ハイスクールD×D NEW 第4話(後) 感想 名言のせいで割りと重要なことがどうでもよくなってしまいました | アニメとゲームな日常

ハイスクールD×D NEW 第4話(後) 感想 名言のせいで割りと重要なことがどうでもよくなってしまいました

ddnew4b.jpg
椿姫「くっ、よもや私まで……不覚っ!」
変態紳士、絶好調だなwww

ddnew4b (1)
アーシア「おかえりなさ~い♪」ガチャッ
一誠「な゛っ!?」
憧れの部長によるご褒美の後に待っていたのは、これまたご褒美だった件www

ddnew4b (2)
アーシア「遅くまでおつかれさまです! 今すぐお夕飯の支度をしますので♪」
一誠「アーシア…その格好は!?」

何故だ…何故まっ裸はダメなのに裸エプロンはオーケーなんだ…。いや待て、リアス添い寝事件の時は自ら進んでまっ裸を披露したではないか。

ddnew4b (3)
アーシア「えーっと……、クラスメイトの桐生藍華さんに、疲れた殿方を癒すにはこの格好が一番だと♪」ピラッ
一誠「またあのエロメガネ女か……」イェス!

ならば何故ドレスブレイクの時はダメだった……否、ドレスブレイクではなく人選…っ!?……祐斗が、いた…から…?

ddnew4b (4)
リアス「なるほど! そういう手があったわね!」
ddnew4b (5)
一誠「へっ!?」
リアス「アーシア、あなたは魔性の女悪魔になれるわ! エッチな子ね!」
アーシア「えぇっ!? 私…えっちな悪魔になりたくないですぅぅ…」ガーン
ddnew4b (6)
一誠「と、とにかく! 早く着替えないと! こんなの母さんに見られたら……」
まさかコイツ…、一誠だけにしか自分の裸を見せたくないとかいうレベルにまで上り詰めているというのか…ッ!?

ddnew4b (7)
母「あ~ら! 母さん、こういうの大賛成よ~! うふふ、おかえり♪」ヒラヒラ
一誠「って!? 違うんだ母さん! これh」アタフタ
母「私がお手伝いしてあげたのよ~♪」
なるほど、やはり一誠のエロスは兵藤家の血が故に為せる業なのか……。

ddnew4b (8)
リアス「お母様! 私にも裸エプロンお願いしますっ!」ドンッ!
母「ええもちろんよ! さ~さ、奥へいらっしゃい♪」
リアス「失礼します!」ドドンッ!
ddnew4b (9)
リアス「……アーシア」
アーシア「はい…?」
リアス「私から先手を取るなんて…」

ddnew4b (10)
リアス「やるようになったじゃない♪」スタスタ
アーシア「そんな///」テレッ
一誠「なんなんだ…この空間は……」ズーン
あのリアス部長が負けを認めた…!? 天然スゲー! 天然スゲー!!

ddnew4b (11)
アーシア「一誠さん…、あの、ご迷惑でしたか?」オロオロ
一誠「ああ、いや、似合ってるよ! 似合ってる! うん! とりあえずそれだけは言いたいッ!」ググッ
ddnew4b (12)
一誠「…それに、この間の教会の連中が来ても、俺が守ってやるから!」
アーシア「っ!」ドキッ
一誠「アーシアが怖いと思うものは、全部俺が追い払ってやる!」

おのれぃ! こっちはこっちで天然ジゴロだ!

ddnew4b (13)
アーシア「一誠さん……。私、悪魔になったこと、後悔していません」
一誠「っ!」
アーシア「信仰は忘れられませんけど、今は主への思いよりも大切なものが、私にもありますから」
ddnew4b (14)
アーシア「部長さん、部員の皆さん、学校のお友達、一誠さんのお父様、お母様…」
ddnew4b (15)
アーシア「そして、一誠さん…」
一誠「……」
アーシア「みんな私の大切な方々です。ずっとずっと一緒に居たいです」

ddnew4b (16)
アーシア「もう一人はイヤです!」ギュッ
一誠「っ!?」
※この元シスターは、ただいま『裸エプロン』状態です。

ddnew4b (19)
一誠(そ、そうだった…! 後ろは……全開丸裸だった!! あぁ……手が、手が勝手にィィィ…!?)ワキワキ
ddnew4b (20)
リアス「一誠~ん♪」
一誠「ぶ、部長!? 俺はまだ何もッ!!」アタフタ
ddnew4b (21)
リアス「ど~う♥」プルルン
一誠「ぶ、部長ッ!!」カッ
ddnew4b (22)
一誠「」ブバー!!
この後、裸エプロンの淑女二人は楽しく夕飯作りをしましたとさ。

ddnew4b (23)
一誠(結局……夕べは木場からなんの連絡もなし、か…)
ddnew4b (24)
元浜「最近難しい顔してばかりだな一誠~♪」ニタニタ
一誠「どわっ!? 出し抜けにアップはよせッ!!」ビクッ
ddnew4b (25)
エロコンビ「「あれか~? リアス先輩のおっぱいと姫島先輩のおっぱいと~、どちらを揉むべきか悩んでるとか~!!」」
一誠「そんなの毎日思い悩んでるさ…」ヤレヤレ

毎日か……。とんだエロス魔人だなコイツ(´д`;)

ddnew4b (26)
一誠「ちなみに! 張りはリアス部長の勝ちだ! 柔軟性は若干、朱乃先輩が上だろう!」キリッ
ddnew4b (27)
一誠「だがしかし形状なら部長の方が…!」
ddnew4b (28)
一誠「いやでも朱乃さんも、先端の“輪”のバランスが大和撫子って感じで悪くない!」
松田「先端!?」
元浜「輪!?」

お前は何を言ってるんだ……(滝汗)

ddnew4b (29)
一誠「単純に手で揉むなら、ボリュームの朱乃さんだが、部長もデカくてなぁ…」ウーム
ddnew4b (30)
一誠「……ん?」
松田「くっ……! 一誠! お前いつか先輩達の信者に殺されるぞぉぉ…!」シクシク
元浜「俺達も含めぇ! たくさんいるんだからなぁ…!」シクシク
ddnew4b (31)
一誠「松田、元浜……、おっぱいは命より重い」グスッ
ddnew4b (32)
松田「ぐぅぅ……深い!」シクシク
元浜「心に響くぞ一誠ィィィ!」シクシク
『おっぱいは命より重い』ここに、また新たな名言が爆誕したッ!!

ddnew4b (33)
\パァァァ/
ddnew4b (34)
一誠「っ!? イリナ!!」
朱乃「これは……」
アーシア「誰がこんな…!?」

ddnew4b (35)
イリナ「う、ぐっ……」
一誠「イリナ…何があった!? 何故ピンポイントに破けてるんだ?!」
イリナ「うぅ…、二人は……逃げたわ…。私だけ…に、げ…おくれ、て…」
アーシア「喋ってはダメです! 後、一誠さんも喋っちゃダメです!」パァァ!
ddnew4b (37)
イリナ「“アイツ”の力…、ハンパじゃない…」
一誠「アイツ…?」

ddnew4b (39)
イリナ「気を、つけ……て…」ガクッ
一誠「イリナ!?」
そのアイツというのはなんと理解のある御仁なのか。いや、特に深い意味はないがな!

ddnew4b (40)
\パァァァ/
一誠「会長…!?」
リアス「来てくれたのね蒼那!」

ddnew4b (41)
蒼那「連絡をもらって来ないワケにもいかないでしょう。…ダメージが大きそうですね」
アーシア「はい…。聖母の微笑(トワイライト・ヒーリング)は消耗した体力までは回復出来ませんので…」
蒼那「……私の家なら治療設備があります。椿姫!」
椿姫「はい」
ddnew4b (42)
蒼那「頼みましたよ」
椿姫「はい」パァァ
とりあえず、イリナは命の危険はなさそうだ。よかったよかった(´∀`;)

ddnew4b (43)
フリード「や~や~や~! エサを嗅ぎつけて来ましたね~! ご機嫌麗しゅう♪」
ddnew4b (44)
フリード「糞悪魔共」ペローン
ddnew4b (45)
フリード「おやおやこれはァ~♪」
アーシア「っ!?」ビクッ
フリード「糞悪魔に寝返ったアーシアちゅわ~ん♪ 糞悪魔ライフ、満喫しちゃってる~ん?」ンフフ

※アーシアはこのフリードさんに[禁則事項]されかけたことがあるため、トラウマになってます。
※※しかしそれを次に仕掛けるのが一誠だった場合、十中八九喜んで受け入れます。

ddnew4b (46)
一誠「テメェ! もしアーシアに手を出したらァ!」パァァ
ddnew4b (47)
蒼那「はっ!!」シュタッ
白! 圧倒的、白ッ!!

ddnew4b (48)
フリード「あーたたた!? ちょい待ち、ちょい待ち! そっちの赤毛のお嬢さんにお話があるんだって…」
リアス「……話?」
ddnew4b (49)
フリード「あァ。ウチのボスがさァ!!」
ddnew4b (50)
小猫「…堕天使」
朱乃「それも翼が10枚、幹部クラスですわ」
???「……初めましてかな? グレモリー家の娘」ゴゴゴ…

ddnew4b (51)
コカビエル「我が名はコカビエル」ゴゴゴ…
リアス「…御機嫌よう、堕ちた天使の幹部さん♪」
おぉ、このコワモテがゼノヴィアの言ってたコカビエルさんか。

ddnew4b (52)
リアス「私はリアス・グレモリー、どうぞお見知りおきを」
コカビエル「紅髪が麗しいものだなァ。紅髪の魔王『サーゼクス』、お前の兄にそっくりだ、忌々しくて反吐が出そうだよ」ゴゴゴ…
ddnew4b (54)
リアス「それで? 私との接触は何が目的なのかしら? 幹部さんが直々にお目見えするなんて」
コカビエル「お前の根城である駒王学園を中心に、この街で暴れさせてもらおうと思ってな」ゴゴゴ…

リアス「私達の学園を!?」
コカビエル「そうすればァ、嫌でもサーゼクスは出てこざるを得ない、だろう♪」ニタァ
コカさん、サーゼクスと殺り合いたいだけか?

ddnew4b (55)
リアス「っ……、そんなことをすれば、神と堕天使、悪魔との戦争が再び勃発するわよ!」
コカビエル「フッフッフ…! エクスカリバーでも奪えば『ミカエル』が仕掛けてくるかと思ったのだが…、寄越したのは雑魚のエクソシストと聖剣使いがたったの二匹だ。つまらん……あまりにもつまらん!」ゴゴゴ…
ddnew4b (56)
蒼那「では目的は最初から…!」
リアス「戦争を起こすことだと?」
コカビエル「そうだァ…、そうだともッ! 俺は三つ巴の戦争が終わってから退屈で退屈で仕方がなかった! 『アザゼル』も『シェムハザ』も、次の戦争には消極的でなァ!」ゴゴゴ…
一誠「アザゼル…シェムハザ…? どこかで……」
ddnew4b (57)
一誠「…そうだ! アイツ…、レイナーレが言ってたんだ…」ズーン
まだ引きずってんのかコイツ(´д`;)
※詳しくは一期の記事を参照のこと。

ddnew4b (59)
コカビエル「堕天使、神、悪魔は、ギリギリの所で均衡を保っているだけだ! ならば…」ゴゴゴ…
ddnew4b (60)
コカビエル「この手で戦争を引き起こしてやればいいッ!!」ゴゴゴ…
リアス「完全な戦争狂ね」
コカビエル「だからァ! 今度は貴様等悪魔に仕掛けさせてもらう!」ゴゴゴ…
ddnew4b (61)
コカビエル「『ルシファー』の妹、リアス・グレモリー。そして『レヴィアタン』の妹、ソーナ・シトリー!」ゴゴゴ…
一誠「……レヴィアたん?」
朱乃「発音が違いますわ。“レヴィアタン”です。タンまでが呼称ですわ」
一誠「じゃあレヴィアタンたん……(滝汗)」

なんかどんどん新キャラの名前が出てくるな。

ddnew4b (62)
コカビエル「それらの通う学び舎なら、さぞや魔力の波動も立ち込め、混沌が楽しめるだろう! 戦場としては申し分あるまい!」ゴゴゴ…
サジ「無茶苦茶だ!」
一誠「コイツ…マジで頭がイカれてやがる!」
ddnew4b (63)
フリード「ギャハハハハ…! ウチのボスゥ! このイカれ具合が素敵で最高でしょ~ん!!」
ddnew4b (64)
フリード「俺もついつい張り切っちゃうワケさァ。こ~んなご褒美まで、いただいちゃうしさ~♪」ガバッ
小猫「エクスカリバー…!?」
一誠「もしかして……アイツの持ってるの、全部!?」
朱乃「……そのようですわね」

さすがに3刀流とか六爪流とかは無理だろうけど、イリナの言うようにそれぞれの特性を活かしきったらかなりヤバそうだな((゚Д゚;)))

ddnew4b (65)
フリード「無論、勿論、全部使えるハイパー状態なんザマス! 俺って最強~♪」ケケケ
ddnew4b (66)
フリード「あぁ~、この擬態の聖剣、エクスカリバー・ミミックもォ!」ヒュンッ
ddnew4b (67)
フリード「ツインテールのお姉さんからゲットさせて、いただきましたんで♪」アザース☆
つまりあのピンポイントな破き具合はフリードさんの仕業でござったか。ふ~む…。

ddnew4b (68)
コカビエル「戦争をしよう。魔王サーゼクス・ルシファーの妹、リアス・グレモリーよォ!!」ゴゴゴ…

第4話(後)感想:だめだ……なんか凄いヤバイ状況なハズなのに、一誠の名言が頭から離れない…(滝汗)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
>まだ引きずってんのかコイツ(´д`;)

まだまだ引きずります^^;;それだけ深くトラウマになってます。
Re: No title
> >まだ引きずってんのかコイツ(´д`;)
>
> まだまだ引きずります^^;;それだけ深くトラウマになってます。
oh...Jesus......(滝汗)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。