ)がどうのこうの言っても、乳首がない乳アニメなんて仏作って魂入れずだと、乳頭抜きの乳は気の
ハイスクールD×D NEW 第1話 『不穏な予感、再びです!』 さすがの出おっぱい!そして朱乃先輩は脱いでなくてもエロいな。
抱きまくらが欲しかったので。イッセーのベッドに潜り込んでくるリアス。朝起きたら99センチのおっぱいが目の前にあったとします。とりあえずむしゃぶりつくんじゃないのかな。ここ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。