ハイスクールD×D NEW 第5話(Ⅲ) 感想 聖魔融合 | アニメとゲームな日常

ハイスクールD×D NEW 第5話(Ⅲ) 感想 聖魔融合

ddnew5 (168)
祐斗「同志達は、僕に復讐を願ってなんかいなかった。願ってなかったんだ…。でも僕は、目の前の邪悪を打ち倒さなければならない」
同志の魂、我が剣と共に。

ddnew5 (170)
祐斗「第2、第3の僕達を……」パァァ
ddnew5 (171)
祐斗「生み出さないために!」
ddnew5 (172)
バルパー「くっ……フリィィィドォォオオオ!!」
フリード「はいなァァアアア!!」ピョーン
ddnew5 (173)
バルパー「フン、愚か者めが! 素直に廃棄されておけばよいものを!」
ダメだ…。最早フリードさんが負ける未来しかイメージ出来ねぇwww

ddnew5 (174)
一誠「木場ァァァ! フリードの野郎とォ! エクスカリバーをぶっ叩けェ! アイツ等の想いと魂を無駄にすんなァァァ!!」
祐斗「一誠君…!」
ddnew5 (175)
リアス「やりなさい祐斗。あなたはこのリアス・グレモリーの眷属。私のナイトは、エクスカリバー如きに負けはしないわ!」
ddnew5 (176)
朱乃「祐斗君、信じてますわよ!」
小猫「ファイトです!」

ddnew5 (177)
アーシア「木場さん…!」グスッ
祐斗「皆……!」
逃げろフリード、今ならまだ間に合うぞww

ddnew5 (178)
フリード「はァ~ア~! なァに感動シーン作っちゃってんスか~? あ~も~聞くだけでお肌がかさついちゃうも~限界~! あ~も~とっととテメェ等斬り刻んでぇ♪」ブーブー
ddnew5 (179)
フリード「気分爽快になりましょうかねェェェ!!」ベッロンベロン
今期最大のキチ顔キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ddnew5 (181)
祐斗「……僕は剣になる」
ddnew5 (182)
祐斗「僕の魂と融合した同志達よ、一緒に超えよう…」
ddnew5 (183)
祐斗「あの時果たせなかった想いを、願いを、今!」ズボァッ!!
ddnew5 (184)
祐斗「部長、そして仲間達の剣となるッ!!」
ddnew5 (186)
祐斗「ソード・バースッ!!!」
ddnew5 (189)
\ギュォォォォオオ/
祐斗「双覇の聖魔剣(ソード・オブ・ビトレイヤー)、聖と魔を有する剣の力…」
ddnew5 (191)
祐斗「受け止めるといいッ!!」
厨二な奴等が大好きな設定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ddnew5 (192)
リアス「聖魔融合の剣ですって!?」
一誠「そうか…! あれがっ!!」

ddnew5 (193)
一誠「俺の中のドラゴンが、教えてくれたんです! 木場が“至った”って! アレが木場の禁手、バランス・ブレイカーなんだ!」
バルパー「聖魔剣だと!? 有り得ない! 反発する二つの要素が交じり合うことなど、そんなこと、あるハズがないのだッ?!」ガクガク
ddnew5 (194)
ゼノヴィア「リアス・グレモリーのナイト、まだ共同戦線は生きているか?」
祐斗「だと思いたいね」
ゼノヴィア「ならば共に破壊しよう。あのエクスカリバーを」
ddnew5 (195)
祐斗「……いいのかい?」
ゼノヴィア「最早、アレは聖剣であって聖剣ではない」

ddnew5 (197)
ゼノヴィア「異形の剣だ」
祐斗「そうだね、凄く大きい」

フリード「~♪」ビングビング♪
………やめなさいっ!

ddnew5 (198)
ゼノヴィア「ペトロ・バシレイオス・ディオニュシウス・そして聖母マリアよ…、我が声に耳を傾けてくれ!」
ddnew5 (199)
\パァァァアアアア/
ddnew5 (200)
\ズモモモ…/
新手のプレイかΣ( ̄□ ̄;)!?

ddnew5 (201)
ゼノヴィア「この刃に宿りしセイントの御名において―――我は解放する!!」
ddnew5 (203)
ゼノヴィア「聖剣、デュランダルッ!!!」ガキィィイン!!!
ddnew5 (204)
朱乃「この世の全てを斬り刻むと謂われている、エクスカリバーに並ぶ聖剣ですわ!」
バルパー「バカな……私の研究では、デュランダルを扱える領域まで達してないぞ!?」ガクガク
ゼノヴィア「私は、ソイツやイリナとは違う。数少ない“天然モノ”だ♪」
バルパー「完全な適性者!? 真の聖剣使いだというのか?!」ガクガク

なるほど! だからイリナの説明の時に違和感があったのか!

ddnew5 (205)
ゼノヴィア「コイツは触れたモノは何でも斬り刻む暴君でね、私の言うこともロクに聞かない。それ故、異空間に閉じ込めておかないと、危険極まりないんだ」
ddnew5 (206)
フリード「そんなのアリですかァァァアアン!?」ビュッ
ddnew5 (207)
\ガキィィィイインッ/
フリード「ここに来ての超展開ッ!?」ガーン
ミミック逝ったぁぁあああΣ( ̄□ ̄;)!?

ddnew5 (209)
ゼノヴィア「所詮は折れた聖剣! このデュランダルの相手にはならないッ!!」ブンッ
フリード「クッソ……テメェァァアッ!!」
ddnew5 (211)
フリード「そんな設定いらねェんだよォ!!」
ddnew5 (212)
祐斗「そんな剣でッ!!」ヒュンッ!!
フリード「ッ!?」ビクッ

ddnew5 (213)
\ズバババババッ/
ddnew5 (215)
ddnew5 (217)
祐斗「僕達の想いは断てないッ!!」ズバババッ
ddnew5 (218)
\ベキィィィイインッ/
フリード「折れたァァァアアア!?!!?」ガビーン
エクスカリバー完全に逝ったぁぁああああΣ( ̄□ ̄;)!!

ddnew5 (219)
フリード「マジ、ですか…!? この俺様がっ…糞悪魔如きに…?!」ガクガク
ddnew5 (220)
フリード「ッザけr―――!?」ブシュゥゥゥ!!
律儀に腕の借りも返してらっしゃるwww

ddnew5 (222)
祐斗「見ていてくれたかい…、僕の力はエクスカリバーを超えたよ!!」ググッ
ddnew5 (224)
バルパー「なんということだ…、聖と魔の融合など理論上…!?」ガクガク
祐斗「バルパー・ガリレイ! 覚悟を決めてもらおう!」ギロッ
ddnew5 (225)
バルパー「そうか、分かったぞ! 聖と魔、それを司るバランスが大きく崩れているなら説明はつく!」フヒヒヒ
ddnew5 (226)
バルパー「つまり! 魔王だけではなく神m!!?」ズンッ!!
……えっ((゚Д゚;)))ガクガク

ddnew5 (227)
コカビエル「バルパー、お前は優秀だったよ」ゴゴゴ…
ddnew5 (228)
コカビエル「“そこ”に思考が至ったのが優れている故だ」ゴゴゴ…
なんだ…? バルパーさん、いったい何を言おうとしたんだ…。コカビエルの行動は明らかに口封じだろ…!?

ddnew5 (229)
リアス「コカビエル! これはなんのマネ?」
コカビエル「俺はコイツなど居なくても別にいいんだ。さて、余興も飽きた。小僧!」ニタァ
一誠「なんだよ!!」プンスカ
ddnew5 (230)
コカビエル「限界まで赤龍帝の力を上げて、誰かに譲渡しろ」ゴゴゴ…
一誠「なんだと!?」
リアス「私達にチャンスを与えるというの? フザけないで!」
コカビエル「へっへっへっへ! フザけているのはお前等の方だ!」ゴゴゴ…
ddnew5 (231)
コカビエル「この俺を倒せると思っているのか?」ゴゴゴ…
リアス「っ……(汗)」
勝てないのか…。それほどの戦力差だってのかよ(滝汗)

ddnew5 (232)
リアス「……」
一誠「……?」

ddnew5 (233)
一誠「……部長…?」
リアス「っ……時間がないわ…。私が……倒す!」ギュッ

ddnew5 (234)
\Boost/
ddnew5 (235)
コカビエル「ほゥ♪」ニタァ

第5話(Ⅲ)感想:やっぱり覚醒とか本領発揮とかって燃えるね! スーパーサイヤ人然り、魔族大隔世然り、ゴンさん然り! 古いジャンプの参考ばっかりでゴメンね!

酷い次回予告
一誠「次回!『行け! オカルト研究部!』ナメるなおっぱい! いや! むしろ舐めたいッ!!」
全ッ部台無しだよテメェッ!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。