閃の軌跡やってみた 第六話:エリオット「た、たすけて……」 | アニメとゲームな日常

閃の軌跡やってみた 第六話:エリオット「た、たすけて……」

閃の軌跡
勝手なイメージ
~どうでもいい特技編~

リィン:耳を自分の意志で動かせる

アリサ:ものすごく身体が柔らかい

ラウラ:りんごを握力で粉砕出来る

エマ:雨が降りそうな感じをなんとなく読み取れる

フィー:どこでも寝れる

エリオット:女神の手(ラ・マン・デユヌ・デエス)

ガイウス:両目視力共に3.0以上

ユーシス:洗濯物を自分で畳める(ただし8割強の確率でメイドの邪魔が入る)

マキアス:デアゴスティーニ系を完成させたことがある


 夕食も終わり、残すところは後レポート作成のみだ。うん、これくらいの仕事量ならたいした問題ではないな。地の料理を堪能するのによい運動となった、というところか。まぁそれはさておきだ。今日一日、A班と行動を共にし、一つ気づいたことがある。言おうか言わまいか迷ったが…、やはり、聞いておく必要はあるだろう。

―――そなた。どうして本気を出さない?

 私は思いきってリィンに問うてみた。あの太刀筋、間違いなく<<八葉一刀流>>だ。<<剣仙>>ユン・カーファイが興した東方剣術の集大成とも言うべき流派。皆伝に至った者は“理”に通ずる達人として<<剣聖>>とも呼ばれるという。――驚いたというのが彼の率直な感想だったようだ。帝国でこの剣術を知る人は少ないだろうに、と。だが、私も剣に携わる身として、他の剣術に興味を示さぬハズもない。それに、父に言われていたしな。『そなたが剣の道を志すならば いずれ八葉の者と出会うだろう』と。父の予見は物の見事に的中したというワケだ。……ここから先の内容を記すのはやめておこう。仲間とはいえ他人。その問題や領域に土足で踏み込むのはどうかと思うのだ。

Quest Report
【報告リスト】
・東ケルディック街道の手配魔獣  AP4
・壊れた街道灯の交換        AP4+1
・薬の材料配達             AP4
・大市商人の体験           AP3+2
――――――――――――――――――――
                    獲得AP18

4月25日(日)

・特別実習の封筒(4月)を受け取った

特別実習・2日目
実習内容は以下の通り―――

西ケルディック街道の手配魔獣 【未確認】
落し物の財布      【未確認】

ほう、今回は必須のモノがないようだn――何、大市で事件だと? どうも夜の間に出店がバラバラに壊され、商品を盗まれてしまったらしい。わりと大事ではないか。宿の女将は気にせず実習を続けろと言うが…、やはり気になるな。――ふむ、どうやら昨日大市で揉め事を起こしていた二人の店が被害にあったようだ。双方とも相手のせいと決め付けていて埒が明かないな。…おっと、領邦軍のお出ましか。大市の税トラブルの件で関与せずとの事だったが、めずらしいこともあるものだ。……焦臭いな。

 領邦軍の介入により、とりあえず騒動は収まった。しかしこのままでは後々の大市の運営に支障も出よう。どうしたものかと考えていた矢先、リィンが事件の調査を願い出た。なるほど、屋台を破壊した犯人を私たちで見つけるということか。“せいぜい悩んで、何をすべきか自分たち自身で考えてみろ”と、サラ教官はリィンに告げたらしい。そして今が“その時”か。義を見てせざるは勇無きなり、ともいう。私はそなたの意見に賛同しよう。

が、先ずは先のリィンの助言通り、サブの依頼を全てこなしておこう。

 最初の依頼は落し物の財布だな。店先で財布を拾ったが持ち主が現れないため、私たちに探してほしいと。中身は一応確認したらしい。ミラの札束がごっそり、貴族の物だろうか。そして今夜出発の帝都方面行きの鉄道旅券か…、とりあえずはコレを手がかりに探す他あるまい。とりあえず駅員にでも聞いてみるか。

・財布を見つけたお礼としてピッカードールを受け取った!

 次は魔獣討伐だ。しかし大市での聞き込みを終わらせないと街から出られぬようなので、依頼を受けるだけ受けておこう。元々は領邦軍が動いてくれるとのことだったが、どうも反応が鈍いらしく、こちらに依頼が回ってきたようだ。これでは何のための軍なのだか、呆れてものも言えぬな。…ふむふむ、大きな鳥型の魔獣で街道のど真ん中に現れた、か。なかなかに自己主張の強いタイプとみえる。ザクッと真っ二つにして、後で焼き鳥串でもして食べてしまおう。エリオット、調理をよろしく頼む。

 さて、聞き込み終了だ。被害にあった二人の意見から考えるに、やはりどちらも犯人とは思えぬ。そもそも二人にはアリバイがあるのだ。魔法でも使わぬ限り犯行は無理だろう。とすると別に犯人が居ることになる。これまで出会った中でどうも腑に落ちない行動をとった連中……なるほど、領邦軍か。こんな事件が起きたというのにロクに調査を行わないのはおかしい、か。それに税の件で不干渉を貫いている連中が、何故先ほど仲裁のために顔を出してきたのか、これではちぐはぐだな…。さすがリィンだ、良いカンをしている。

・APが1上がった!

 ということで領邦軍の詰所にやってきた。士官学生の身分を利用して聞き込みが出来たのは出来たのだが、やはり有力情報を仕入れることは難しかった。――だがここでエリオットが機転を利かせた質問を行ってくれた。「マルコさんの扱っていた装飾品の行方は分かりませんか?」その質問に対し、隊長はこう返したんだ。「装飾品を扱っていたのはハインツという者だろう?」。何故そんなことを詳しく知っているのか、この件に関してロクに調査していないハズなのに、とエリオットが続ける。ふふ、焦っているな。何か隠しているのは間違いなさそうだ。それにしてもエリオットは素晴らしい才を持っているようだ。あのような言葉の引き出し、そうそう出来ることではない。士官としてだけでなく、策略家としても精進してみてはどうだ?

 さぁ善は急げだ。チャラい連中が向かったとされるルナリア自然公園へ行くとしよう。…何?“錬金術”を使っておけ? それはどういうものなのだリィン?

―――エリオットが手首を押さえながら蹲っている…。り、リィン、いくらなんでもこの短時間で5000回も調理させるのは過酷過ぎではなかったか? ふむ? 私たちも就寝前に素振りを万単位でしているから問題ないと?………それもそうか。エリオット、たかが数千回くらいで情けないぞ。もっと精進するがよい。

・依頼報酬(魔獣討伐)としてUマテリアル5個を受け取った!

・ルナリア自然公園へ行く道中の農家で赤い月のロゼ3巻を手に入れた!


 さて、ルナリア自然公園に到着だ。聞き込みの結果、ここが一番怪しい場所だという結論に至ったのでな。荷を隠すにもちょうどいい広さだ。……しかし誰も居ないな。む? 門の前に腕輪が落ちている。先の聞き込みで装飾品のサンプルを見せてもらったが、これと似ている気が…。やはりここか。……だが門に内側から施錠してある。かなり頑丈そうだ…。私の剣なら……やれるか。だが、剣を構えたところでリィンが止めに入った。「――俺がやろう。その大剣よりも静かにできるはずだ。」そう言って彼は目にも留まらぬ速さで抜刀した。肝心の施錠は、まるで切られたことに気づかなかったかのように、少し時間を置いた後に真っ二つに裂かれた。あれが八葉一刀流、四の理・<<紅葉切り>>、所謂、居合いというものか…。まぁ戦闘で散々目にしているのだが、そこはあえて触れないでおこう、うん。

 自然公園最奥にて犯人らしき連中を発見。いきなり銃を向けてきたので条件反射で半殺しにしてしまった…。まぁ正当防衛だ、問題ない。それに現行犯逮捕という名目もあるしな。さて、どうやって口を割らせてやろうk――ッ!? この咆哮…、大型の獣か……って――― 

\デカッ!?!??/

なんだあの大猿は!? まさかアレがこの自然公園のヌシか…? さすがに連戦はキツいものがある。が、奴等を置いて逃げるワケにもいくまい。どうやら他の皆も同じ考えのようだ。フフ、久々に燃えてきたぞ!

 全ての実習が終了し、現在夜行列車の中だ。これから帰路に就くことになるのだが…、いやはや、あの状況で開眼とは恐れ入る。さすがはリィンといったところか。私一人のSクラフトだけでは正直キツい戦いとなっていたことだろう。これは感謝してもしきれないな。あの巨大なヒヒも私とリィンのSクラフトを連携に組み込むことでなんとか撃退出来た。その後、少々厄介ごとに巻き込まれたりもしたが、なんとか事なきを得たようだ。今回の実習では多くを得ることが出来た。リィンはまるで遊撃士(ブレイサー)を目指しているかのようだと呟いたが、それを聞いたサラ教官の反応を見るに、おそらく間違いないのだろう。遊撃士、民間人の反故を第一とする大陸各地に支部を持つ団体……、<<支える籠手>>の紋章を掲げる民間の使い手たちか。ふむ、悪くない。

 そうそう、これから苦楽を共にする私たちに隠し事は出来ないとかで、リィンが自分の“身分”について明かしてくれた。シュバルツァー家、それは男爵位ながらも皇帝家に縁のある誇り高き名家で、その跡継ぎがリィンだそうだ。もっとも“養子”らしく、血縁はないとのことなのだが、それはそれでやはり色々事情があるのだろうな。深く詮索しない方が賢明か。まぁ何はともあれ、これからもよろしく頼む。

ラウラ・S・アルゼイド

QUEST REPORT
・西ケルディック街道の手配魔獣 AP4
・落し物の財布         AP4
・<特別実習・4月>        AP5+1
――――――――――――――――――
              獲得AP14

ランクが「乙伍級」になりました。昇格特典として『不屈の徽章』が進呈されます。

CHAPTER RESULT

【報告リスト】
・旧校舎地下の調査
・導力器の配達
・落とした学生手帳
・切れた調味料の調達
・東ケルディック街道の手配魔獣
・壊れた街道灯の交換
・薬の材料調達
・大市商人の体験
・西ケルディック街道の手配魔銃
・落し物の財布
・<正答・歴史学>
・<実技テスト・4月>
・<特別実習・4月>
――――――――――――――――――
章獲得AP 55
評価 S

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。