ハイスクールD×D NEW 第4話(前) 感想 一誠「むしろご褒美です、はい」 | アニメとゲームな日常
FC2ブログ

ハイスクールD×D NEW 第4話(前) 感想 一誠「むしろご褒美です、はい」

ddnew4a (0)
\Spanking/

ddnew4a.jpg
一誠「悪魔が神父の格好なんて…」
イリナ「抵抗はあると思うけど…」
祐斗「目的のためなら、なんでもするさ」
ゼノヴィア「全員で動くのは非効率だ。二手に分かれよう」

ddnew4a (1)
ゼノヴィア「あぁ! 兵藤一誠、君に言い忘れていたことがある」
一誠「…俺に?」
ゼノヴィア「多少は世話になった礼に、教えておこう」

ddnew4a (2)
ゼノヴィア「“白い龍”は目覚めているぞ」
一誠「ッ!?」ビクッ
こりゃラスボス確定かな?

ddnew4a (5)
一誠「……ここって!」
ddnew4a (6)
一誠「バイサーとかいうはぐれ悪魔を倒したところじゃねーか!」
あのちくビームには本当に驚かされました。
たぶんこのブッ飛び具合がウケたんじゃないかなこのアニメw

ddnew4a (7)
小猫「……祐斗先輩!」ピクッ
祐斗「うん…」

ddnew4a (8)
小猫「………上ッ!!」
ddnew4a (9)
フリード「ヒィィイヤッホォォオオオ!!」ガキーン!!
祐斗「ッ!!」ガキーン!!
変態神父が現れた!

ddnew4a (10)
一誠「フリード、テメェ!」
フリード「おんやァ~? いつぞやの餓鬼とォ!」

ddnew4a (11)
フリード「チb」
小猫「ッ……」ギロッ
フリード「わわわ!? 小柄なお嬢さ~ん(汗)」アッブネー
あのフリードにわざわざ言い直させるとはw小猫さん流石やでww

ddnew4a (13)
フリード「ったく、今夜も楽しく神父狩りっと思ってたっつーのに~、糞悪魔共のコスプレかよ~♪」ペローン
小猫「気をつけてください、あの剣は…」
一誠「ああ! この感じ…イリナが持ってたのと同じ!」
ddnew4a (14)
一誠「エクスカリバーだ!!」
B・G「Boost!」パァ!

フリード「お~やおや~4人がかり~? いやいやいや人気者はツライっスね~♪」
ddnew4a (15)
祐斗「誤解するな、僕一人が相手だ!」シュバッ
フリード「まぁ~♪」
まーたソロプレイか…。前回ラストの余裕はどこ行った(´д`;)

ddnew4a (16)
フリード「糞悪魔共が何人来ようと~このエクスカリバーちゃんの相手には…」
ddnew4a (17)
フリード「なりません――ぜッ!!」シュバッ
祐斗「ッ!?」
ddnew4a (18)
\ガキィィイイイン/
フリード「これが! 天閃の聖剣、人呼んで、エクスカリバー・ラピッドリィ!」
ddnew4a (19)
フリード「俺呼んでェ! ちょっぱやの剣♪」
名前がダセぇ……(滝汗)

ddnew4a (20)
\シュバババババッ/
一誠「同じ速度で動いてるってことか…。これじゃナイトのスピードを封じられたも同然だ」
小猫「かなりマズイです」
ddnew4a (21)
フリード「は~ん♪ 待ってろよ~! ガヤもまとめてブッ殺してやるからさッ!」
小猫「……すみません、豊胸エクササイズのセット1つお願いします。…はい、先ほど通販番組で宣伝されてた…そう、それです」←無視
ddnew4a (22)
B・G「Boost!」パァ!
一誠「クソォ! なんとか奴の足を止められりゃ木場に力を譲渡してやれるのに…」
ddnew4a (23)
サジ「兵藤、足を止めればいいんだな?」
一誠「へ?」

ddnew4a (24)
サジ「ラインよ!」ゴゴゴ…
ddnew4a (25)
\パァァアアア/
一誠「うぇええ!? サジ…お前?!」
一期で地味にハブられてたサジ君に見せ場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ddnew4a (26)
サジ「いけぇラインッ!!」
ddnew4a (27)
\バビョーン/
ddnew4a (28)
\ガシッ/
フリード「おッ!?」

ddnew4a (29)
フリード「おっおおお…!?」ステーン
サジ「見たか! 俺の神器(セイクリッド・ギア)、『黒い龍脈(アブソーブション・ライン)』だ!」
一誠「お前もセイクリッド・ギアを!? やるじゃねーかッ!!」ヒュー!!

見た目カメレオンベローンにしか見えんが、ナイスアシストだ!

ddnew4a (30)
フリード「くそ! クソッ! クソォッ! この神器もドラゴン系かよ!?」ガキンガキン
一誠「それもドラゴンて!!」クゥー!!
B・G「Boost!」パァ!
ddnew4a (31)
一誠「ぬわぁぁあああ!?」ガーン
小猫「いきますよ」ヒョイ
そして主人公は空高く舞った。

ddnew4a (32)
祐斗「一誠君!」
ddnew4a (33)
一誠「木場ァァァアアアア!!」
ddnew4a (34)
\Transfer/

一誠、というかブーステッド・ギアの持つ能力の1つ『赤龍帝からの贈り物(ブーステッド・ギア・ギフト)』。10秒ごとに強化された力を他者に譲渡する技。譲渡する力が大きすぎてもらった人が爆発! なんてことはまだない。

ddnew4a (35)
一誠「ドラゴンの力ァ! たしかに送ったぞォ!!」
祐斗「受け取ってしまったものは仕方ないな…」
ddnew4a (36)
祐斗「ありがたく使わせてもらうよッ!!」キッ
ddnew4a (37)
祐斗「ソード・バースッ!!」
ddnew4a (38)
\ズドドドドド/
……なんかショボい(´д`;)

ddnew4a (39)
???「魔剣創造(ソード・バース)か。使い手の技量しだいでは無敵の力を発揮するセイクリッド・ギア…」スタスタ
ddnew4a (40)
???「フリード、まだ聖剣の使い方が十分ではないようだな?」
フリード「おお~! バルパーの爺さん!」

祐斗「何ッ!?」ピクッ
なるほど。以前よりショボく見えたのは祐斗の精神が不安定で十分に力を発揮出来ていないからか。

ddnew4a (41)
祐斗「バルパー・ガリレィィィイ゛イ゛イ゛」
ddnew4a (42)
バルパー「いかにも♪」ニタァ
おぉぉ…、素晴らしく憎らしい顔つき。善人の皮被った悪魔にも劣る畜生って感じプンプンだな!

ddnew4a (43)
バルパー「身体に流れる因子を刀身に込めろ!」
フリード「流れる因子を……刀身にね♪」パァァ!!

ddnew4a (44)
一誠「気をつけろ! ヤバいぞッ!!」
フリード「おお! オッホォォオオオオ!!」ズォ!!
ddnew4a (45)
\ズバッ/
フリード「な~る♪ 聖なる因子を有効活用すりゃ、さらにパワーアップってかァ! それじゃあ…♪」
ddnew4a (47)
フリード「俺様のォ! 剣の餌食になってもらいやすかァァァねィッ!!」シュバッ
ddnew4a (48)
祐斗「ッ!?」ババッ
フリード「死ねェェェエエアアアッ!!」
ddnew4a (49)
\ガキィィイイイン/
ddnew4a (50)
フリード「………ありぃ?」
援軍キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ddnew4a (51)
イリナ「やっほ~♪」
サジ「紫藤イリナさん?」
イリナ「は~い♪ 連絡もらったから駆けつけたわよん♪」
小猫「そういう手筈でしたから」

ddnew4a (52)
ゼノヴィア「叛逆の徒、フリード・セルゼン、パルパー・ガリレイ! 神の名の下、断罪してくれる!!」
ddnew4a (53)
フリード「ハッ! 俺様の前で! その憎ったらしい名前を出すんじゃねーこのビッチがァ!!」
フリードさん神様嫌いなのか。いったい何があった(´д`;)

ddnew4a (54)
ddnew4a (55)
祐斗「ダァァアアアアッ!!」
フリード「うっほほ~!?」
ダメだな~。怒りのスーパーモードじゃ倒せる相手も倒せやしないべこの馬鹿者ッ。

ddnew4a (56)
バルパー「フリード、お前の任務は潜入してきた教会の者を消すことだ。まして、聖剣を持った者が2人も現れては分が悪い。ここは引くぞ」
ddnew4a (57)
フリード「合点承知の介! はい! しゃらば♪」
ddnew4a (58)
\ペッカー/
祐斗はん2度目やろ……対策くらい考えとけや(´д`;)

ddnew4a (59)
ゼノヴィア「追うぞイリナ!」シュバッ
一誠「おーい!? 待ってくれ木場ぁぁああ!……ったく! なんなんだよどいつもこいつもォ!!」プンスカ
???「まったく、困ったものね」
ddnew4a (60)
一誠「部長!?」ガーン
リアス「これはどういうことなのかしら? 一誠?」
ddnew4a (61)
サジ「会長!?」ガーン
蒼那「説明してもらえますね? サジ?」
二人共オワタ\(^o^)/

ddnew4a (62)
リアス「いくら不干渉とはいえ、事態の把握だけはしときたいから、教会の二人を朱乃達に見張らせていたのよ」
一誠「えっ!?」セイザー
蒼那「サジ! あなたはこんなにも勝手なことをしていたのですね」
サジ「ひぃぃ…」ドゲザー
ddnew4a (65)
蒼那「本当に、困った子です」
サジ「ほわぁぁあああ!? す、すみません会長ぉぉぉ…」
この会長さまどんだけ怖いんだwww

ddnew4a (67)
リアス「それじゃあ祐斗は、そのバルパーを追っていったのね?」
一誠「はい…、ゼノヴィアとイリナと一緒に…。何かあったら…連絡くれると思うんですが……」
リアス「そうかしら? 復讐で頭がいっぱいのあの子が悠長に電話なんて寄越すかしら?」
一誠「っ……それは…」
ddnew4a (68)
リアス「小猫、あなたもどうしてこんなことを?」
小猫「っ……私も、祐斗先輩が居なくなるのは、嫌です」
リアス「……ふぅ。過ぎたことをあれこれ言うのもね…」

ddnew4a (69)
リアス「ただ、あなた達がやったことは、悪魔の世界にも影響を与えるかもしれなかったのよ。それは分かるわね?」
小猫「はい」
一誠「はい…すみません、部長…」
小猫「すみません…」
\スパァァアアアン/
サジ「ひぃぃぃいいあああ!?」
まさかのお咎めなしか。なんてお優しいリアス部t……んんっ!?

ddnew4a (70)
サジ「」ガクガク
蒼那「あなたには反省が必要です」
ddnew4a (71)
蒼那「ねッ!!」スパーン!!
ddnew4a (72)
サジ「ごめんなさァいッ! 会長ォ! 許してくださぁぁああい!?」
蒼那「だめです。お尻叩き1000回です」キッパリ
尻叩きに魔力……これは酷い。これは酷い…。

ddnew4a (73)
一誠(だは~♪ 俺ぇ~本当に部長の下僕で良かった~ん)ニタァ
一方その頃主人公はというと、スパンキングに悲鳴を上げるもう一人のポーンを尻目に、リアス部長の愛の深さに昇天しかけていた。尻だけに。

ddnew4a (74)
リアス「さて、一誠、お尻を出しなさい」
一誠「……へっ!? 部長ォ! 許してくれるんじゃぁぁああ?!」アタフタ
ddnew4a (75)
リアス「そうはいかないわ♪ 下僕の躾は主の仕事♪」ニッコリ
ddnew4a (76)
リアス「あなたもお尻叩き1000回よ♪」
ddnew4a (77)
一誠「せっ!? 1000回ぃぃぃいいい?!」ガビーン
リアス「さあ一誠! お尻を出してッ!!」

第4話(前)感想:なんとうらやまけしからん奴! 部長からのSpankingなんて全然全くお仕置きにならないじゃないかッ!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。