イクシオン サーガ DT 第22話 感想 ほんとになんじゃこりゃ…(滝汗) | アニメとゲームな日常
FC2ブログ

イクシオン サーガ DT 第22話 感想 ほんとになんじゃこりゃ…(滝汗)

dt22.jpg
そう、あれはインコグニートが生まれる前の話だ

dt22 (1)
チンピラA「ナメてんじゃねーぞコラッ!」
チンピラB「ケッ! ザケんじゃねェ! こちとら顔で飯食っとんじゃあ!!」ボロッ
???「そのくらいにしときな!」
dt22 (2)
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「些細な理由で始めた喧嘩に、命まで賭ける理由はねーだろ?」
チンピラB「なにをゥ?」イラッ
チンピラA「おい兄さん、いったいどういう了見だい? 人の喧嘩に首突っ込んでも何も良い事ねーだろあァん?」イラッ

やれやれ、どうしてこういった連中は素直に人の言う事が聞けないのかねぇ…。

dt22 (4)
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「ふん、生まれついてのお節介でね…」
チンピラA「そうかい、だったら……!」ニヤッ
dt22 (6)
チンピラA「テメェから逝ねやァァアアア!!!」ブンッ
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「……」ヒョイ
dt22 (8)
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「♪」アシバライ
チンピラA「うおお!?」ガクン
なんてぬるいパンチだ、止まって見えるぜ?

dt22 (9)
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「おっと、足元に気をつけな。滑りやすくなってるみてーだ♪」
チンピラA「野郎……! ぬりゃぁぁあああ!!」ズドドド
dt22 (10)
\ドゴッ/
さて、後一人だな。

dt22 (11)
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「アンタは? やんのかい?」
チンピラB「ンの野郎…!」チャキッ
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「よく考えろ。アンタと俺が殺り合う筋合いなんてねーだろ?」
dt22 (12)
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「と言いつつふいうちー」バコーン!
dt22 (14)
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「止めとけって言ったんだけどなぁ…」
???「っと…、そんなこと言ったかな? いや、君が言ったというなら、言ったのだろう」ヌッ

チンピラの次は血のように赤い髪した巨漢かい。今日はとんだ厄日だな。

dt22 (16)

今、この街は犯罪に溢れている。

『アルマエネルギー革新』以降、生活レベルの向上や町の発展に伴い、

人々の生活が豊かになったかに見えた。


dt22 (17)

しかし、人々の心が満たされることはなく、

自らが生み出した偽りの虚像が

絶望と共に、街を飲み込んでいった…。

犯罪の凶悪化、モラルの低下……

ここ数年、犯罪件数の増加は凄まじいばかりだ。

おいアンタ、握手券のオマケに歌のCDが付いてくる奴等の話は止めときな。それこそ犯罪件数を増やしちまう原因になりかねねーぜ?

dt22 (18)
???「我々はこの町で犯罪者を取り締まる仕事をしている。行く行くは全国的な組織にしていく。今はその基盤造りをしているところだ。それで、腕が立ち、“忠誠心に熱い”人材を探している。少なくとも腕が立つという点では、君は合格だ」
dt22 (19)
???「どうだ? 一緒にやってみないか?」
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「……俺には、人に言えない心の傷が…」
???「10円ハゲのことか?」

なんか著作権云々に引っかかりそうな人「何故それを!?」ガーン
暗に脅してきてるじゃねーかコイツ…。

dt22 (21)
???「コイツはKT、デカ部屋一の暴れん坊で、付いたあだ名はゴリさん」
dt22 (22)
???「彼はレオン、デカ部屋一の虚弱体質で、おっとりした性格から殿下と呼ばれている」
殿下「好きなアニメは『蒼き狼の伝説』です」

なんてこった。調べてみたらBL系の18禁じゃねーか。この杉田が!

dt22 (23)
???「そしてもう一人、我等がデカ部屋のボス」
ED「エレクパイル・デュカキスです。よろしく♪」

dt22 (25)
ED「今、我々に必要なのは“忠誠心に熱い”人材です。あなたにその資質はありますか?」
なんか著作権云々に引っかかりそうな人「そうなれるように努力するつもりです」
ED「そうですか、では……あなたにもあだ名を付けなければなりませんね」
dt22 (26)
ED「君のあだ名は………10円ハゲ」
10円ハゲ「なんじゃぁあああそりゃぁああああ!??」ガーン
山さん「…さーて、外回りに行くかな」フイッ
ちょっとアンタ!? あれは秘密にするって?!

dt22 (29)
山さん「犯人は前科2犯の凶悪犯だ。お前達二人は裏口から回れ、俺と10円ハゲは……」
dt22 (30)
10円ハゲ「さっさと歩くんだよゴルァ!!」
おいおい、もうお縄かい? こりゃ凄い奴を引き入れちまったもんだ。

dt22 (31)

こうして、俺の新しい生活が始まった。

dt22 (32)

俺は、彼等と次々と事件を解決し、

dt22 (33)

それと共に、俺への信頼も高まっていった。

dt22 (34)

……だが、俺には………。

dt22 (35)
???「どうやら侵入には成功したようだな」
10円ハゲ「ふん、俺を誰だと思ってやがる。それで、俺はそこで何をすればいいんだ?」
???「当面は奴等の動向を監視し、随時報告を続けろ。何かあれば指示を出す、それまでは決して尻尾を掴まれるな」
dt22 (36)

……俺はスパイだった。

闇の世界に生き、金のためなら何でもやるプロのエージェント。

今回は謎の依頼人により、破格の報酬で雇われた。

そう……、俺は“裏切り者”だ…。

dt22 (37)
10円ハゲ(………俺は…)
俺はスパイ、あの陽気な奴等を騙くらかし続けるのが仕事。俺は忠誠心に熱い人間じゃない。俺はむしろ裏切り者…。ゴリさんを、殿下を、そしてボスを……。ただし山さん、テメェはダメだ。

dt22 (38)
ボス「やったー! 皆さんやりましたよー! とうとうやりましたァ!」コロンビア!
ゴリさん「どうかしたんですか、ボス?」
ボス「やったんですよ! とうとう資金調達の目処が立ったのですゥ!」コロンビア!
山さん「本当ですか? またいつものガセ話じゃないんですか?」
ボス「今度は大丈夫! 理解ある団体、たしか……『ウルガ教団』というところです。そこから大口の融資が決まったのですよ!」コロンビアー!
dt22 (39)
殿下「やりましたね、ボス♪」
ボス「これも皆さんの日頃の努力のおかげです! 本当に……ありがとう!」
ゴリさん「やめてくださいよボス、俺そういうの苦手なんスよ♪」ニカッ
殿下「そうですよ。ここまで先頭に立って、僕等を引っ張ってきたのはボス、あなたじゃないですか♪」
dt22 (40)
山さん「それじゃあ今日は、皆で飲みに行くか!」
ゴリさん「よっしゃぁあああ! 下痢するまで飲むぞォ! あァん!!」
殿下「じゃ、いつもの所で8時」
ボス「おいおい、私達が酔いつぶれたら、街の平和は誰が守るんですか?……と言いたいところですが、今日は特別な日です! パーっとやりましょう!」

………俺は、どうすればいいんだ……。

dt22 (41)
???「よう、順調のようだな。…どうした? まるで通夜の時のような顔をしてるぜ?」
10円ハゲ「っ……」
???「お前に指令が発令された。お前のところのボス、エレクパイルの抹殺指令だ」
10円ハゲ「……消すのか?」
???「方法は任せる。期間は明日から一週間だ。出来るな?」
10円ハゲ「……誰が指令を出してる?」
???「それは聞かない約束だ。この世界では信用が全てだ。大切なのは仕事に対する“忠誠心”だよ。指令は伝えたぞ、10円ハゲ」

なんで知ってんだよ…(滝汗)

dt22 (42)

俺は重大な選択を前にして、二人の自分の行く末を憂いていた。

プロとして、プロの仕事に徹するべきか、

新たに築いた信頼に応え、過去の一切合切を切り捨てるべきか……

dt22 (44)
ボス「今日は私も現場に出ます。行きましょう!」
山さん「大丈夫ですか? 久しぶりの現場で腰を抜かさないでくださいよ?」
ボス「せっかく大口のスポンサーが付いたんだ。カッコイイとこ見せておかないと!」
dt22 (45)
ボス「銀行の見取り図です。既に解放された人質によると、残りの人質は一階のホールに監禁されているようです。犯人グループは二階と一階に分かれています。確認されたのは9名、ただし、それ以上いる可能性も残っています」

今回の作戦はこうだ。

・ゴリさんはこのビルからライフルで援護射撃
・残りで銀行の屋上から降下
・殿下と山さんで一階、ボスと俺とで二階の犯人を駆逐

……ついに着ちまいやがったか。絶好の機会ってやつが…。

dt22 (46)
ボス「山さん、そっちはどうだ?」
山さん『準備オーケーです!』
ボス「よし、作戦開始します!」

dt22 (47)
ボス「2秒遅れて来てください、背後は任せましたよ!」シュタッ
10円ハゲ「ボス!?……ちぃっ!」
……ちくしょう、もう引き返せないってのか。

dt22 (48)
人質「う、撃たないでくれ…」ガクガク
犯人さん「とっととその金庫を開けろ! この中にアルマの宝石があることは分かってるんだ!」オイコラ
dt22 (49)
\ドパパパパパ/
ボス「右から2番目の部屋だ。構わず撃て、5発だ!」
dt22 (50)
\ドパパパパ/
dt22 (51)
ボス「ッ!!」パーン!
犯人さん「ぐあっ!?」
これで残るは後一人!

dt22 (52)
犯人さん「う、動くな! 動くt」
dt22 (53)
犯人さん「っ!?」パーン
ボス「……お見事です」
10円ハゲ「……」

dt22 (54)
ボス「終わったよ」
ゴリさん『人質も全て救出しました』
ボス「こちらの支店長も無事……」
10円ハゲ「大丈夫です。極度の緊張から解放されて、気を失っただけです」
dt22 (56)
ボス「……ということで、今回の任務は完了です。皆さん、ご苦労さまでした」
犯人さん「っ………!」ガクガク
dt22 (57)
\パーン/
ボス「……どうやら、命を救っていただいたようですね」
当たり前だ。俺のターゲットをみすみす第三者に殺られてたまるか。

dt22 (58)
10円ハゲ「礼には及びませんよ。なんせ、これからあなたを殺すんですから」チャキッ
ボス「……どういうことですか?」
10円ハゲ「最初から俺はスパイだったんです。あなたの部下になりすまし、動向を探るってね」
dt22 (59)
10円ハゲ「最初はただの潜入捜査だった。だが、先日アンタの抹殺指令が出た」
ボス「だから私を殺すというのですか」
10円ハゲ「依頼人への信用を裏切るワケにはいかない」
ボス「…それで、悔いは残りませんか?」
10円ハゲ「っ……あっても、それは仕方のないことだ」
dt22 (60)
10円ハゲ「最後に言い残すことはあるか?」
ボス「……何か、良い名前ありますか? 我々の組織の名前です」
10円ハゲ「………インコグニート」
ボス「インコグニート……、『匿名者』ですか。我々に相応しい、良い名前かもしれませんね」
dt22 (61)
10円ハゲ「じゃ、そういうことで」チャキッ
ボス「ちょっと待ったあああ!!!」
10円ハゲ「えっ?」
dt22 (62)
ボス「ドッキリ大成功!!」バーン!!
……ドッキリ、大成功ッ!?

dt22 (63)
\パチパチパチパチ…/
10円ハゲ「アンタ…、依頼人の連絡係!?」

dt22 (64)
殿下「実は僕だよ。君の依頼人はボスだったんだ」
10円ハゲ「」ガーン

dt22 (66)
ボス「我々は腕の立つ、“忠誠心に熱い”人物を探していた。そして、あなたを見つけた!」
10円ハゲ「っ~~~~!!」ギリッ
dt22 (68)
ボス「テストは合格です、おめてとう! 10円ハゲ!」ニッコリ
dt22 (69)
\パチパチパチパチ…/
dt22 (70)

なんじゃァああこりゃぁぁぁああ!!!

dt22 (71)
バリアシオン「こうして、特務機関『インコグニート』は誕生した」
モブ「……あの、キャラ違いますよね? しかも、アンタ一切出てきてないし」
バリアシオン「君、人の話を聞いてなかったのかね? 居たじゃんしっかり最初から」
モブ「はて……?」
dt22 (72)
???『そのくらいにしときな!』←これ
モブ「はぁぁぁぁあああああ!?!??」

第22話感想:なぜこのタイミングでこんなイミフな話を…。しかも世界感すら…(滝汗)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。