たまゆら~hitotose~ 第7話 涙と夢と告白と | アニメとゲームな日常
FC2ブログ

たまゆら~hitotose~ 第7話 涙と夢と告白と

tama7-3.jpg
のりえ「あっかおたん!何やってんの、ほぼろ行くよ?」
かおる『う~ごめん!後少しだから…』ヌオオ…
ほんとにかおるは何してるんだろうか?それにしても、なんだこの膨らみっぷりは…まさかのりえってきょぬ~なのか?(汗

tama7-4.jpg
かおる「もう終わるから…ねーーー!!」ギリギリ
てるてる坊主「やめてください、死んでしまいます」
ぽって「」
のりえ「」
麻音「」
仕方なくかおるを迎えにきたぽって達。しかしそこは今まさに殺人現場となろうとしていた…

tama7-5.jpg
かおる「晴れよ!と念ずる祈祷師だってよ」
のりえ「いやいやいやいや、どう見ても断末魔でしょ!さっきのかおたんも完全に殺人中だったし!!」
かおる「…否定はしない」
かおるはてるてる坊主を作ってたようだ。憧憬の路と呼ばれるイベントのためだそうな。

tama7-6.jpg
かおる「ぽってにとって久しぶりの憧憬の路だから、絶対晴れてほしいよねって。じゃあてるてる坊主作ろうかってことになって」
さすがかおたん友達想い。それにしても断末魔フェイスの犯人はさよみかw

tama7-7.jpg
というわけでみんなでてるてる坊主作りが開始されました。
tama7-1.jpg
その成果がこちら。はい、あきらかに一体死体が吊られています(汗

tama7-42.jpg
ぽって「そうだ。その時お父さんが約束してくれたんだ…次来る時は、一番綺麗な憧憬の路を見ようって。でも、その後お父さんが忙しくて来られなくて、叶わなかった…約束」
幼い頃お父さんに連れられて憧憬の路を見にいったぽって。次も来ようと約束していたが、その約束は永遠に叶わなくなってしまった…辛すぎるよぽって( ノДT)

tama7-9.jpg
?「そうなんですよ~。どこかオススメのポイントないですか?告白に最適な♪」
tama7-8.jpg
「「「告白~~~!!!」」」
ぽってのフィルムを買うために写真館に来ました。すると中から「告白」という単語が。さすが年頃の女の子、告白という単語に興味津々ですな。ぽっては…まだ早いのか?

tama7-10.jpg
のりえ「あの!告白するんですか!?」フンスフンス!
志麻子「ん~聞かれちゃったかぁ。ライトアップで盛り上がったところで告白~って作戦なんだけどね」
ふむ。憧憬の路はデートスポットと告白に最適なようだな。ちなみに写真館を訪れた2人はOVA組だそうな。

tama7-13.jpg
麻音「この音…好き」
そんなあなたが私はs…いかん、自重しろ…。憧憬の路の準備のため、竹筒に蝋燭を置いていく音が麻音のお気に入りなのだな。

tama7-49.jpg
かおる「ん~蝋燭が灯る匂いがしてきた…」
tama7-14.jpg
ぽって「動いたら…ブレる、のでぇ~」
ももねこ様「フーハハハハ!」ユラユラ
麻音は音で、かおるは匂いで、のりえはなぜか腹で祭を感じている中、なぜかぽってだけは自分の道を突っ走ってました。

tama7-43.jpg
りほ「はい。三脚を使ったほうがいいよ!」
ぽって「ふぁああ!し、志保美しゃん!?」アタフタ
なんたる偶然。あこがれの写真家志保美りほと出会うぽって。どうやらプライベートで憧憬の路に参加するようだな。

tama7-15.jpg
堂郷「いらっしゃい!」キリッ
ライトアップまでに食事を済ませておこうとほぼろに来たぽって達。しかし、なぜかそこには堂郷の姿が。

tama7-16.jpg
堂郷「す~ぐに席が安芸津はジャガイモがグ~!」
麻音「…ぷっw」
あいかわらずの堂郷。しかし麻音、そんなにおもしろいか…?

tama7-17.jpg
堂郷「お前らを見込んで頼みがある!」
かおる「なんですか?
のりえ「見込んでってとこがうさんくさい…」
tama7-18.jpg
堂郷「実は、だな、その、つまり、要するに…ほぼろさんに…愛の告白を///
4人「ぎゃああああああ」
なるほど。店の手伝いは好感度UPとタイミングを逃さないためだったのか。しかし、ここでも告白か。

tama7-19.jpg
のりえ「…降ってきちゃったねぇ」
麻音「やめ、やめ、やめぇ~!」♪~
あらま、雨降ってきちゃったよ。祭どうなってしまうんだ…

tama7-20.jpg
かおる「お姉ちゃん雨よけのおまじないまでしてたのになぁ…」
のりえ「雨乞いの呪いと間違ってない?」
のりえ、さらっと毒吐くなwしかしこのタイミングの雨はまさに呪いのように感じる。ぽって、すごく残念そうだな…

tama7-21.jpg
かおる「ぽって何書く?」
ぽって「え~と…雨がやみますように」
雨が上がることを信じて、願掛け灯篭を書きにきた5人。そこへ意外な人物が顔を出す。

tama7-22.jpg
広野昌子「あれ、かおるちゃん?」
かおる「昌子さん?」
昌子「ひさしぶりに憧憬の路見ようと思って帰ってきたのに雨で超ショック」
tama7-23.jpg
昌子「あれ?もしかして…あなたぽってちゃん?」
ぽって「ふぇ?は、はい!え、さ、沢渡楓です!あの、えとぉ」アタフタ
かおる曰く、昔1回だけ遊んだことがあるとのこと。

tama7-24.jpg
昌子「不入斗公園とかよく行くよ~」
ぽって「私もよく行きました♪」
昌子「弓道場があるのよね!」
ぽって「知ってます♪」
昌子「遅刻坂って知ってる?」
ぽって「あ、うち、その近くでした!!」
横須賀に住んでると聞いてテンションをあげるぽって。普段上がり症な彼女も地元トークでは饒舌になるようだw

tama7-44.jpg
昌子「町中に明かりが灯ったら、きっと天国からでも見えると思う。だから、灯篭に想いを書いたら、天国にいる人のところまで届くと思うんだ…絶対に!」
しかし地元トーク中、ぽっての父が亡くなったことを聞かされる昌子。ぽってを慰めるためか、昌子は憧憬の路の明かりがきっと天国まで届くと告げる。その目を潤ませながら…

tama7-45.jpg
ぽって「ただいま~」
願掛けが終わりcafeたまゆらに帰ってきたぽって達。ちょいと一息つきましょう。

tama7-46.jpg
こうたん「ただいま~」
のりえ「わっはぁ!おかえりなさいこうた~ん
こまち「ふんむ!」フンス
と、グッドタイミングでこうたんも帰宅。テンションがあがるのりえだが、余計なおまけがついてきた。

tama7-50.jpg
のりえ「あやしい…ほんとの狙いを言え!」
こまち「ほんとの狙い!?それは…タイミングを…」モジモジ
のりえ「タイミングってまさか告白の?」
こまち「そうよ!邪魔はさせないわ。私のほうがこう君のこと好きなんだから!!」
tama7-25.jpg
のりえ「あ゛!」
こまち「しまったぁ…」
ここでも告白…そんなにまで憧憬の路はロマンチックなのか。

tama7-47.jpg
麻音「ぽって寝ちゃったね」
のりえ「夕べ寝られなかったって言ってたしね」
雨が止むのを待つ間にぽっては眠ってしまった。そしてその寝顔を見ながらかおるが席を立つ。

tama7-26.jpg
かおる「…くやしい。ぽってが戻ってきて初めての憧憬の路なのに。ぽってにとっても私にとっても、特別な年なのに…なんで雨降ってんだよ…ばか」
かおるは友達想いの良い子だなぁ( ノДT) やっぱり私はかおるちゃんがイチオシです!

tama7-27.jpg
ぽって「あぁ、なんだろう。とってもあったかい声。かおちゃんかな?また今年も見られなかったんだっけ。でも、今年はお父さんがいるから」
tama7-28.jpg
ぽって「私たくさん伝えたいことがあるの。話したいこともいっぱい。お父さん、私カメラまた始めたんだよ!こっちにきて、新しい友達も出来て、大好きなものや大切なものが増えて、だからもう…泣かなくてよくなったんだよ」
夢の中での父との再開。いったいどれだけ涙腺崩壊させれば気が済むんだよぽって(´;ω;`)

tama7-29.jpg
かおる「…ぽって」
ぽって「う、う…ん?」
かおる「雨、上がったよ!」
なんということだ!きっとぽっての父が奇跡を起こしてくれたに違いない!!

tama7-30.jpg
ぽって「うわぁ…うわぁああ!」

tama7-48.jpg
ぽって「すごい…」
かおる「灯篭も飾ってあるよ」
なんと美しい光景か…

tama7-31.jpg
tama7-32.jpg
tama7-52.jpg
麻音「ぽってのは、お父さんへのメッセージ?」
ぽって「うん!」
―いろんなことをたくさん教えてくれてありがとう天国でも体に気をつけてね 楓―

tama7-33.jpg
4人「ちもさんお祭り見にいきましょ!」
ちも「わ~ええねぇ~♪」
堂郷(グッジョブ!)
そんなことをしてると堂郷から緊急招集が!言いつけ通りちもさんを迎えに来るぽって達。
tama7-51.jpg
ちも「ほいじゃ先生…お礼の五段重ねです!ゆっくり食べよってください!!」
堂郷「は…い…」
…堂郷の恋愛成就はまだまだ先のようだな( ノДT)

tama7-35.jpg
tama7-36.jpg
tama7-38.jpg
みんなの笑顔が見たくて、一生懸命準備をしてくれた人達やおもてなしをしてくれた人達。この日を楽しみにしていた人や、特別な想いを抱いてきた人達。いろんな人達の想いが重なって、いつもと違うこの町の特別な顔を見ることが出来たのかもしれない。私も、かおちゃんやみんなのおかげで、今日が特別な日になったので。お父さんとの約束が叶ったみたい。

第7話感想:灯篭に明かりを灯し、一人泣きくれる昌子。彼女にとって、ぽっての父親はとても大切な人だったのだろう。たった一度きりの出会いと永遠の別れ。悲しみに押し潰されそうになっている彼女を見て、今回は少し違う意味で涙が出てきました。
tama7-40.jpg
tama7-37.jpg
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

No title
後半は感動尽くしで、涙の休まる暇がありませんでした。
いい最終回でした。
Re: No title
> 後半は感動尽くしで、涙の休まる暇がありませんでした。
> いい最終回でした。
えぇ本当に…きっと来週も素晴らしい最終回でしょう。

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

たまゆら〜hitotose〜 7話感想
サブタイトル「竹灯りの約束、なので」 今日は地元竹原のお祭り「憧憬の路」の日、なので。 先日のまじこい「かなまら祭り」同様こちらも実在するお祭りです。まぁ…まじこいは
たまゆら~hitotose~ 第7話「竹灯りの約束、なので」 感想
みんな今日が素敵な思い出になるといいな 竹原に戻ってきて初めて憧憬の路を見るとあって楽しさを抑えられない楓。 しかしお祭り当日の空模様は安定せず直前になって雨が降り出し
たまゆら〜hitotose〜 第7話「竹灯りの約束、なので」感想!
たまゆら〜hitotose〜 第7話「竹灯りの約束、なので」 憧憬の路。なんとも幻想的な光景! 着々と準備は進んでいるみたいだけど、天気が怪しい… 晴れるのかな? 晴れてほしいな〜 ...
たまゆら〜hitotose〜7話感想〜
「竹灯りの約束、なので」 今日は憧憬の路がある日。 かおるを待っていた楓達。 のりえがかおるに連絡し、家に行ってみると、 なんと、巨大なてるてる坊主を作っていた
たまゆら〜hitotose〜 第七話 感想
今日が特別な日になったので 「たまゆら〜hitotose〜」第七話感想です。 たまゆら〜hitotose〜第2巻【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券...
たまゆら〜hitotose〜 7話
願いよ、どうか、天に、届け…! というわけで、 「たまゆら〜hitotose〜」7話 小さな奇跡の巻。 過ごした時間、ずっとずっと、宝もの。 あーもう、ちくしょう、負けたよ。降参
たまゆら~hitotose~ 第7話
「竹灯りの約束、なので」 今日が特別な日になったので お父さんとの約束が叶ったみたい みんなの想いが天に通じたような気がしました^^ てるてるぼうず ぽってにとっ...
たまゆら ~hitotose~ 第7話  「竹灯りの約束、なので」
たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る ...
たまゆら ~hitotose~ 第7話 感想
「ぽってにとっても・・・あたしにとっても・・・特別な年なのに・・・・」
たまゆら~hitotose~ 第7話「竹灯りの約束、なので」・・・安芸の小京都にて“たけはら憧憬の路”
アニメに描かれていた竹灯りのイベントは毎年10月のようで、観光協会のサイトを見ると今年も先月末に実施されてたようですが、その代わり?今週末に 『たまゆらの日2011 ~おかえりな
たまゆら~hitotose~ 第7話「竹灯りの約束、なので」・・・安芸の小京都にて“たけはら憧憬の路”
アニメに描かれていた竹灯りのイベントは毎年10月のようで、観光協会のサイトを見ると今年も先月末に実施されてたようですが、その代わり?今週末に 『たまゆらの日2011 ~おかえりな


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。